静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 「ランス美術館展」コンサートのご報告とお知らせ

「ランス美術館展」コンサートのご報告とお知らせ

2016/09/30

「ランス美術館展」が開幕して、3週間が経とうとしています。

今回のブログは、先日開催したコンサートのご報告と、来月10月に開催するピアノコンサートのお知らせです。

 

まず、9月22日(木・祝)に開催した、コンサート「 バロックから近代へ~音楽でめぐるヨーロッパ~」のご報告から。

チェンバロと静岡児童合唱団・青葉会スペリオルによる合唱で、
展覧会にあわせ、バロックから近代のヨーロッパを中心とした様々な音楽を演奏いただきました。

 

160922 コンサート青葉会 (1).JPG

 

160922 コンサート青葉会 (11).JPG

 

合唱団は、エントランスホールから入場。美しい歌声が館内に響き渡りました。
「喜びの都の女王」、「白銀の白鳥」など、人数も18人・6人・3人と様々な編成で演奏。

 

 

160922 コンサート青葉会 (7).JPG

 

戸﨑廣乃さんによるチェンバロ演奏。
フランス革命歌で、後にフランス国家となった「ラ・マルセイエーズ」。
チェンバロを叩くような奏法で、大砲の音も表現されていました。
展覧会では、フランス革命の指導者マラーの最期を劇的に描いた、
ダヴィッドの《マラーの死》をご覧いただけます。

 

コンサートの最後は、熊本民謡の「五木の子もり歌」。
レオナール・フジタ(藤田嗣治)が、幼少期に熊本で暮らしていたことにちなみ、選曲いただきました。
フジタも、幼い頃にこの子もり歌を聴いていたのでしょうか・・・。

 

 

「ランス美術館展」の出品作品はフランス絵画が中心ですが、
コンサートではフランスだけでなく、
スペイン、スロベニア、ドイツ、イギリス、イタリア、ブルガリア・・・
様々な土地の音楽を演奏いただきました。
音楽史とともに、ヨーロッパ中を旅するようなコンサートでした。

 

 

さて、本展の関連イベントとして、コンサートをもう1本予定しています。

 

コンサート「音楽と美術の幸せな出会い」

 

フランス生まれのピアニスト、パトリシア・パニーさん。
2012年に開催した「ストラスブール展」コンサートでも出演いただきました。
4年ぶりに、静岡市美術館で演奏いただきます!
「ランス美術館展」の代表作品をスライドで投影しながらの演奏も。
美術と音楽の巨匠たちのアンサンブルを、この機会にぜひお楽しみください。

 

ストラスブール展パニーさんコンサート.JPGのサムネイル画像

2012年11月9日 コンサートの様子

 

[日 時]10月23日(日)14:00~(開場13:30)※途中休憩あり
[出 演]パトリシア・パニー(ピアニスト)
[曲 目]ベートーベン《ピアノ・ソナタ第17番ニ短調「テンペスト」》、モーツァルト《ピアノ・ソナタ K.332 ヘ長調》 ほか
[会 場]当館多目的室
[参加料]2,500円(チケット制)
[定 員]100名(全席自由)

 

チケット好評販売中です。ご参加をお待ちしております。

 

(c.o)