静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > ちひろ美術館 世界の絵本原画コレクション展 絵本をひらくと

【いよいよ11/23まで】「絵本をひらくと」展 大変賑わってます

2015/11/21

今日から3連休ですね。静岡では朝から晴天となり、絶好の行楽日です。

当方で開催中の「ちひろ美術館 世界の絵本原画コレクション展 絵本をひらくと」では、

今日は開館からすぐに多くのお客様にご来館いただけました。

 

D45P3595.JPG

 

絵本原画を中心とした展覧会ということで、普段の美術館ではなかなか見られない、親子で作品と絵本を楽しむ姿をよくお見かけします。

 

nC81P1733.JPG

 

nC81P1761.JPG

 

nC81P1781.JPG

 

本展では、出品された絵本原画が使用われた絵本も閲覧できるよう、展示室内の至るところに絵本のブースを作りました。

 

ehD45P3738.JPG

 

また、展示室奥には「絵本の森」という特設コーナーがあり、親子で絵本を楽しむことが出来ます。

お気に入りの絵本に夢中になるお子さんもおられました。

 

eC81P1764.JPG

 

展示室は4章に分かれており、第1章は「イメージはどこからくるの?」、第2章は「色をたのしむ」、

第3章は「息づく子どもの頃の感覚」、第4章は「母のまなざし-いわさきちひろ」という構成です。

日本人作家ではいわさきちひろ、赤羽末吉、長新太、茂田井武を中心に、荒井良二やスズキコージ、

海外作家ではエリック・カールやモーリス・センダック、ブライアン・ワイルドスミス、マークシモントなど、

計48名、約180点の作品をご紹介しています。

 

bD45P3696.JPG

 

bD45P3707.JPG

 

D45P3659.JPG

 

本展は他の美術館に巡回する予定はありません。

出品作品は、2万6千点の収蔵作品を誇るちひろ美術館のなかでも、選りすぐりの作品たちです。

いわさきちひろの作品も、約40点をご覧いただけます。

 

展覧会最終日まで、あと2日となりました。

この連休は静岡市美術館で、絵本の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

絵本をひらくとあらわれる、時代や国境、文化を超えて存在するイメージや、あらゆる感覚にひらかれた絵本をとおして

子どもの頃のみずみずしい記憶を再発見してみませんか。

そして、印刷物としての絵本とはまた違った、原画の持つ魅力をぜひお楽しみください。

ご来館をお待ちしております。

 

kD45P3740.JPG

 

※画像提供:中日新聞社  

 (R.A)