静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 「不思議の国のアリス展」作品紹介② ジョン・テニエル『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵《握手してつかわそうではないか!》

「不思議の国のアリス展」作品紹介② ジョン・テニエル『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵《握手してつかわそうではないか!》

2020/03/21

握手してつかわそうではないか.jpg

ジョン・テニエル『鏡の国のアリス』挿絵のための下絵《握手してつかわそうではないか!》

1870-1871年 鉛筆/紙 ローゼンバック博物館・図書館

John Tenniel, "You may shake hands!". The Rosenbach, Philadelphia


「絶対、まちがいないわ!まるで顔中に『ハンプティ・ダンプティ』って名前が書いてあるくらい、確かだわ!」

―ルイス・キャロルが著した『鏡の国のアリス』で、彼の存在に気付いた主人公アリスは思わず心の中でこう叫びました。

これは鏡の国に迷い込んだアリスが逃げる卵を追いかけていくと、その卵は高い塀の上で正体を現し、劇的な出会いを果たしたシーンです。

 

初版本の挿絵下絵として描かれたこの作品は、そんな印象深い場面を可視化するとともに、好奇心旺盛なアリスと居丈高なハンプティという全く異なるキャラクターの両者の間に漂う一種の緊張感をも巧みに描き出しています。

画面に残る幾重もの描線からは、作者ジョン・テニエルの推考の跡が垣間見られます。

 

当時、風刺漫画家として英国で高い人気を誇ったテニエルは、著者キャロルの依頼を受けて『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』の挿絵に取り組みました。

二人は互いに意見を交わしながら物語の世界観を構築していったのですが、テニエルの挿絵なくしてアリスの物語は名作たりえなかったと言えるでしょう。

 

 

 

(t.t)