静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 法隆寺展作品紹介④ 「聖徳太子の物語」

法隆寺展作品紹介④ 「聖徳太子の物語」

2014/07/12

聖徳太子は一度に大勢の言うことを理解できた、そんな話を聞いたことがあるでしょう。
太子がこの世をさってから約100年後の『日本書紀』に、超人的な太子像が記されています。

太子信仰の高まりとともに、平安前期に編まれた『聖徳太子伝暦』に基づき、太子に関するエピソードが散りばめられた数幅の掛軸からなる絵伝(伝記絵)が多数描かれ、絵解きされました。中には、太子が二十七歳の時、甲斐の国より献上された黒駒に乗って富士山に登るというものもあります。

太子が建立した大阪・四天王寺の遠江法橋筆の絵伝は、ほぼ事績の年代順にエピソードが描かれ配置されています。なかでも物部合戦の場などは臨場感に富み、人物描写が活き活きとした優品です。
太子の御廟前の叡福寺の絵伝は、エピソードがほぼ四季の順に描かれています。そして、緑青、群青、金泥が用いられた、色彩の美しい魅力的な作品です。


⑧重要文化財 聖徳太子絵伝 第三幅(四天王寺).jpg































重要文化財 聖徳太子絵伝 第三幅 遠江法橋筆 大阪・四天王寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影 佐々木香輔)

(e.y)



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料