静岡市美術館HOME > 過去の展覧会 > 「没後150年 歌川国芳展」

展覧会概要出品作品紹介関連イベント関連展覧会刊行物


没後150年 歌川国芳展

カラー図版452点
参考図版(モノクロ51点)
A4判変形(290×225mm)/1,240g/342頁
開催年:2011年
2,500円(税込)
在庫無し

 

[目次]
岩切友里子「歌川国芳-幕末の奇才浮世絵師」
1 武者絵-みなぎる力と躍動感
2 説話-物語とイメージ
3 役者絵-人気役者のさまざまな絵
4 美人画-江戸の粋と団扇絵の美
5 子ども絵-遊びと学び
6 風景画-近代的なアングル
7 摺物と動物画-精緻な彫と摺
8 戯画-溢れるウィットとユーモア
9 風俗・娯楽・情報
10 肉筆画・板木・版本ほか
作品解説
参考資料 版元別無題武者絵シリーズ目録
歌川国芳年譜
主要参考

[紹介文]
全421点を美しい図版で完全網羅。本展監修者であり、歌川国芳研究の第一人者である岩切友里子氏の論考と「版元別無題武者絵シリーズ目録」を掲載した貴重な1冊である。実力派の幕末浮世絵師であり近年評価の高い、歌川国芳には未だ充実した単行書が無い中で、本図録は良質な図録であり国芳研究の決定版といえるだろう。浮世絵研究にとってもかかせない一冊。