静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > Shizubiシネマアワー「ベル・エポックのパイオニアたち」 (1)『ザ・ダンサー』 

Shizubiシネマアワー「ベル・エポックのパイオニアたち」 (1)『ザ・ダンサー』 

2018/08/29

「Shizubiシネマアワー」は美術館ならではのセレクトで、さまざまな映画を上映するシリーズです。
第22回は「ヴラマンク展」にあわせて開催。ヴラマンクの生きた19世紀末~第一次世界大戦勃発前までの、様々な芸術が花開いた「ベル・エポック」といわれる時代に焦点を当てます。

 

■9月8日(土)14:00-(開場13:30)

『ザ・ダンサー』

(ステファニー・ディ・ジュースト監督/2016年/フランス・ベルギー/108分)*PG12

 

ダンサー_メイン.jpg
©2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO - LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM

 

 

"モダン・ダンスの祖"と呼ばれ、パフォーマーとして今再び評価されているロイ・フラー(1862-1928)。
自ら色や角度を設計した舞台照明の中で、シルクの衣裳が様々な形を織りなすダンスは反響をよび、ロートレック、ロダン、マラルメ、コクトーなど多くの芸術家たちを魅了しました。

 

特に、1900年のパリ万国博覧会ではロイ・フラー専用の劇場が設けられ、公演は大評判となりました。
映画では、子弟関係からライバルとなるダンサー、イサドラ・ダンカンとの出会いも描かれています。
また、当時アメリカやロンドンで人気を集めていた日本の俳優、川上音二郎・貞奴もロイ・フラーの招きによりパリで公演を行いました。

 

ちなみに、1900年のパリ万博では、ロイ・フラー振り付けのダンスがモチーフとなった《スカーフダンス》というセーヴル磁器が発表されました。
次回展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」では、《スカーフダンス》シリーズのうち、5点が展示されます。お楽しみに。

 

ダンサー No.13.jpg
ダンサー No.13(テーブルセンターピース「スカーフダンス」より) 1899-1900年 セーヴル陶磁都市所蔵
Photo © RMN-Grand Palais (Sèvres, Cité de la céramique) / Martine Beck-Coppola / distributed by AMF

 

次回のブログでは、映画『リュミエール!』を紹介します。

 

 

(c.o)