「ランス美術館展」コンサートのご報告とお知らせ

2016/09/30

「ランス美術館展」が開幕して、3週間が経とうとしています。

今回のブログは、先日開催したコンサートのご報告と、来月10月に開催するピアノコンサートのお知らせです。

 

まず、9月22日(木・祝)に開催した、コンサート「 バロックから近代へ~音楽でめぐるヨーロッパ~」のご報告から。

チェンバロと静岡児童合唱団・青葉会スペリオルによる合唱で、
展覧会にあわせ、バロックから近代のヨーロッパを中心とした様々な音楽を演奏いただきました。

 

160922 コンサート青葉会 (1).JPG

 

160922 コンサート青葉会 (11).JPG

 

合唱団は、エントランスホールから入場。美しい歌声が館内に響き渡りました。
「喜びの都の女王」、「白銀の白鳥」など、人数も18人・6人・3人と様々な編成で演奏。

 

 

160922 コンサート青葉会 (7).JPG

 

戸﨑廣乃さんによるチェンバロ演奏。
フランス革命歌で、後にフランス国家となった「ラ・マルセイエーズ」。
チェンバロを叩くような奏法で、大砲の音も表現されていました。
展覧会では、フランス革命の指導者マラーの最期を劇的に描いた、
ダヴィッドの《マラーの死》をご覧いただけます。

 

コンサートの最後は、熊本民謡の「五木の子もり歌」。
レオナール・フジタ(藤田嗣治)が、幼少期に熊本で暮らしていたことにちなみ、選曲いただきました。
フジタも、幼い頃にこの子もり歌を聴いていたのでしょうか・・・。

 

 

「ランス美術館展」の出品作品はフランス絵画が中心ですが、
コンサートではフランスだけでなく、
スペイン、スロベニア、ドイツ、イギリス、イタリア、ブルガリア・・・
様々な土地の音楽を演奏いただきました。
音楽史とともに、ヨーロッパ中を旅するようなコンサートでした。

 

 

さて、本展の関連イベントとして、コンサートをもう1本予定しています。

 

コンサート「音楽と美術の幸せな出会い」

 

フランス生まれのピアニスト、パトリシア・パニーさん。
2012年に開催した「ストラスブール展」コンサートでも出演いただきました。
4年ぶりに、静岡市美術館で演奏いただきます!
「ランス美術館展」の代表作品をスライドで投影しながらの演奏も。
美術と音楽の巨匠たちのアンサンブルを、この機会にぜひお楽しみください。

 

ストラスブール展パニーさんコンサート.JPGのサムネイル画像

2012年11月9日 コンサートの様子

 

[日 時]10月23日(日)14:00~(開場13:30)※途中休憩あり
[出 演]パトリシア・パニー(ピアニスト)
[曲 目]ベートーベン《ピアノ・ソナタ第17番ニ短調「テンペスト」》、モーツァルト《ピアノ・ソナタ K.332 ヘ長調》 ほか
[会 場]当館多目的室
[参加料]2,500円(チケット制)
[定 員]100名(全席自由)

 

チケット好評販売中です。ご参加をお待ちしております。

 

(c.o)

 

 

「美術と美酒の街 ランス」

2016/09/28

ランスは、フランス北東部・シャンパーニュ地方の中心都市です。
美術ファンにとっては、中世の「微笑みの天使」の彫刻や、シャガールによるステンドグラスのあるノートルダム大聖堂、レオナール・フジタ(藤田嗣治)晩年の代表作と言われる「平和の聖母礼拝堂」のある街としておなじみかもしれません。
他にもルネ・ラリックによるステンドグラスと、モーリス・ドニの壁画のあるサン=ニケーズ教会など数多くの名所旧跡があり、パリに劣らず世界中の人々を惹きつけています。

 

