静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 「没後20年 ルーシー・リー展」関連イベントのご報告

「没後20年 ルーシー・リー展」関連イベントのご報告

2016/05/18

4月16日(土)に本展監修者の金子賢治氏による

記念講演会「ルーシー・リーの造形美 現代陶芸のパイオニア」を、

4月30日(土)に陶芸家の小山耕一氏による

実演&レクチャー「ルーシー・リーの制作技法について」を開催しました。

 

 

金子氏の講演会では、ルーシー・リーの優美で繊細な形の出自を、

古代ギリシャや東洋の陶芸との比較、また同時代の潮流も交えてお話頂きました。

深い考察ながらも軽妙な語りで参加者を飽きさせない、

長年ルーシー・リー作品を研究されてきた金子氏ならではの講演会となりました。

 

kaneko-2.JPG

kaneko-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小山氏のレクチャーでは、掻き落とし、象嵌、スパイラル(練り込み)など、

ルーシー・リーに特徴的な技法について実演を交えてお話頂きました。

目の前で轆轤を挽き、加飾していく姿に惹きこまれ、あっという間の2時間でした。

 

koyama-1.JPG

koyama-2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「没後20年 ルーシー・リー展」は5月29日(日)までの開催です。

白を基調としたニュートラルな空間でルーシー・リー作品をお楽しみ頂けます。

どうぞお見逃しなく。

 

shizubi.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(a.i)