山本二三展前売券 7月1日(火)より販売開始!

2014/06/29

7/1(火)より、「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 ~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~」(会期:8/4~9/23)の前売券が発売されます。
今日は、前売券を含めた展覧会のチケットのご紹介です。

今回の展覧会では、券種によって絵柄がすべて替わります。
山本二三さんは、名作アニメーションの背景画をいくつも手掛けています。このため、チケットでも、その幅広い画業をご紹介すべく、絵を替えて制作しました。

それでは早速行きましょう。
まずは「前売券/一般」です。

nizo-maeuri-ippan-gaus.jpg
 

















これには「天空の城ラピュタ」の画像が使われています。
前売券は、展覧会に関心の高いお客様がご購入されることを考え、人気の高い絵柄にしてみました。
朽ちたラピュタ城と、その後ろに見える冴え冴えとした青空が印象的ですね。
特に、大きくて輝きをもった雲は、ファンの間では「二三雲(にぞうぐも)」と呼ばれ、山本二三さんの画風を特徴づける表現のひとつとされています。


続いて、「前売券/大高生・70歳以上」です。

nizo-maeuri-70-gaus.jpg
 

















何のアニメの背景画か、お分かりになりますか?
苔が生した岩や土手。そこに差す柔らかい木漏れ日と、黒く映る水面・・・。
「もののけ姫」の「シシ神の森」の一場面です。「前売券/一般」のチケットとは雰囲気を変え、少し落ち着いた印象を受けますね。
「もののけ姫」の背景画は、山本二三さんの迫真性の高い描写力を堪能できる、展覧会の目玉のひとつです。


ここからは、当日券(8/4~9/23の展覧会会期中に販売するチケット)のご紹介です。

「当日券/一般」はコチラです。

nizo-toujitsu-ippan-gaus.jpg

















先ほどの「前売券/一般」のご紹介で、「二三雲」についてご紹介しましたが、「当日券/一般」は、それをじっくり味わうことの出来る絵柄です。
展覧会を開催するのは8月、夏の盛りです。空には夏の入道雲が、もくもくと浮かんでいることでしょう。二三さんの描く雲と実際の雲、展覧会から帰るとき、空を見ながら比べてみるのも面白いかもしれません。


続いて、「当日券/大高生・70歳以上」です。

nizo-toujitsu-70-gaus.jpg
 

















「時をかける少女」の「洗い場」を使っています。
夏の暑いグラウンド、その匂い、湿度、木陰の涼やかな空気。
私はこの絵を見ると、夏の学校の思い出が、フラッシュバックのように脳裏によみがえってきます。
山本二三さんの作品は、その迫真性から、描かれた場の音、匂い、空気感を、見る者に想起させる(あるいは個人の記憶と結びつけて思い出させる)力があると思います。
「時をかける少女」の舞台は夏です。細密な描写、豊かな色彩による背景画は、我々が持つひと夏の記憶を呼び覚まし、個々人の思い出や経験とつながり、感情を動かします。細部にまで描きこまれた背景画は、アニメーション作品に強さを与え、物語に深みを持たせています。「時をかける少女」は、そうした背景画がアニメーションで担う役割を、雄弁に物語っていると言えるでしょう。

アニメが好きで、どの作品も見た経験のある私にとっては、もし美術館職員でなければ、全部集めて並べて眺めたい・・・!と、言ってしまうような気がします笑。
前売券販売は7/1(火)からです。
チケットを見て、展覧会を楽しみにしていただければと思います。


◆前売券情報
7月1日(火)から8月3 日(日)まで販売 
静岡市美術館、チケットぴあ[Pコード766-162]、ローソンチケット[Lコード47559]、セブンチケット[セブンコード030-540]、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN &ジュンク堂書店新静岡店
※各種プレイガイド、コンビニエンスストアでのチケットは、絵柄のない機械発券となりますのでご注意ください。

(R.A)



法隆寺展作品紹介② 「日本のお釈迦様 聖徳太子」

2014/06/29

小さな手を合わせてお祈りする聖徳太子の作品を紹介します。

赤い袴を身に着け、上半身は裸ですが、その肩や二の腕などはふくふくとした幼児そのものの愛らしい姿をしています。
きっと身近に小さなお子様がいる方はよくわかるのではないでしょうか?
ですが、顔をよく見てみると姿に似合わぬ(?)きりりとした表情!凛とした立ち姿!!
とても2歳児とは思えません。。。

なぜこのような子どもの姿をした聖徳太子像が作られたのか。

平安時代中期に作られた、太子のさまざまな奇跡を年代順に記した伝記『聖徳太子伝暦』によれば、聖徳太子はわずか2歳(満1歳)にして、釈迦がお亡くなりになった2月15日に東方を向いて「南無仏」と唱えたと言われています。
まるで誕生後7歩あるき、「天上天下唯我独尊」と唱えたお釈迦様に似た逸話ですね。
聖徳太子は日本に仏教を広めた「祖」として、お釈迦様の再来と信じられ尊敬され、信仰されたのです。

鎌倉時代以降、このような「聖徳太子二歳像」いわゆる「南無仏太子像」が多く作られました。
今回紹介した「聖徳太子二歳像」も、その一つ。
調査によって像内に「徳治二年」(1307)と書かれた墨書が発見され、鎌倉時代の古いお像だと分かりました。



