龍馬の愛刀《吉行》

2017/08/22

「没後150年 坂本龍馬」ですが、夏休み期間という事もあり、小学生からご高齢の方まで、様々な年代の方にご来場いただいています。

そして、職員も驚きだったのが、若い女性からの人気!

刀のケースの前でじっくりと鑑賞されている姿が印象的です。

 

さて、この龍馬の愛刀《吉行》。

1年ほど前、《吉行》に関する研究成果が発表され、大きな話題となりました。

 

《吉行》は昭和6(1931)年、札幌の坂本家より京都国立博物館に寄贈されました。

伝来は確かであったものの、反りがほとんどなく、直刃風(すぐはふう)の刃文(はもん)で、《吉行》の特徴である波打つような刃文が見られないなど、《吉行》の作風と異なることから、懐疑的な意見もありました。

 

しかし近年、坂本家子孫の記録に「大正2(1913)年、釧路市の大火で鞘が焼失し刀身も反りを失った」と記されていたことが判明。

科学的な検証作業でも、刀身にうっすらと本来の波打つような刃文が確認されました。

他にも、この刀は龍馬が暗殺される際に所持し、刺客の刀を鞘ごと受けたと書かれた記録も見つかり、「龍馬の刀か否か」という疑義は払拭されたのです。

 

龍馬は、兄・権平宛の手紙で、《吉行》を常に帯刀しており、欲しがる者もいるが、「兄の賜なりとてホコリ(誇り)候」と書いています。

龍馬が最期まで所持した愛刀、ぜひ間近でご覧ください。

少し下から見ると、拳の形のような刃文が見えますよ。

 

 

3背景あり吉行刃文あり.jpg

《刀 銘吉行》坂本龍馬佩用 京都国立博物館

 

 

(s.o)

 

 

 

龍馬の暗殺と血染掛軸

2017/08/20

今年は大政奉還150年、そして坂本龍馬の没後150年でもあります。

 

龍馬が日本史上はたした役割は、大きく2つあります。

1つは、西郷隆盛ら薩摩藩と、桂小五郎ら長州藩の仲を取り持ち、薩長同盟を締結させたこと。

もう1つは、外国の脅威が迫る中、仲間とともに大政奉還(幕府による朝廷への政権返上)を推進したこと。

薩長が後に明治政府の中核をなすことを見ても、龍馬の行動は、後の明治維新に少なからず影響を与えたといえましょう。

 

しかし、龍馬は維新を見届けることなく、慶応3(1867)年11月、京都・近江屋で中岡慎太郎と談論中に、突如乱入した数名の刺客により暗殺されました。

わずか33歳。大政奉還から1か月、新たな国家体制を作るため、奔走する最中の事件でした。

 

8月15日から展示が始まった、重要文化財《梅椿図(血染掛軸)》。

実は、龍馬が暗殺された部屋の床の間に掛かっていたものです。

掛軸の作者は文人であり支援者であった板倉槐堂で、事件後、海援隊士・長岡謙吉により表具上部に追悼文が記されました。

表具の下部には、今も血の飛び散った痕が残り、生々しい現場の様子を伝えています。

 

3 重文梅椿図(血染の掛軸).jpg

重要文化財 板倉槐堂筆《梅椿図(血染掛軸)》 京都国立博物館 (8/15-8/27展示)

 

(s.o)

 

 

 

静岡市美術館 展覧会通算観覧者数が100万人を達成!

2017/08/18

2010年に開館した静岡市美術館ですが、本日、展覧会の通算観覧者数が100万人を達成しました!

 

100万人目のお客様は、富士市からお越しの村松さんご一家。

お姉さんの夏休みの宿題のため、龍馬展に足を運んでくださいました。

 

100万人1.JPG

村松さんご一家には、田辺信宏静岡市長より、美術館オリジナルグッズなどの記念品を贈呈しました!

おめでとうございます!

 

100万人2.JPG

取材にもしっかりとこたえてくださいました!

