静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > オリジナルビール開発裏話:「くるり」編

オリジナルビール開発裏話:「くるり」編

2019/08/08

もう一つのオリジナルビールは、静岡市文化振興財団をイメージした「くるり」です。
こちらは、醸造長の斯波克幸さんが醸造してくださいました。
斯波さんによると、こちらは濁った外見が特徴のHazy Pale Aleという今人気の高いスタイルで、
通常の数倍ものホップを使って大胆に香り付けした、柔らかでふくよかな口当たりのビールとのこと!
「くるりくるり」と軽やかに入れ替わる華やかな香り・・・ごくり。

 

6.「くるり」.jpg

(写真は昨年のもの)

 

「くるり」は、多様な文化を振興し新たな文化の醸成に貢献する「静岡市文化振興財団」と、
ワクワクドキドキが溢れる街づくりを目指す「静岡市」を象徴するような、
"華やかで軽やか、ポップで楽しい"、そんなイメージのもと醸造してくださったとのこと!

 

「あわい」と「くるり」、あなたはどちらのオリジナルビールが気になりますか?
昨年度とはまたひと味違った2つのビール。
既に心が決まっている方も、両方のビールが気になる方も、
ぜひ今年の夜店市にて、2つのビールの飲み比べをお楽しみください♪

 

夜店市は、8月10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)(※各日15:00~21:00)の開催です。
場所は、パルコの向かい側、小梳神社の目の前!皆様のご来場をお待ちしております。

 

(a.y)