静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 開館5周年記念コラボビール、完成間近!!(前篇)

開館5周年記念コラボビール、完成間近!!(前篇)

2015/08/05

静岡市美術館は、今年開館5周年。
そのメモリアルイヤーに、なんとも珍しいコラボ企画が持ち上がりました。

 

なんと、今年醸造開始1周年を迎える、静岡市唯一のクラフトビール醸造所「AOI BREWING」(以下「アオイさん」)さんが、同じJR静岡駅前にあって、同じ(公財)静岡市文化振興財団が管理運営を行う静岡音楽館AOIの開館20周年と、当館の開館5周年を祝して、それぞれの施設をイメージした「開館周年オリジナルビール」をつくってくれることになったのです!

 

aoi brewing outside.JPG

旧醤油蔵を改造した醸造所。静岡浅間神社のすぐ近くにあります。

 

クラフトビールが全国的なブームとなっている昨今、「クラフトビール×店舗」、「クラフトビール×地場産品」、「クラフトビール×キャラクター」など、様々なコラボ企画をあちらこちらで目にします。

 

しかし!
「クラフトビール×公共施設」のコラボレーションは全国初!(おそらく。)
期せずして、歴史的瞬間を目撃することとなりました。

 

元を辿れば、アオイさん側から静岡音楽館AOIに、「同じ"AOI"同士、何かコラボしませんか?」と、ご提案をいただいたことに端を発するこの企画。
その後、周年記念ビール醸造に話が大きく発展したことで、めでたく当館も企画の仲間入り。
熱狂的なビールファンを多数?有する当財団としても、大きな快挙となりました...!

 
具体的に話が動き始めたのは5月のこと。
それからこれまでの間、醸造長の高さんやマネージャーの福島さんとともに、どんなビアスタイルにするか、どんなホップを使うか、PR作戦をどうするか、ネーミングをどうするか等々、かなり綿密に打ち合わせを積み重ねてまいりました。(おかげで酒量が増えました(笑))

 

 

詳しいビールの紹介などは後篇に回すとして、今回は、案外すんなり?決まった各館のビアスタイルのみ発表させていただきます。

 

まずは、静岡音楽館AOIから。

aoi hall(300dpi).jpg

1995年5月に室内楽専用ホールとして誕生した静岡音楽館AOI。
JR静岡駅前の文化施設では、最も格式高く、古典的な風格が漂います。
そんな優雅さと荘厳さをあわせもつ音楽館からイメージされたのが、ドイツ・デュッセルドルフ市発祥・正統派「アルト」。

 

静岡音楽館AOIといえば「やっぱりドイツ!」とは、醸造長の談。
"オールドイツ"にこだわったアルトづくりがスタートしました。

 
次に、静岡市美術館です。

shizubi entrance (within people).jpg

 

白くて、シンプルで、開放的な雰囲気の静岡市美術館。
そんな当館からイメージされたのは、すっきりスタイリッシュな「フレンチセゾン」。
もともとは田舎で飲まれていた「セゾン」ですが、今ではなんだか「とんがっててお洒落な雰囲気」。
当館のイメージに合うように、小麦を使ってやや白く、マイルドな飲み口のセゾンづくりが始まりました。

 

 
去る7月10日には、財団トップと各館長が、ビールの仕込みのお手伝い。
夕方、担当者のみで再訪したときには、おまけでホップやハーブスパイスの計量や投入まで体験させていただきました。

 

aoi brewing tank.JPG

工場内部。なんだか近未来的!?

 

aoi brewing molt stirring.JPG
モルト撹拌中の田中館長。意外と重たいのです...

 

aoi brewing molt stirring (all).JPG
こぞって麦芽の投入や櫂入れのお手伝い。とても楽しそう(笑)

 

aoi brewing hop.JPG
投入前のホップ。一粒で、とっても苦―いです!

 

aoi brewing herb,spice.JPG
ハーブスパイス粉砕中。工場内部はまるで家庭科室×理科室!

 

aoi brewing sprash.JPG
ホップ一発目の投入では、100度を超える麦汁が一気に噴出!
今回はサービスショット。いつもより多く溢れています(笑)

 

ビール1.jpg
発酵中のビールはこんな感じ。

どこぞのマキアートかと見紛うアルトに、超フレッシュなフレンチセゾン。
まだまだ酵母が混在しているので、かなり濁っています。でも、飲めました...。

 

 

発酵が終わった後、1日2℃ずつ、ゆっくりゆっくり時間をかけて温度を落として、
ゆっくりゆっくり酵母を沈殿させて...

ビール2.jpg

ようやくここまで透明に!!
いわゆる"若ビール"。この状態でもう十分おいしく飲めました。

 

 
・・・と、今回はここまで。

こんな風に、普段はなかなか知ることのできないビールの醸造過程を紹介できるのも、まさにオリジナル企画ならではのことではないでしょうか。

さて次回は、いよいよ完成間近のビールについて、写真とともに詳しくご紹介します。
乞うご期待!

 

aoi brewing brewer.JPG
最後に、まさに職人な醸造長の背中を。
我らのビールを、どうぞよろしくお願いします!!

 

(m.m)