「はじめての美術 絵本原画の世界2013」展、いよいよ明日まで!

2013/10/26

9月14日に開幕した「はじめての美術 絵本原画の世界2013」展、会期も残すところあと1日...
いよいよ明日までの開催となりました。
会期中の平日は幼稚園や小学校の皆さんが、休日はご家族でご来館される姿が多くみられました。
毎日、たくさんの方にご来場いただきました。

 

さて、遅くなりましたが来場1万人記念・3万人記念のご報告です。

 

開幕から10日目の9月25日に来場者が1万人を達成しました。

絵本原画 1万人.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1万人目のお客様は、静岡市内よりお越しのご家族二組!
お子さんたちが幼稚園のお友達同士とのことで、今日はご一緒にご来館いただきました。
ありがとうございます!

 

 

そして、10月17日には3万人を達成しました。

絵本原画 3万人①.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3万人目のお客様は浜松市からお越しのご家族3人。
親子3世代でお越しいただきました。
当館にはよく足を運んでいただいているとの事。また遊びに来てくださいね!

 


「はじめての美術 絵本原画の世界2013」展は、明日までの開催!
沢山のご来場をお待ちしております。

 

(c.o)

 

ぞうくんと一緒に、JR静岡駅から静岡市美術館へ歩いてみました

2013/10/19

「はじめての美術 絵本原画の世界2013」の会期も、あとわずか...。
10月27日(日)までの開催、そして静岡市美術館が最終会場です。この機会をお見逃しなく!

 

さて、当館はJR静岡駅北口にある葵タワーの3階にあります。

地下道を利用すれば徒歩3分と駅から大変近い場所です。
今回は、JR静岡駅から当館までのアクセスを、ぞうくんたちと一緒にご案内します。
※【地下道編】と【地上編】があります。

 


【地下道編その1】


① JR静岡駅北口の地下道入り口
新幹線・在来線の改札を出て右手が北口です。階段を降りて、地下道へ。

①静岡駅北口.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

②静岡駅北口.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 北口駅前地下広場 
展覧会の大きな看板が見えます。看板のある壁に沿って、進みます。

⑤静岡駅地下道局面壁.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
③ 葵タワーの入り口が見えてきました。左手と前方に看板があります。

⑥紺屋町地下道.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦紺屋町地下道葵タワー前.JPG


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ ③をまっすぐ進んだら、正面に見えてくるエスカレーターをつかって、3階へ!
(エスカレーター手前の飲食店フロアを通ると、美術館への直通エレベーターもあります!⇒⑥へ)

(地下~1階)

⑧葵タワー地下エスカレータ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2階~3階)

⑨葵タワー2階戸田書側エスカレータ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤ 3階美術館入り口です(紺屋町商店街側)
《ぐりとぐら》に登場するたまごのからを再現した、写真撮影コーナーです。

⑩3階 戸田書側.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ (③より)葵タワー地下1階にある飲食店街を抜けると、静岡市美術館直通の専用エレベーターがあります。
ドアが展覧会仕様になっています!ぞうくんが、ぞうくんと対面しました。

⑪地下専用エレベータ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エレベーターをおりた左手が静岡市美術館入り口です(国道1号線側)

⑯市美に着いた!.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【地下道編 その2】
① 北口を出ると、目の前にバス乗り場、左手にタクシー乗り場があります。
バス乗り場とタクシー乗り場の間を通ると、地下道への入り口があります。
大きな看板が目印です。
(左手前方にみえるのが、葵タワー)

③静岡駅吹抜け.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段・エスカレーター・エレベーターのいずれかを使って、地下道へ。

④静岡駅吹抜け.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 北口駅前地下広場に出ます。あとは、【地下道編その1】③以降と同じ道すじです。

⑤静岡駅地下道局面壁.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【地上編】
① 北口を出て左手に進むと、正面に静岡音楽館AOI(静岡中央郵便局)の建物が見えてきます。
横断歩道を渡らずに右折し、静岡音楽館AOIを左に見ながら進むと、大きな道路があります。

これが国道1号線です。国道1号線を渡ると、葵タワーです。

⑫aoi.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑫葵タワー外観.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぞうくんたち、信号待ちです。
葵タワーはもう目の前!3階の窓に美術館のロゴマークも見えます。

⑬葵タワー外観2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 葵タワー1階のエントランス。
エスカレーターもしくは、直通の専用エレベーターで3階へ!

⑭葵タワー1階エントランス2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、葵タワーエントランスでは、写真展「徳川慶喜の姿」を開催中です!

葵タワーエントランス.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ 3階に到着!エレベーターをおりた左手が入り口です。

⑮3階国道側.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようこそ、静岡市美術館へ!

⑯市美に着いた!.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のブログ作成のために、街中をぞうくんたちと歩いていたら、いろんな方に「ぞうくんがお散歩してる!」と声をかけていただきました。ありがとうございます。
なお、本展会期中、ぞうくんたちは館内の案内をしていますので、街中にはいません。
今回ご紹介した看板等を目印にしてくださいね。
皆さまのご来館をお待ちしております。

 

 

竹千代くん.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡駅北口の竹千代像と一緒に。

 

(c.o)


 

 

写真展「徳川慶喜の姿」展、開催しています!

2013/10/14

今から146年前の慶応3年10月13日は、政権を朝廷に返上する旨(大政奉還)が在京の諸藩に伝えられた日。

日本を近代国家へと導く、その重大な判断を下したのが江戸幕府十五代、最後の将軍となる徳川慶喜です。

 

徳川慶喜、と聞くとまさにこの大政奉還が一番に思いつく方も多いと思います。
では将軍職を辞した慶喜はその後どのように暮らしたのでしょうか?
11月2日から当館で開催する「没後100年 徳川慶喜」展は、慶喜の幼少から晩年までを紹介する展覧会です。特に将軍職を辞した後の慶喜に焦点をあて紹介します。

 

その展覧会に先んじてただ今静岡市美術館がある葵タワー1階のエントランスでは、写真展「徳川慶喜の姿」展を開催しています。
本展では慶喜の幼少期、幕末期(将軍時代)、静岡時代、そして晩年の東京時代まで4つの時代にわけ、慶喜の"姿"からその生涯を辿っていきます。
今回は数ある慶喜の肖像画や肖像写真のうち、14点を厳選。展覧会の予習もこれでばっちり(かも)です!
会期中はご自由にご覧いただけますので、ぜひ見に来てください。

 

写真展「徳川慶喜の姿」
会期:10月5日~12月15日 7:00~23:00
会場:葵タワー1階エントランス
観覧料:無料
協賛:葵タワー管理組合法人

 

写真展.JPG