静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > 巨匠の眼 川端康成と東山魁夷

巨匠の眼 川端康成と東山魁夷

展覧会概要第1章第2章第3章第4章関連イベント特典企画刊行物


第4章 東山魁夷の眼

川端康成と親しかった東山もまた美術品をコレクションしていました。本章ではこれら東山コレクションと、画家が最期まで自らの手元に残したスケッチ、そして川端康成にノーベル文学賞の受賞祝として贈った《北山初雪》をはじめとする本画により、東山の求めた美の世界をさぐります。



《伊勢物語図色紙》 江戸時代(17世紀) 東山家

楠部彌弌《彩埏さいえん 山帰来香炉さんきらいこうろ
昭和39(1964)年 東山家



川端康成《風景常新》 昭和43(1968)年 東山家
 


東山魁夷《北山初雪》 昭和43(1968)年 公益財団法人川端康成記念会



東山魁夷《フレデリク城を望む》 昭和38(1963)年頃 公益財団法人川端康成記念会



東山魁夷《京の春》(『古都』挿絵原画) 昭和48(1973)年 東山家



東山魁夷《朝雲》 昭和51(1976)年 東山家