静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 山本二三展関連ワークショップのお知らせ

山本二三展関連ワークショップのお知らせ

2014/06/01

静岡市美術館では、8月4日(月)から

「日本のアニメーション美術の創造者
山本二三(にぞう)展
~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~」を開催します。

山本二三(1953年-)さんはアニメーションの美術監督・背景画家として、
「天空の城ラピュタ」(1986年)、「火垂るの墓」(1988年)、「もののけ姫」(1997年)、「時をかける少女」(2006年)など、
日本を代表する数々の名作に携わり、今日まで作品を特徴づける背景画を描き続けています。


本展では、未公開作品を含む、作者自らが選んだ手描きの背景画やイメージボード
(準備段階に描かれるスケッチ)など、初期から最新作まで約200点を一堂に紹介します!


その展覧会に先駆け、なんと山本二三さんご本人によるワークショップを開催します!


-----



静岡市美術館・静岡市清水文化会館 連携事業
山本二三展連携事業
「山本二三さんと雲をえがこう」


山本二三さんの作品を特徴づける、輝きを持った積乱雲などの雲の表現。
それは「誰にも真似はできない」と言われており、
「二三雲」として知られています。


本ワークショップでは、山本二三さんと一緒に雲を描きます!
ご本人にレクチャーいただける、貴重な機会です。


[日  時]2014年7月12日(土) 13:00~15:30 
[講  師]山本二三氏(やまもとにぞう・アニメーション美術監督、背景画家)
[会  場]静岡市清水文化会館マリナート 1階ギャラリー
[対  象]小学3年生~6年生 20名(保護者見学可)

詳細はこちらをご覧ください。

皆さまのご応募、お待ちしております!

 
(m.y)

tokikake_.jpg
時をかける少女《踏切》2006年 ⓒ時をかける少女制作委員会2006