この夏、静岡市美術館と静岡科学館る・く・るが相互にイベントを告知します!

2014/07/26

いよいよ夏休みがやってきましたね!
みなさん、この夏はどのように過ごしますか?
きっと、お休みを使って遠方に出かけたり、海やプールに出かけたり、キャンプに行ったりと、楽しい予定を組んでいらっしゃる方も多いかと思います。

そんなみなさんに、静岡市美術館と、静岡科学館る・く・るからご案内です。
静岡市美術館と静岡科学館る・く・るでは、この夏に実施する様々な親子向け、お子様向けのイベント情報を、互いのtwitterアカウント、facebookアカウントでお知らせします。
静岡市美術館では「山本二三展」を、静岡科学館る・く・るでは、日々の催事や「しずおか科学技術月間」で行われるイベントをご案内します。


◆静岡市美術館
「日本のアニメーション美術の創造者 
山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~」
http://shizubi.jp/exhibition/future_140804.php

  山本二三(1953年-)はアニメーションの美術監督・背景画家として、「天空の城ラピュタ」(1986年)、「火垂るの墓」(1988年)、「もののけ姫」(1997年)、「時をかける少女」(2006年)など、日本を代表する数々の名作に携わり、今日まで作品を特徴づける背景画を描き続けています。
本展では、未公開作品を含む、作者自らが選んだ手描きの背景画やイメージボード(準備段階に描かれるスケッチ)など、初期から最新作まで約200点を一堂に紹介し、今なお私たちを魅了してやまない、山本二三の背景画の世界に迫ります。


◆静岡科学館る・く・る
「科学イベントのスタンプラリー しずおか科学技術月間」
http://www.at-s.com/event/featured/kagaku/

 「科学」の不思議さ・面白さをもっともっと広めたい!静岡科学館では大学や研究所、公共施設、NPOなどと協力して「科学」をテーマにしたスタンプラリーを行います。
 子ども向け・親子向け・大人向け、色々なイベントを用意しています。
  この夏、科学の世界に足を踏み入れてみませんか?


静岡市美術館と静岡科学館る・く・る、皆さんは来たことがありますか?
学校で教わる「図工」や「理科」とは違う世界が、美術館や科学館にはあります。絵と出会い、好きな絵をじっと見ながら、思いを馳せること。あるいは、工作、実験、観察で科学の不思議を体験すること。そのどちらにも、日常生活とはちょっと違う「発見」があります。美術館と科学館は、それらを分かりやすく、楽しく体験できるよう、皆さんにお届けします。
今年の夏はいつもと違う、美術と科学をめぐる夏休みにしてみませんか?

どちらも、JR静岡駅から、それぞれ歩いて5分の距離にあります。
 静岡市内にお住いの方はもちろん、市外、県外の方でも、JRを使えば大変アクセスの良い立地です。
この夏、静岡市美術館と静岡科学館る・く・るからお届けする情報を見て、ぜひ興味のあるイベントに来てみてください。皆さんのご来館を心からお待ちしています。

(R.A)

法隆寺展、来場2万人突破!

2014/07/18

本日、「法隆寺展 聖徳太子と平和への祈り」の来場者が2万人を突破しました!

2万人目のお客様は、静岡市内からお越しのお母さんと娘さんでした。
娘さんは、修学旅行のための事前学習に。
お母様は、現地へ仏像を観に行く事はなかなか難しいので、今日は1点1点丁寧に観たい、とお話しくださいました。
お二人には、記念品をプレゼントしました。おめでとうございます!


法隆寺展2万人 ブログ用.JPG
















法隆寺展は7月27日までの開催。いよいよ、会期も残すところ、あと8日となりました。

悪夢を吉夢に変える"夢違観音"  奈良・法隆寺の「国宝 観音菩薩立像(夢違観音)」 
関東伝来の古代金銅仏の白眉  東京・深大寺の「重要文化財 釈迦如来倚像」
盗人に金槌でたたかれアイタタ!と腰を曲げた"アイタタ観音"  兵庫・鶴林寺の「重要文化財 観音菩薩立像」 
清らかで明るい法隆寺の童形像の典型  奈良・法隆寺の「重要文化財 文殊菩薩立像」

全国各地にある白鳳仏を一度に観覧する機会は、滅多にありません。
白鳳のほほえみ・・・その魅力を、じっくり味わってくださいね。
このほかにも、聖徳太子信仰にまつわる名宝や、徳川家康が法隆寺に奉納した品々もご覧いただけます。

どうぞお見逃しのないよう、皆さまのご来場をお待ちしています。



(c.o)



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


法隆寺展作品紹介⑤ 「徳川家康と法隆寺」

2014/07/17


徳川家康と法隆寺というと、あまり関連がないと思われる方もいらっしゃるかと思います。

家康といえば、慶長五(1600)年関ヶ原の戦いで勝利し、征夷大将軍となって江戸幕府を開いた天下人!
ですが、わずか2年で秀忠に将軍職を譲り駿府(静岡)に隠居し、「駿府の大御所」として実権を握りました。
その大御所時代、亡くなる前年の慶長二十(1615)年には、「大坂夏の陣」で家康最大の脅威であった豊臣家を滅亡させています。
記録によれば、家康は前年に行われた大坂の陣の前哨戦、「冬の陣」のさなかの11月16日、戦勝祈願のため奈良・漢國神社に甲冑を奉納、法隆寺に参拝、聖徳太子が物部守屋討伐に用いたとされる弓矢を拝し、法隆寺子院の阿弥陀院に宿泊しています。

