静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > しずびオープンアトリエ「ルドンの"色"とあそぼう!」毎日開催中です!

しずびオープンアトリエ「ルドンの"色"とあそぼう!」毎日開催中です!

2013/08/07

暑い日が続きますが、皆さま体調などくずされておりませんでしょうか??

 

さて、ただ今静岡市美術館では、この季節恒例「しずびオープンアトリエ」を開催中です!

所要時間1時間、参加料200円、予約不要という、気軽に参加できるこのプログラム。
今年の夏は「オディロン・ルドン 夢の起源 幻想のふるさと、ボルドーから」展にあわせて、

フランス・ボルドー生まれの画家ルドンも使った、"パステル"を使って絵を描く内容になっております。

  25夏オープンアトリエちらし_小.jpg


みなさん、パステルという画材をご存じですか?
パステルは、粉状の顔料を粘着剤で棒状に固めたもの。
顔料がそのまま紙にのるから、発色がとてもきれいです。

atorie2.JPG

 

では、プログラムの様子をご紹介していきます。

まずはこちらの絵をご覧ください。

 


これは、ルドンが17歳の頃に知り合った、アルマン・クラヴォーという植物学者が描いた

《植物学素描1 標本画5 裸子植物》

《植物学素描1 標本画30 藻類》です。

atorie3.jpg

atorie4.jpg


顕微鏡からみた裸子植物、藻類。よく見ると、本当におもしろい形がいっぱいです。

ルドンも、"肉眼ではみえない未知の世界"に大きな影響を受けたそうです。

ブログ用.jpg
   

今回のプログラムでは、この裸子植物や藻類を

夢の中の「生き物」に見立ててパステルで色付け、そして最後に"眼"を入れて仕上げていきます!

atorie14.jpg atorie15.jpg
    
9種類の「生き物」から1つを選んだら...

atorie16.JPG

 

まずは、背景から色付け!ソフトパステルから同系色3色を塗り重ねていきます。
atorie17.JPG atorie18.JPG

 

次に生き物。背景で選んだ色とは反対色の"補色"から選択します。ここで役にたつのが色相環!

背景が黄色だったら、生き物は青になりますね。

atorie19.jpg atorie20.JPG


次の工程では、「生き物」を立体的にしていきます。

細かい線を重ねるのに向いているハードパステルで描いていきます。

蛍光色のハードパステルも用意しています。

atorie21.JPG


線を同じ方向、網掛け、長いストロークなど、いろいろ工夫しながら引くことで...


こんなに、生き物が活き活きと見えてきました!
atorie23.JPG atorie24.JPG 

 

さあ、ここから仕上げに向かっていきます。
生き物をより強調するために、背景を塗っていきます。


atorie25.JPG atorie26.JPG 


最後のキモが、"眼"入れ!!


atorie27.JPG atorie28.JPG 

 

完成した「生き物」たちがこちら!!

atorie30.JPG

DSCN1030.JPG

atorie31.JPG

DSCN1014.JPG

    

「前回のオープンアトリエが楽しくって!」と今回も参加して下さった方々や、

パステルは初めてだったけど、丁寧に教えてくれてすごくわかりやすかったとの声も!


atorie33.JPG

atorie34.JPG

atorie40.JPG  

 

しずびオープンアトリエは、8月18日まで、毎日開催しています!
小学生以上であればどなたでも、もちろん大人の方も大歓迎ですよ。

ぜひご参加をお待ちしております!!
(s.m)