静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで

「理想の"青"を求めて―憧れの色への挑戦」

2015/06/11

今週末に開幕する展覧会「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」。

作品が搬入され、展示作業もいよいよ大詰めです。

 

さて、今回のブログは、青磁の"青"についてのお話です。

 

 

「天青(てんせい)」「粉青(ふんせい)」「翠青(すいせい)」・・・。

これらはすべて青磁の"青"を表した言葉です。

中国を起源とするこの美しい釉色のやきものを、かつての中国皇帝は雨上がりの澄み切った天空の色になぞらえて「雨過天青(うかてんせい)」と言い表しました

青磁は、しばしば空や碧玉(へきぎょく)といった自然界の青に喩えられますが、その中でも最も印象的な言葉の一つと言えます。

 

その青磁の色は、マットで濁りのない淡く澄んだ青緑色の「粉青」、 ヒスイのような透明感を持つやや緑色の強い淡く明るい青緑色の「翠青」をはじめ、オリーブ・グリーンや淡い黄色のものもあり、一言では言い表せない豊かな"青"の世界が広がります。

 

この青磁の"青"の発色源は、釉薬や土に含まれるわずかな鉄分。

空気中ではすぐにさびてしまう鉄も、還元焔焼成(かんげんえんしょうせい)という酸素不足の状態で焼かれることで青みを帯び、それがガラス質の釉薬の中に閉じ込められて永遠に青く保たれます。

 

しかしながら青磁は、初めから美しい青を呈していたわけではありません。

 

今から3500年前の中国・商時代中期、青磁の祖とも言うべき木灰(もっかい)を主原料とした灰釉(かいゆう)の陶器が焼かれます。

紀元後1世紀の後漢時代には灰釉から成熟した青磁が誕生しますが、まだまだくすんだ暗緑色。

ここから中国における理想の"青"を求めた長い挑戦の歴史が始まります。

そして、南宋時代(12−13世紀)、ついに青磁は頂点へと達します。

 

さて、これら中国の青磁は同時代の日本にも伝わり、時代を超えて大切に受け継がれていきます。

日本においても中世、近世と青磁への挑戦は見られますが、憧れの南宋青磁の再現に成功したのは明治時代以降。

近代の陶芸家らの試みは、やがて独自の創作へと移っていきます。

そして時代は今。作家の想いが投影された様々な青磁作品を見ることができます。

 

本展は、第Ⅰ章で日本に伝来した12−13世紀の中国・南宋時代の至高の青磁を、 第Ⅱ章で近代の日本の青磁の成果を、第Ⅲ章で現在の青磁の到達点を見ることができる、オール青磁の展覧会です。

いつの時代も理想の"青" を求めて生み出された青磁。あなたの理想の"青"に出会って頂ければ幸いです。

 

 

(s.m)

商店街バナー デザイン.jpg 

※商店街のバナーデザイン

 

 

「青磁のいま」展 出品作家によるアーティストトークのお知らせ

2015/06/03

「大原美術館 名画への旅」が無事に閉幕しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

次回展「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」に向けて、館内は一気に模様替え!

 

エレベータのドア

エレベータ 青磁バナー.jpg

 

商店街側(戸田書店側)入り口

青磁 出窓バナー.JPG

 

エントランスホール

エントランス 青磁バナー.JPG

 

 

本展では、中国・南宋時代(12~13世紀)の名品から、近代、現代まで、約120点の青磁作品を3章立てで紹介します。

「現代の青磁―表現と可能性―」と題した第Ⅲ章では、第一線で活躍する10名の現代作家による48点を展示します。
人間国宝の中島宏の作品から、オブジェのような青磁まで、多様な表現をご紹介します。

 

 

会期中には、本展出品作家によるアーティストトークを開催します。

 

6月27日(土)は、髙垣篤氏(1946~)。

髙垣篤 《茜青瓷-屹立》 キャプ入り.jpg

 

まっすぐに立ちあがった面は氷壁のよう。

青磁釉の下に茜色に発色する素材が使われており、青色とエッジ部分の茜色の対比が美しい作品です。

6月27日(土)のイベント詳細・申込こちら →http://www.shizubi.jp/event/_2015627.php

 

