静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > アルプスの画家 セガンティーニ-光と山-展

ワークショップ「ちぎって、はって、セガンティーニ!」大人編

2011/10/20



セガンティーニWS.jpg
10月9日・16日と2日間にわたり、セガンティーニ展関連イベント
ワークショップ「ちぎって、はって、セガンティーニ!」大人編を開催しました。

9月10日に開催した子ども編の様子はこちらをご覧ください。

大人編は1日5時間、しかも2日間なので計10時間!
長丁場のワークショップにもかかわらず、たくさんのお申し込みをいただきました。
ありがとうございます。

今回は子ども編同様、マスキングテープを"ちぎって、はって、"作品をつくりますが、
2日間かけてじっくり、ちぎり絵のようにして、セガンティーニの作品を細部まで再現します。

まずは今回も、展示室にて作品を鑑賞し、学芸員による解説を聞いたり、
補色や色彩分割技法について学びました。

 

DSCN6146_b.jpg






その後、セガンティーニの作品「牛を飲む茶色い雌牛」と「アルプスの真昼」から、
今回制作する作品を選びます。


DSC_0003_b.jpg


作品が決まったところで、セガンティーニが用いた色を、
ワークシートをとおして探ります。


DSCN6183_b.jpg



DSCN6204_b.jpg


さて、いよいよ台紙にマスキングテープを貼っていきます。

1日目は太いテープを使い、画面全体を埋めていきます。
作品のコピーを横に置いて、筆の向きを意識しながら...


DSCN6200_b.jpg



DSCN6201_b.jpg


テープで絵を描くなんて、皆さん初めての経験ですので、
最初のひと貼りはとても緊張されたようです。

ある程度貼りだすと、皆さん、夢中でテープを貼っていきます。


DSCN6205_b.jpg


あっという間に1日目が終了。

制作時間は正味4時間にもかかわらず、みなさんここまで進みました!


1009_.jpg


なかには、貼り方をいろいろ工夫して、独自の描き方を生み出す方も...!
題材とした作品は2つですが、ひとつひとつの作品に個性が出て、面白いですね。



2日目は、細いタイプのテープを使って、細かい表現を描いていきます。

まず、みなさんの作品の途中経過を鑑賞し、今日の進め方を確認してからスタートです。


DSCN6262_b.jpg



DSCN6345_b.jpg


セガンティーニの「櫛で描いたような」と表現される描き方に近づけるため、
細いテープをさらにテープを細く切って、1本1本丁寧に貼っていきます。



拡大.jpg


また、セガンティーニの用いた色彩分割
(・・・パレット上で絵具を混ぜ合わせずに、純色をそのまま糸状の細い線として
キャンバスに並べ、人間の網膜上で、色彩混合が起こる)
技法を再現するため、補色の組み合わせを意識して貼っていきます。

近くで見ても美しいですが、遠くから見ると...画面がより鮮やかに!
色彩分割技法を、制作を通してみなさんに体験していただきました。

こちらが、完成した皆さんの作品です。



1016_.jpg

殆どの方が、普段絵を描く機会がない、とおっしゃっていました。
しかし、それが信じられないほど完成度の高い、素晴らしい作品ばかり!!

帰り際に、大勢の参加者の方々が、「もう一枚つくりたい!」と、
台紙を持って帰ってくださいました。
参加者の皆さん、完成したらぜひ見せてくださいね!!


マスキングテープは、ちぎり絵のように紙に糊をつける必要もありませんし、
一度貼ってもはがすことができるので、初心者の方でも安心してチャレンジできます。

最近は、さまざまな文具や画材が次々と開発されています。
身近な素材を、意外な使い方で描いてみると、新しい発見があるかもしれませんね。

(m.y)

 


 

セガンティーニクイズ!

2011/09/13


9月11日(日)に、ギャラリートークを開催しました。
30名近くのご参加があり、担当学芸員も相当力が入った模様です。

 

ギャラリートークはあと3回(9月25日、10月2日、10月16日)ありますので、
ご参加いただけなかった方、是非次回以降のご参加をお待ちしています!

 

さて昨日、入り口の写真を掲載しましたが、

 

「展示室の内部もみたい!」という声にお応えして、今日は少しだけ内部を。。。。


ここは第1章の部分。

 

写真1~1.JPG

 

 

写真2~1.JPG

 

 


写真3~1.JPG

 

セガンティーニが美術学校を卒業した直後の作品をはじめ、ミラノ~ブリアンツァ地方で生活していた頃の作品を展示しています。


ここで、クイズ!


セガンティーニの絵にはたくさんの羊が登場しますが、
さてさて、この羊はどの作品に描かれているでしょう?

 

 


写真4~1.JPG

 

少し簡単すぎるでしょうか? 答えは来週のこのブログで!

(ちなみに、この羊クイズ、あと2回ほど予定しています。乞うご期待!)

 

(k.o)


 

「ちぎって、はって、セガンティーニ ! 」子ども編

2011/09/11

「アルプスの画家 セガンティーニ―光と山―」がスタートして1週間が経ちました。
本展もさまざまな関連イベントをご用意しております!

今日は昨日開催したワークショップのご報告です。

9月10日、「アルプスの画家 セガンティーニ―光と山―」関連ワークショップ 
『ちぎって、はって、セガンティーニ ! 』の子ども編を開催しました!

