静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > オリジナルビール開発裏話:「あわい」編

オリジナルビール開発裏話:「あわい」編

2019/08/06

夜店市で販売するオリジナルビールは、「あわい」と「くるり」の2種類です。

 

静岡市美術館をイメージした「あわい」は、
華やかな香りのエール酵母と、スッキリとした味わいのラガー酵母の両方の特徴・・・
ちょうど"あわい(間)"の特徴を持ったケルシュ酵母を使用したビールです。
今回は、醸造士の福山康大さんが醸造してくださいました。

 

5.あわい.JPG

(写真は昨年のもの)

 

ビールの名前の「あわい」は「間」を意味し、
市民の皆さまと美術作品の「間」に立つ当館の役割をビールで表現してくださったとのこと。
AOI BREWINGさんの熱い思いが伝わり、当館としては大変嬉しい限りです。
どんな味がするのか、ますます気になります!

 

「あわい」が楽しめる夜店市は、8月10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)(※各日15:00~21:00)の開催です。
パルコの向かい側、小梳神社の目の前のブースにて、皆様のご来場をお待ちしております!

 

(次回は、もう一つのオリジナルビール「くるり」をご紹介します♪)

 

(a.y)