この剣はその際に家康が奉納した宝物の1つ。
剣の表に「卍【まんじ】」、茎裏と白鞘には「源家康」とあり、白鞘・剣袋にも徳川家の家紋「三つ葉葵紋」が配されるなど、徳川家康との関係を示す"証"が随所にみられます。
大きな戦を前に仏の加護を求め、太子の勝利にあやかりたいと願った家康の心の表れではないでしょうか。


剣 銘信国および剣袋.png
























剣 銘信国および剣袋 奈良・法隆寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影 佐々木香輔)




なお、10月4日から11月24日まで開催する「国宝・久能山東照宮展―家康と静岡ゆかりの名宝」には、漢國神社に奉納された甲冑も展示予定です。
こちら、なんと関ヶ原に着用したと言われる家康吉祥の具足、「歯朶具足」(久能山東照宮蔵)と同じ歯朶具足。(もちろん久能山の歯朶具足も出ますよ!)
法隆寺展と久能山展併せてご覧いただくのもお勧めです。

006-2*久能山.jpg























006-3*久能山.jpg















重要文化財「歯朶具足」久能山東照宮博物館蔵 ※「久能山




kanngou.jpg

















「伊予札茶絲威胴丸具足」漢國神社蔵 ※「久能山東照宮展」で展示東照宮展」で展示




(s.o)



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料

法隆寺展作品紹介④ 「聖徳太子の物語」

2014/07/12

聖徳太子は一度に大勢の言うことを理解できた、そんな話を聞いたことがあるでしょう。
太子がこの世をさってから約100年後の『日本書紀』に、超人的な太子像が記されています。

太子信仰の高まりとともに、平安前期に編まれた『聖徳太子伝暦』に基づき、太子に関するエピソードが散りばめられた数幅の掛軸からなる絵伝(伝記絵)が多数描かれ、絵解きされました。中には、太子が二十七歳の時、甲斐の国より献上された黒駒に乗って富士山に登るというものもあります。

太子が建立した大阪・四天王寺の遠江法橋筆の絵伝は、ほぼ事績の年代順にエピソードが描かれ配置されています。なかでも物部合戦の場などは臨場感に富み、人物描写が活き活きとした優品です。
太子の御廟前の叡福寺の絵伝は、エピソードがほぼ四季の順に描かれています。そして、緑青、群青、金泥が用いられた、色彩の美しい魅力的な作品です。


⑧重要文化財 聖徳太子絵伝 第三幅(四天王寺).jpg































重要文化財 聖徳太子絵伝 第三幅 遠江法橋筆 大阪・四天王寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影 佐々木香輔)

(e.y)



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


法隆寺展作品紹介③ 「孝行と仏教」

2014/07/05

―16歳の太子

聖徳太子の父君は、太子が15歳の時に即位し用明天皇となりました。
しかしほどなく病に伏してしまいます。太子は帯もとかず、日夜、父の看病をし、香炉を捧げて祈りましたが、翌年、用明天皇はお亡くなりになりました。
法隆寺は、この用明天皇の遺志を継ぎ、推古天皇と太子が建立したといいます。

父・用明天皇の病気平癒を祈る16歳の太子の姿は、「孝養像」と呼ばれ、太子信仰の高まりとともに、孝行と仏教崇拝の象徴として造形化されました。

"播磨の法隆寺""刀田の太子さん"と呼ばれる兵庫・鶴林寺には、香炉を持つ太子の左右に童子、剣と弓矢を持つ天部形を従えるという珍しい図像の孝養像があります。
大らかで堂々としたこの作品の魅力は、太子や童子の大きな目、ふくよかな頬や唇の表現のゆったりした筆使いによるものでしょう。まさに中世の太子像の優品です。



⑥重要文化財 聖徳太子孝養像及び二王子・二天像(鶴林寺).jpg
 






















重要文化財 聖徳太子孝養像及び二王子・二天像 兵庫・鶴林寺蔵 画像提供:奈良国立博物(撮影 佐々木香輔)



(e.y)



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


法隆寺展 来場1万人突破!

2014/07/04

本日、静岡市美術館「法隆寺展 聖徳太子と平和への祈り」の来場者が1万人を達成しました!


























1万人目のお客様は、掛川市からお越しのご夫婦。
静岡市美術館には何度も足を運んでくださっているとの事!
展覧会サブタイトルの"聖徳太子と平和への祈り"とは、どういうものなのか、
これまで観てきたものとは違う発見があるのではないか...そんな事を考えながらご来館くださいました。


法隆寺1万人①.JPG













お二人には記念品を贈呈しました。おめでとうございます!

「法隆寺展 聖徳太子と平和への祈り」の前期展示は7月13日(日)まで。
一部作品を入れ替え、7月15日(火)から後期展示が始まります。
※出品リストは展覧会詳細ページからダウンロードください


皆さまのご来場をお待ちしております!


(c.o)