静岡市美術館HOME > 平成22年度 > 日詰明男 黄金比のカタチ

ワークショップシリーズVol.2
日詰明男 黄金比のカタチ

静岡市美術館は6月26日(土)より、ワークショップシリーズVol.2 「日詰明男 黄金比のカタチ」を実施します。植物の葉のつき方や惑星の運行など、自然界の様々なカタチの中にあらわれる"黄金比"。この研究者で造形作家 である日詰明男さんによる作品公開制作ワークショップを実施。交流ゾーンで黄金比のカタチと音を体験して頂けます。

会  期
6月26日(土)~9月23日(木・祝)
会  場
静岡市美術館 エントランスホール
料  金
無料


■作品公開共同制作ワークショップ
黄金比で出来た星形の構造体《プレアデス》(アルミバージョン、直径約2m)を、作家とボランティアの学生が一緒に公開制作します。自由に見学できます。

日  時
6月20日(日)13:30~15:00
会  場
静岡市美術館 多目的室
対  象
どなたでも
料  金
無料
申  込
不要(自由に見学できます)


■竹の楽器製制作ワークショップ
 <黄金比の音楽「たたけたけ」>で使用する竹を使った簡単な打楽器作りを行います。

日  時
6月20日(日)16:00~18:00
会  場
静岡市美術館 多目的室
対  象
どなたでも
料  金
無料
申  込
不要(自由に見学できます)


■公開演奏体験ワークショップ<黄金比の音楽「たたけたけ」>
「1.618...拍子」として定義される黄金比のリズムを、竹の打楽器でたたいてみる演奏体験ワークショップです。みんなでリズムを重ねることで、複雑な黄金比の音楽が生まれます。

日  時

6月19日(土)、20日(日)、25日(金)、26日(土)、27日(日)、7月2日(金)、3日(土)

いずれも18:00~19:30

会  場
静岡市美術館 多目的室
対  象
どなたでも
料  金
無料
申  込
不要(自由に見学できます)


■工作ワークショップ 黄金比のカタチを作ろう
[プレアデス]

5つのペンタグラム(五芒星)でつくられる手のひらサイズの模型で、制作したものは各自持ち帰れます。

日  時

6月26日(土)13:30~17:30

会  場
静岡市美術館 ワークショップ室
対  象
小学5年生以上大人まで 30名
料  金
1,000円
申  込
お電話にて要申込。(054-273-1515)【6月1日(火)より受付開始。先着順。】

[竹のスターケージ(六勾納豆)]

30本の竹ひごを組み合わせて「星籠」をつくります。納豆の藁の形にたため、星型にも開くことができます。また、制作したものは各自持ち帰れます。

日  時

6月27日(日)13:30~15:30

会  場
静岡市美術館 多目的室
対  象
小学生以上大人まで 30名
料  金
1,000円
申  込
お電話にて要申込。(054-273-1515)【6月1日(火)より受付開始。先着順。】

 

日詰明男  プロフィール

ph_20100626.jpg

造形作家。龍谷大学理工学部客員教授。1960年長野県生まれ。京都工芸繊維大学建築学科卒業 。
25年来、黄金比に基づくフラクタル構造を、造形や音楽で表現する仕事を続けている。
主な作品は、「民主主義的階段」(U.S.A.、ニュージーランド)、「黄金比の茶室」(コスタリカ、U.S.A.、静岡)、「フィボナッチ・ケチャック (たたけたけ)」など。著書に「生命と建築」(1990)、「音楽の建築」(2006)がある。現在、榛原郡川根本町にて幾何学的農園の建設と幾何学的民 族音楽の育成に着手している。