静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > フィンランドのくらしとデザイン―ムーミンが住む森の生活

フィンランドのくらしとデザイン

展覧会概要第1章第2章第3章関連イベント刊行物


エコ、ユニヴァーサル、リサイクルなど、フィンランドの最新の取り組みを紹介

「グッド・デザイン=よいデザイン」は、エコやユニヴァーサルといった視点を加えつつ、現在では「持続可能な社会」を目指す様々なプロジェクトに取り入れられています。交通や郵政の公共デザインやエコ住宅など、フィンランドでの最新の取り組みを紹介します。



1. アルヴァ・アアルト+アルテック社≪2nd Cycle プロジェクトで収集したスツール≫2007年以降 アルテック社
© Artek
2. ヘルシンキ広域交通≪ピクトグラム≫2010年
© Helsinki Region Transport


「森の家」が会場に!

フィンランドでは、森の中にある別荘で夏を過ごす家族が多く、別荘の周りにはサウナや子ども部屋として使う手作りの「森の家」がよく見られます。会場には、「子どもたちの遊び部屋」にヒントを得た、「森の家」が設置されます。


写真提供:宇都宮美術館