 

7月11日(土)は神農巌氏(1957~)。

神農巌 《堆磁線文壺》 キャプ入り.jpg

 

泥漿(でいしょう)にした磁土を含ませた筆で何度も塗り重ねることで、立体感のある柔らかな線をつくりだしています。

「堆」は他よりも盛り上がっている様子を指す言葉。その特徴をとらえた技法「堆磁(ついじ)」は、神農氏が名づけ親なのだそう。

7月11日(土)のイベント詳細・申込はこちら→http://shizubi.jp/event/2015711.php

 

作家本人の言葉で語られる青磁の世界は、どのようなものなのでしょうか。

きっと作品鑑賞のヒントが手に入るはず!

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

(c.o)

 

 

 「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」
会期:6月13日(土)~8月16日(日)
観覧料:一般1000(800)円、大高生・70歳以上700(500)円、中学生以下無料
*( )内は前売りおよび当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料

※お得な前売り券は、6月12日(金)までの販売です※
取扱い:静岡市美術館(6月11日(木)まで)、チケットぴあ[Pコード766-738]、ローソンチケット[Lコード46746]、セブンチケット[セブンコード:038-261]、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店

次回展「青磁のいま」 チラシもキラキラしています!

2015/05/28

現在開催中の「大原美術館展 名画への旅」会期も、いよいよ残り数日となりました。

静岡市美術館開館5周年記念展の第一弾...みなさま、ご覧いただけましたでしょうか。


大原美術館展に続く、開館5周年記念の第二弾は

「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」(会期:6月13日(土)~8月16日(日))


中国に起源を持つ、青緑色を基調とする美しい釉色のやきもの"青磁"。

展覧会では、日本に伝わった中国・南宋時代(12~13世紀)の官窯や龍泉窯の名品から、

古陶磁の再現に心を砕き、次第に独自の青磁を作り出した板谷波山や岡部嶺男など近代の作家、

人間国宝の中島宏をはじめとする現代作家の最新作まで、約120点を一堂に展示します。

南宋時代の古陶磁を起点に、近代、現代までの青磁を通史的に3章立てで紹介する、これまでにない切り口の展覧会です。



こちらが展覧会のチラシです。

チラシ画像.jpg


画像ではわかりませんが、印刷されたチラシには光沢があり、青磁の釉薬のようなツヤツヤとした質感をしています。



出品作品をかたどったオリジナルフライヤー(ミニちらし)もあります!

ツイッター.JPG



左:《青磁鳳凰耳瓶(せいじほうおうみみへい)》 龍泉窯 中国・南宋時代 13世紀

読んで字の如く...鳳凰を象った耳付きの花器。

形がとってもユニークです。このフライヤーが一番人気!


中央:岡部嶺男《翠青瓷大盌(すいせいじおおわん)》1968年

「貫入(かんにゅう)」という表面のひびも、青磁の見どころのひとつ。

また、展覧会ポスターやチラシの四辺の枠線は、この作品の縁の色からとりました。


右:板谷波山《霙青磁牡丹彫文花瓶(みぞれせいじぼたんちょうもんかびん)》

大きな牡丹の花が彫られています。

東京美術学校で彫刻を学んだ波山ならではの技術と表現!



フライヤーの裏面には、各作品の解説文が載っています。

隅々まで、じっくりご覧ください。

チラシ・フライヤーは、静岡市美術館ほか、市内の文化施設・飲食店等で配布しています。

ぜひ、手に取ってみてくださいね。

(c.o)



「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで」

会期:6月13日(土)~8月16日(日)

観覧料:一般1000(800)円、大高生・70歳以上700(500)円、中学生以下無料

*( )内は前売りおよび当日に限り20名以上の団体料金

*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


※お得な前売り券は、6月12日(金)までの販売です※

取扱い:静岡市美術館(6月11日(木)まで)、チケットぴあ[Pコード766-738]、ローソンチケット[Lコード46746]、セブンチケット[セブンコード:038-261]、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店