山本二三展前売券 7月1日(火)より販売開始!

2014/06/29

7/1(火)より、「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~」(会期:8/4~9/23)の前売券が発売されます。
今日は、前売券を含めた展覧会のチケットのご紹介です。

今回の展覧会では、券種によって絵柄がすべて替わります。
山本二三さんは、名作アニメーションの背景画をいくつも手掛けています。このため、チケットでも、その幅広い画業をご紹介すべく、絵を替えて制作しました。

それでは早速行きましょう。
まずは「前売券/一般」です。

nizo-maeuri-ippan-gaus.jpg
 

















これには「天空の城ラピュタ」の画像が使われています。
前売券は、展覧会に関心の高いお客様がご購入されることを考え、人気の高い絵柄にしてみました。
朽ちたラピュタ城と、その後ろに見える冴え冴えとした青空が印象的ですね。
特に、大きくて輝きをもった雲は、ファンの間では「二三雲(にぞうぐも)」と呼ばれ、山本二三さんの画風を特徴づける表現のひとつとされています。


続いて、「前売券/大高生・70歳以上」です。

nizo-maeuri-70-gaus.jpg
 

















何のアニメの背景画か、お分かりになりますか?
苔が生した岩や土手。そこに差す柔らかい木漏れ日と、黒く映る水面・・・。
「もののけ姫」の「シシ神の森」の一場面です。「前売券/一般」のチケットとは雰囲気を変え、少し落ち着いた印象を受けますね。
「もののけ姫」の背景画は、山本二三さんの迫真性の高い描写力を堪能できる、展覧会の目玉のひとつです。


ここからは、当日券(8/4~9/23の展覧会会期中に販売するチケット)のご紹介です。

「当日券/一般」はコチラです。

nizo-toujitsu-ippan-gaus.jpg

















先ほどの「前売券/一般」のご紹介で、「二三雲」についてご紹介しましたが、「当日券/一般」は、それをじっくり味わうことの出来る絵柄です。
展覧会を開催するのは8月、夏の盛りです。空には夏の入道雲が、もくもくと浮かんでいることでしょう。二三さんの描く雲と実際の雲、展覧会から帰るとき、空を見ながら比べてみるのも面白いかもしれません。


続いて、「当日券/大高生・70歳以上」です。

nizo-toujitsu-70-gaus.jpg
 

















「時をかける少女」の「洗い場」を使っています。
夏の暑いグラウンド、その匂い、湿度、木陰の涼やかな空気。
私はこの絵を見ると、夏の学校の思い出が、フラッシュバックのように脳裏によみがえってきます。
山本二三さんの作品は、その迫真性から、描かれた場の音、匂い、空気感を、見る者に想起させる(あるいは個人の記憶と結びつけて思い出させる)力があると思います。
「時をかける少女」の舞台は夏です。細密な描写、豊かな色彩による背景画は、我々が持つひと夏の記憶を呼び覚まし、個々人の思い出や経験とつながり、感情を動かします。細部にまで描きこまれた背景画は、アニメーション作品に強さを与え、物語に深みを持たせています。「時をかける少女」は、そうした背景画がアニメーションで担う役割を、雄弁に物語っていると言えるでしょう。

アニメが好きで、どの作品も見た経験のある私にとっては、もし美術館職員でなければ、全部集めて並べて眺めたい・・・!と、言ってしまうような気がします笑。
前売券販売は7/1(火)からです。
チケットを見て、展覧会を楽しみにしていただければと思います。


◆前売券情報
7月1日(火)から8月3 日(日)まで販売 
静岡市美術館、チケットぴあ[Pコード766-162]、ローソンチケット[Lコード47559]、セブンチケット[セブンコード030-540]、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN &ジュンク堂書店新静岡店
※各種プレイガイド、コンビニエンスストアでのチケットは、絵柄のない機械発券となりますのでご注意ください。

(R.A)