④聖徳太子二歳像(法隆寺).jpg






























聖徳太子立像(二歳像)奈良・法隆寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影 森村欣司)



(s.o)



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


法隆寺展作品紹介① 「夢違観音のほほえみ」

2014/06/21

法隆寺といえば、修学旅行で、観光で、多くの人が一度は尋ねたことのある、奈良を代表するお寺ですね。
法隆寺金堂には、有名な釈迦三尊像があります。中国・初唐の文化を反映したアルカイックスマイルのこのお像の迫力たるや、まさに圧倒されてしまいます。
このお像を拝んだ後、大宝蔵院の観音菩薩立像(夢違観音)をみてみると、その優しく清々しい表情、しなやかな曲線美に、えもいわれぬ安らかな気分になったことを思い出す方も多いでしょう。

この夢違観音は、東院夢殿の後方に建つ絵殿の本尊として伝来しました。
夢違観音と呼ばれるのは、このお像を拝めば、悪い夢を良い夢に変えてくださる、という信仰からだといいます。
因みに少なくとも江戸時代にはこのような信仰があったことが知られています。
聖徳太子が活躍した一四〇〇年前、日本独自の明朗な白鳳文化が開花しました。
その申し子というべき夢違観音の、少年のような表情や優しいほほえみをみるにつけ、人々がこのお像から感じる気持ちは、今も昔もかわらないのではないか、そんなことを思います。

本展では関東白鳳仏の白眉、調布・深大寺の釈迦如来倚像、播磨の法隆寺・鶴林寺の観音菩薩立像(通称アイタタ観音)など、白鳳仏の名品が、360度、どの方向からも見られるまたとない機会です。

ぜひおでかけください!


①国宝 観音菩薩立像(夢違観音)(法隆寺).jpg

























国宝 観音菩薩立像(夢違観音) 奈良・法隆寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影 佐々木香輔)


③重要文化財 釈迦如来倚像(深大寺).jpg























重要文化財 釈迦如来倚像 東京・深大寺蔵 Image: TNM Image Archives


②重要文化財 観音菩薩立像(鶴林寺).jpg
































重要文化財 観音菩薩立像 兵庫・鶴林寺蔵 画像提供:奈良国立博物館(撮影 佐々木香輔)


(e.y)



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


法隆寺展、開幕しました!

2014/06/14

本日、「法隆寺展-聖徳太子と平和への祈り-」が開幕いたしました。
初日からたくさんのお客様で賑わっています。


昨日は開幕に先立ち、開幕式・内覧会を開催。
内覧会では、展示室の夢違観音さんの前で、法隆寺のみなさまによる法要を行いました。

法要.JPG














そして本日は、展覧会関連イベント 講演会①「和の精神と日本文化 -日本の宗教観と平和精神-」を開催しました。
 
講演会①.JPG














大野管長.JPG















講師は、法隆寺管長の大野玄妙師。
聖徳太子の説いた和の精神について、出品作品にも触れつつ、ご講義いただきました。




法隆寺展は、国宝・夢違観音をはじめ、重要文化財20件を含む全69件の仏教美術の名品が勢ぞろい!
出品作品の詳細等も、ブログで随時ご紹介していきますね。

本展は、7月27日までの開催です。
みなさまのご来館をお待ちしております。



会期:2014年6月14日(土)~7月27日(日)
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*( )内は当日に限り20名以上の団体料金
*障害者手帳等をお持ちの方及び必要な介助者は無料


(c.o)

山本二三展関連ワークショップのお知らせ

2014/06/01

静岡市美術館では、8月4日(月)から

「日本のアニメーション美術の創造者
山本二三(にぞう)展
~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、時をかける少女~」を開催します。

山本二三(1953年-)さんはアニメーションの美術監督・背景画家として、
「天空の城ラピュタ」(1986年)、「火垂るの墓」(1988年)、「もののけ姫」(1997年)、「時をかける少女」(2006年)など、
日本を代表する数々の名作に携わり、今日まで作品を特徴づける背景画を描き続けています。


本展では、未公開作品を含む、作者自らが選んだ手描きの背景画やイメージボード
(準備段階に描かれるスケッチ)など、初期から最新作まで約200点を一堂に紹介します!


その展覧会に先駆け、なんと山本二三さんご本人によるワークショップを開催します!


-----



静岡市美術館・静岡市清水文化会館 連携事業
山本二三展連携事業
「山本二三さんと雲をえがこう」


山本二三さんの作品を特徴づける、輝きを持った積乱雲などの雲の表現。
それは「誰にも真似はできない」と言われており、
「二三雲」として知られています。


本ワークショップでは、山本二三さんと一緒に雲を描きます!
ご本人にレクチャーいただける、貴重な機会です。


[日  時]2014年7月12日(土) 13:00~15:30 
[講  師]山本二三氏(やまもとにぞう・アニメーション美術監督、背景画家)
[会  場]静岡市清水文化会館マリナート 1階ギャラリー
[対  象]小学3年生~6年生 20名(保護者見学可)

詳細はこちらをご覧ください。

皆さまのご応募、お待ちしております!

 
(m.y)

tokikake_.jpg
時をかける少女《踏切》2006年 ⓒ時をかける少女制作委員会2006