静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 「大原美術館展」観覧者2万人達成と、展覧会グッズのご紹介

「大原美術館展」観覧者2万人達成と、展覧会グッズのご紹介

2015/05/23

久しぶりの更新です。広報担当のAです。

昨日、「大原美術館展 名画への旅」の来館者が2万人を達成しました!

栄えある2万人目の方は、焼津市からお越しのご夫婦でした。

静岡県立美術館で開催中の「篠山紀信展 写真力」をご観覧されたのちに、

当館にお寄りいただいたとのこと。ありがとうございます。

美術館から感謝をこめて、展覧会グッズの詰め合わせ、そして展覧会カタログをお渡しししました。

 

DSC_0009 - コピー (2).JPG

 

さて、「大原美術館展 名画への旅」は、連日多くの方にご来館いただいております。

大原美術館の豊かなコレクションのなかから、厳選した75点の作品を紹介するこの展覧会。

ミュージアムショップでも、展示作品に関連するグッズを取り扱っております。

今回は、上記の2万人目の方にもお渡しした「大原美術館展 名画への旅」グッズ、なかでもオススメのものをご紹介します。

まずはこれ。

 

 

DSCN0618.JPG

 

展覧会グッズといえばコレですね。ポストカードです。

ご観覧後、展示室の様子を振り返りながら、お気に入りの一枚を探すのは、なかなか楽しいものです。

また、郵便に使うのはもちろん、手頃なサイズですので、本棚などに飾ってインテリアとして活用するのもオススメです。

 

さて、次は遊び心あふれるグッズです。

 

DSCN0620.JPG

 

これ、何かお分かりになりますか?

なんと、大原美術館オリジナルマスキングテープです!

柄は、大原美術館の建築をモチーフにしたもの、動物柄、そして、ポール・シニャックの点描のタッチを使ったものの3点です。

これは非常に可愛い一品。

手紙の封や、デスクまわりや手帳でのメモの貼付など、小物が引き立つアイテムです。

個人的には、建築をモチーフにしたテープが好みです。

 

さらにもうひとつ。

 

DSCN0617.JPG

 

大原美術館館長である高階秀爾氏による書籍です。

・・・大学に入学したての頃、『名画をみる眼』をはじめとする高階先生の本を読んで勉強させていただきました。

(もう15年も前の話ですが)

西洋美術を学ぶ上で最適な書籍だと思います。

「大原美術館展」では、通常より多めのラインナップでご著書をご紹介しています。

 

そして最後はコレ。

 

DSCN0613.JPG

 

「大原美術館展 展覧会カタログ」です。

「展覧会のカタログは、重くて持ち帰るのが大変・・・」という方もいらっしゃるかと思いますが、今回のカタログはちょっと違います。

総ページ数184ページにして、重さなんと530g。

コンビニエンスストアで買う500mlのペットボトル飲料と、ほぼ変わらないのです。

大きさもA4より一回り小さいハンディタイプ。

手触りのよい用紙を使い、質感にもこだわりました。

カタログには、大原美術館学芸課長の柳沢秀行氏によるテキスト、出品作品を網羅した作家、作品解説を掲載しています。

また、大原美術館のコレクションを築いた児島虎次郎の3度にわたる洋行、コレクションの形成、美術館開館までを、

それぞれ見開きページで詳細に紹介しました。

展覧会をご観覧後、改めてページを開いて、展覧会や作品の余韻を味わっていただければと思います。

(図録は通販も行っています。詳細はこちら→http://shizubi.jp/cafe/mailorder.php

 

さてさて、このほかにもショップでは様々なグッズを扱っています。

 

DSCN0619.JPG

 

キーホルダーにマグネット、クリアファイルなど、どれも展覧会の魅力を伝えるものばかりです。

「大原美術館展 名画への旅」は会期残りわずかとなりましたが、ぜひご観覧の上、お楽しみいただければと思います。


(R.A)