静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 【国宝・久能山東照宮展】1万人達成!& 洋時計は、11月9日までの公開!

【国宝・久能山東照宮展】1万人達成!& 洋時計は、11月9日までの公開!

2014/11/07

現在開催中の「国宝・久能山東照宮展 家康と静岡ゆかりの名宝」。

10月31日に来場1万人を達成しました!
1万人目のお客様は、静岡市内からお越しの仁科さん。ご友人と一緒にご来館くださいました。おめでとうございます!
※画像は、記念品贈呈後の取材の様子です。

久能山1万人.jpg
















また、展示替えを経て、いよいよ重要文化財「歯朶具足」が登場!国宝「久能寺経」も総入れ替えしました!
そしてなんと、家康が風よけに使っていたという、今は皇室の名宝のひとつとなった、「南蛮人渡来図屏風」も里帰りしています。
今後も、少しずつ展示替えがあります。作品リストはこちら⇒国宝・久能山東照宮展―家康と静岡ゆかりの名宝 作品リスト


スペイン国王から贈られた家康遺愛の品、重要文化財「洋時計」は、11月9日(日)までの展示です。
ゼンマイ式の時打ち付き時計としては、日本最古のもの。みなさま、お見逃しなく!

洋時計.jpg














重要文化財「洋時計 (1581 年マドリッド製刻銘)」久能山東照宮博物館蔵(展示:10/4-11/9)


久能山展展示室_洋時計.JPG



(c.o)



会期:2014年10月4日(土)~11月24日(月・祝)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


静岡市美術館、久能山東照宮を周遊する共通チケットを販売します。
観覧料、交通費あわせて4,160円のところ、2,800円の特別割引価格で販売!!
バスの臨時便増発も決定!ぜひこの機会にご利用ください。