静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 「ターナーからモネへ」は1月28日(日)までの開催です。

「ターナーからモネへ」は1月28日(日)までの開催です。

2018/01/23

あっという間に、閉幕まで残り1週間をきりました。連日、大変多くの方にご来場いただいています。

今回のブログでは、来場者アンケートに寄せられた声を、展示室内の様子とともにご紹介します。

 

英国・ウェールズ国立美術館のコレクションで構成される本展。

ターナーやコンスタブルのほか、ミレー、モネ、ルノワールらの計73点により、西洋絵画が変革の時を迎えた19世紀から20世紀初頭の英仏美術の交流の様子を紹介しています。

 

KGG20180110_0105750984_15.jpg
KGG20180110_0102018041_15.jpg

 

来場者アンケートには、本展のタイトルにもなったターナーとモネの作品に関するコメントが多く、細部までじっくりご覧いただいている様子がわかります。

「(ターナーの)油絵具ののせ方など、写真では分からない表現があり良かったです。」

「モネのサン・ジョルジョマッジョーレ黄昏に心奪われた。 何回も足を運んでしまった。」

「イギリスーフランスの印象派前後の相互影響を知ることができた」

 

KGG20180110_0100656593_15.jpg

 

 

一方で、日本ではあまりなじみのない画家を知ることができるのも、本展の見どころの一つです。

来場者からは、

「予想より目を引く作品が多かった。 初めて知った画家も多く新鮮に感じた。」

「イギリスの画家がこんなに大勢いた事、再発見した。」

といった、声もいただいています。

 

KGG20180110_0110966294_15.jpg

 

展覧会「ターナーからモネへ」は、いよいよ1月28日までの開催です。

ウェールズ国立美術館のコレクションが、日本でまとまって紹介されるのは約20年ぶり。

巨匠たちの知られざる名作の数々を、ぜひこの機会にお楽しみください。

 

KGG20171124_0146316547_15.jpg
KGG20180110_0103328614_15.jpg

 

 

写真提供:中日新聞社

 

 

(c.o)