静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > アルバレス・ブラボ写真展 作品紹介(1)《夢想》1931年

アルバレス・ブラボ写真展 作品紹介(1)《夢想》1931年

2017/04/29

夢想.jpg

頬に手を添え、物憂げな表情を浮かべる少女は、何を考え、何処を見ているのでしょうか。
彼女が心に想い描く景色は伺い知れず、手前の柵は私たちと少女を隔てる境界線のようです。
右肩に降り注ぐ一点の光もまた、少女だけに与えられた特別な啓示かと思わせます。


柵が織りなす線のリズムや、少女の足が丁度隙間に見える構図など、
アルバレス・ブラボの技量の高さは言うまでもありません。
しかし一番の魅力は、何気ない写真のなかに暗示されている、
一方には見えて、もう一方には見えない世界の存在ではないでしょうか。

少女だけが見つめる景色。メキシコの喧騒の裏に潜むもう一つのメキシコの姿。
光と影で捉えたアルバレス・ブラボのモノクロ写真には、世界の二元性が静かに開示されています。

(a.i)