 

 

誰もが気軽に立ち寄れる"ちょっと面白い、街の中の広場"として、これからも様々なジャンルの展覧会を開催していきます。

皆さまのご来場をお待ちしています。

 

(c.o)

 

 

龍馬の師・勝海舟と江戸開城

2017/08/14

「此頃ハ天下無二の軍学者勝麟太郎(かつりんたろう)という大先生に門人となり、ことの外か、かはい(可愛)がられて候」

 

龍馬は、姉・乙女への手紙で、勝海舟(麟太郎)の弟子となったと自慢げに書いています。

龍馬は勝を「日本第一の人物」とも称しており、勝のもとで得た知識や人脈は、後の龍馬の活動の大きな助けとなりました。

 

勝は、黒船来航後に提出した海防の意見書が評価され、下級幕臣ながら軍艦奉行等を歴任します。

戊辰戦争では幕府側代表として西郷隆盛と会見、江戸総攻撃を回避し、江戸城を無血開城しました。

 

ryoma_5.jpg

川村清雄筆《江戸城明渡の帰途(海舟江戸開城図)》 東京都江戸東京博物館(後期展示)

 

 

本作は、旧幕臣の洋画家・川村清雄(かわむらきよお)による、勝の無血開城(江戸城明渡し)の様子を描いたもの。

江戸城石垣の前に立つ勝の足元には、徳川家の家紋が入った瓦が落ち、幕府の終焉を示唆しています。

背後には刀を抜き、怒りの形相の幕府軍将官が描かれ、勝の苦しい立場が表現されています。

 

新国家樹立を目指して奔走した龍馬ですが、戊辰戦争の直前に暗殺されます。

もし龍馬が生きていたら勝の行動を、どう見たでしょうか。

 

(s.o)

 

 

重要文化財 渡辺崋山筆「千山万水図」

2017/08/13

「没後150年 坂本龍馬」展の会期ものこり2週間となりました。

後期からは、静岡会場だけの特別展示として、重要文化財 渡辺崋山筆「千山万水図」を展示しています。

 

渡辺崋山(わたなべかざん/1793-1841)は三河国田原藩士で、江戸詰家老の藩務のかたわら、画家としても活躍しました。

崋山は、幕府の海防掛(かいぼうがかり)に任じられたことで蘭学研究や海外事情の情報収集にも熱心に取り組みますが、蛮社の獄(ばんしゃのごく)で処罰され、蟄居(ちっきょ)を命じられました。

 

本作は、一見すると中国風の山水画に見えますが、画面中央をよく見ると、3本マストの大型船...外国船らしき船影が描かれています。

崋山が描いた作品の中には、外国の脅威を生物の捕食に見立てて描いたものあります。

本作も画面上部を江戸湾の入り口・三浦半島とし、海防上の重要地勢とみた崋山の思想を反映したものとする説があります。

 

2山千万水図 .jpg

重要文化財 渡辺崋山筆《千山万水図》 天保十二(1841)年 田原市博物館(後期展示)

※中央に描かれた3本マストの大型船。ペリーが来航するまで、日本では大型船の造船は禁止されていた

 

 

なお、年紀には「丁酉(ていゆう)六月」(天保8年6月)とありますが、落款(らっかん)の書体から、蟄居中の天保12(1841)年の作と考えられています。

天保8年6月は、浦賀に来航した米国船を砲撃・退去させた「モリソン号事件」が起こった月です。

崋山は『慎機論(しんきろん)』でこの時の幕府の対応を批判し処罰されています。

年紀にも崋山の意図が込められているのでしょう。

 

本図制作の4か月後、崋山は自刃します。

この時、坂本龍馬は7歳。12年後の嘉永6(1853)年、浦賀(三浦半島)沖に黒船が来航し、日本は維新に向け大きく動き始めます。

 

 

(s.o)

 

 

展覧会「没後150年 坂本龍馬」、来場3万人を達成!!!

2017/08/12

「没後150年 坂本龍馬」展、本日、8月12日(土)に来場者3万人を達成しました!

 

3万人目のお客様は、静岡市内からお越しの稲葉さんご家族。

当館館長から、記念品を贈呈しました。おめでとうございます!

 

歴史好きなお父さんと一緒に、これまでも家族みんなでお城めぐりをしてきたそうです。

今回も、お父さんの発案で展覧会にご来場いただきました。

小学5年生の息子さんは、「龍馬は知っていたけれど、暗殺されたことを知ったのは初めて。龍馬の生涯について勉強できた」としっかりと話してくれました。

 

龍馬3万人.JPG

 

連休に入り、多くの方にご来場いただいています。

展覧会はいよいよ8月27日(日)までです。

この機会にぜひご来館ください。

 

(c.o)