戻る

美術館概要

施設概要

エントランスホール(A)
天井高6mの広々としたエントランスは、交流ゾーンの中心で、誰もが気軽に行き交える空間です。昼間はやわらかな光が差し込み、夜は光の柱が人々を迎えます。
カフェ・ミュージアムショップ(B)
美術関連書籍、図録、ポストカード、静岡市美術館オリジナルグッズなどを販売します。 併設のカフェスペースでは、最新の美術雑誌などを片手に、ゆっくりとした時間がすごせます。
多目的室(D)
小企画展示から講演会、映画上映までさまざまなイベントを行います。収容人数約120人。ガラス壁により、エントランスの広々とした空間と一体化しています。
ワークショップ室(E)
流し場などを備えた、色々なワークショップに対応できるスペースです。子どもから大人まで幅広く楽しめるプログラムを実施します。

交流ゾーン

展示室(F・G・H)
天井高4.1~4.5m、約1,100m2のホワイトキューブを基本とした展示室には、総長60mのウォールケースも設置され、国宝や重要文化財等、国指定文化財の展示も可能な設計がなされています。

展示室

展示室
・面積 約1,100m2
  展示室1 209.76m2
  展示室2 713.03m2
  展示室3 204.17m<2
 ・天井高  4.1~4.5m
 ・総壁面長 290m(可動壁含む)
 ・床荷重  500kg/m2 
 ・ウォールケース 壁面にエアータイト型ガラスケース総長60mを設置
エントランスホール
612m2 天井高6m
多目的室
180m2 天井高5m0mを設置
ワークショップ室
92m2 天井高3m