ランスはまた、「シャンパン」の一大生産地としても有名で、街には大小あわせて5000ものメゾン(フランス語で生産メーカーのこと)があるといわれています。
発泡性ワインは日本をはじめ、世界中で生産されていますが、「シャンパン」と名乗れるのは、このシャンパーニュ地方で厳格な製法を守って造られたもののみです。

 

19世紀以降、「シャンパン」は世界各地で飲まれるようになり、ランスに富をもたらしました。
ランス美術館が所蔵する名品の数々は、19世紀末から20世紀にかけて成功した、メゾンの経営者たちからの寄贈によるものです。
また、先述したフジタの「平和の聖母礼拝堂」も、シャンパンメゾンの経営者の協力により建てられているのです。
シャンパンなくしてランスの美術を語ることはできないでしょう。
現在開催中の「ランス美術館展 美しきフランス バロックからフジタへ」では、シャンパンが育んだ珠玉の作品の数々をご紹介しています。

 

 

また、本展の開催にあわせて、シャンパンを楽しむイベントもご用意しました。

 

「シャンパーニュの夕べ(展覧会レクチャー&シャンパン試飲会)」
当館学芸員のスライドトーク、講師によるシャンパン(シャンパーニュ)についてのレクチャーと試飲を行います。
[日 時]10月8日(土) 18:30~20:30(開場 18:00)
[会 場]多目的室
[参加料]3,500円(チケット制・展覧会観覧券付き)
[定 員]60名

 

チケットは残りわずかです。お早めにどうぞ。
ご参加をお待ちしております。

 

 

3 Dubufe.jpg

 

「ランス美術館展」出品作品より

エドゥアール・デュビュッフ《ルイ・ポメリー夫人》 1875年 ランス美術館蔵
Reims, Musée des Beaux-Arts
©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.

 

 

(k.o)

 

 

ランス美術館展、いよいよ9月10日(土)から!

2016/09/08

8月末に「エッシャーの世界展」が無事に閉幕しました。

夏休みという事もあり、たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

 

ただ今、静岡市美術館は次回「ランス美術館展 美しきフランス バロックからフジタへ」に向け、準備を進めています。

 

美術館内も模様替え・・・

 

ブログ エントランス.jpg

ブログ エントランス2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ランス美術館展お楽しみ企画のお知らせです。

名酒「シャンパン」で有名なシャンパーニュ地方の古都ランスにあるランス美術館。

そのコレクションを紹介する「ランス美術館展」にあわせて、展覧会オリジナルコースターを作りました。

静岡市内の文化施設、美術館近隣書店、図書館などで配布中です。

 

コースター配布用.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピサロの《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》がモチーフ。

水が浸み込みにくい紙でできています。

お手に取って、使ってみてくださいね。

 

 

そして、この配布中のコースターを美術館に持参すると、

別の絵柄のコースター3枚をセットでプレゼント!

※先着500名様、本展をご観覧の方、お一人様1回に限ります。

 

コースタープレゼント用.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼントの3枚のコースターは、ゴーギャン《バラと彫像》、

シスレー《カーディフの停泊地》、デュビュッフ《ルイ・ポメリー婦人》がモチーフです。

 

コースター4枚.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コースター4枚!

どの絵柄がお好みでしょうか??

 

開幕まであと少し・・・。

実物を目にすると、印象も大きく変わるかもしれません。

展覧会会場で、ぜひ本物の作品をご堪能ください。

 

(c.o)

 

 

「ランス美術館展 美しきフランス バロックからフジタへ」

会期:9月10日(土)~10月30日(日)

観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(500)円、中学生以下無料

*( )内は前売りおよび当日に限り20名以上の団体料金

*障害者手帳等をお持ちの方及び介助者原則1名は無料

 

※お得な前売り券は、9月9日(金)までの販売です※

静岡市美術館、チケットぴあ[Pコード:767-707]、ローソンチケット[Lコード:41610]、セブンチケット[セブンコード:047-543]、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店、中日新聞販売店(一部店舗除く)