セガンティーニの用いた色彩分割技法について学んだ後、
カラフルなマスキングテープを使って、
セガンティーニの作品「水を飲む茶色い雌牛」の牛さんを描きました。

 

DSC_0008.JPG



先ずは、展示室でセガンティーニの作品を鑑賞。

「山や空、見ると何色で描かれているかな?」

「ピンク!きいろ!...いろんな色が使われてる!」



そうなんです。


とても細かい櫛のようなタッチが特徴的なセガンティーニの作品。
鮮やかな色で描かれた山や空の中には、補色が使われています。


今日は、この「色彩分割技法」や「補色」をキーワードに、みんなで作品を作りました。



 
DSC_0012_.jpg


制作の前に、色の不思議を体験。
補色残像や白黒写真がカラーに見える実験をしたり...



DSC_0008__.jpg


マスキングテープで虹色の輪っか(色相環)を作ったり...




DSC_0006.jpg


セガンティーニさんのパレットをつくったり再現したり...

マスキングテープはやや透過性があるので、
重ねて貼ると色が変わります。

「濃い色の上に薄い色を重ねるときれい!」
パレットワークシートで、いろいろ実験。

その後、3つの紙にマスキングテープを貼っていきます。



 
DSC_0025.JPG



16色あるマスキングテープを、みんなで3つのグループに分けます。
明るい色のグループと、中くらいと、濃い色のグループ。



DSC_0032.JPG 



3つに分けたら、紙に貼っていきます。


DSC_0033.JPG



さきほど作った「虹色の輪っか」を見ながら、
補色を意識して貼っていきます。

DSC_0057.JPG




3つの明るさの紙が完成!


この紙の裏側には切り取り線が印刷してあります。


DSC_0063.jpg



 

DSC_0054.JPG




DSC_0064.jpg


これをはさみで切りぬいて、パズルのように組み合わせていくと...
 


カラフルな牛さんが完成!
 

 



 

DSC_0065.JPG



額に入れて、サインを入れて...



みんな、とっても色鮮やかな牛さんが出来上がりました。



 

DSC_0083.JPG



DSC_0081.JPG 



 
 色彩分割を用いて作った牛さんは、近くで見たり、離れて見たりすると、
また印象が違って見えます。


 

みなさんもぜひ、セガンティーニの作品を、
近くで見たり、離れて見たりしてみてください。
セガンティーニの鮮やかな色彩の秘密が、おわかりいただけるはずです。



さてさて、来月10月9日・16日は
『ちぎって、はって、セガンティーニ ! 』大人編を開催します!!

大人編は2日間じっくり時間をかけて、大作を制作予定です。


こちらは申込受付中です。
9月27日締切ですので、ご興味ある方はぜひぜひ、お申し込みください!


詳細はこちらをご覧ください。



 

DSC_0012.jpg


 

(m.y.)



 


 

セガンティーニ展、はじまりました!

2011/09/10

朝・夕の風がすこしずつ秋らしくなってきました。

 

さて、セガンティーニ展、無事始まりました!

 

入り口だけこっそりお見せしますと・・・

 

 

seganthini0910-1.JPG

 

こんな感じです。

ここからどのようなセガンティーニワールドが始まるのか・・・

 

それは美術館に来てからのお楽しみ。。。

 

どのような作品が展示されているのかは、当館ホームページでも少しお見せしていますので、
是非是非こちら(http://www.shizubi.jp/exhibition/110903_02.php)をご覧ください。

 

さて、国芳展に続いて、セガンティーニ展も、館内サインをたくさんつけています。

 

 

 

segantini0910-2.JPG

 

代表作《アルプスの真昼》が一番多いのですが、この柱につけた《水を飲む茶色い雌牛》も素敵な作品です。

今年の秋は3連休が3回もあります!
どこに行こうかな、まだ迷われている方、この秋は是非シズビへ!

 

(k.o)

 

 

セガンティーニ展、前売券販売開始!

2011/08/02

昨日の夜の地震、美術館のある葵区は震度4とのことでしたが、かなり揺れました。
幸い美術館には被害はなく、「歌川国芳展」後期展示、元気に開催しております。

 

さて、今日は国芳展後期展示開始、なのですが、もうひとつ重要なことが。。。

 

そう。

 

今日は秋の開館1周年記念<Ⅰ>・NHK静岡放送局開局80周年記念「アルプスの画家 セガンティーニ -光と山-」展
の、前売券発売開始日です!!!!

 

 

segantini poster.JPG

 

 

 

 

みなさま、おとといの「新日曜美術館」の特集見ていただけましたか?

 

アルプスに魅せられ、徐々に高みにのぼり、その澄んだ光を再現しようとしたセガンティーニ。
結構見入ってしまった方多いのではないでしょうか。

 

静岡でもいよいよ9月3日から始まります!
チラシとポスターも出来上がってきました。
静岡市内への設置ももう間もなくです。もし見かけたら是非お手にとってくださいね♪

 

今年は9月~10月に3連休が3回も!静岡市美術館はJR静岡駅北口から徒歩3分!
ちょっと町へ買い物のついでに、南アルプス登山の帰りに、スイス・アルプスの風を静岡市美術館で感じてみませんか?

 

会期中は、本展監修者の千足伸行先生や、3月にセガンティーニに関する研究書の翻訳本を出版された慶應義塾大学名誉教授の末吉雄二
先生による講演会、当館スタッフによるワークショップ等々を実施します。

 

この秋は、是非ShizubiへGO!


(k.o)