静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 年の瀬に...「しずびチビッこプログラム」2回分の、ご報告です!

年の瀬に...「しずびチビッこプログラム」2回分の、ご報告です!

2012/12/28

さて、2012年も残すところもうわずか。静岡市美術館では、来年2日にオープンする、

「近江巡礼 祈りの至宝展」の準備もちゃくちゃくと進み、後は年が明けるのを待つのみ、という状況です。


さて、今年が終わる前にどうしてもご報告をと、
9/29に開催した、「フィンランドのくらしとデザイン展」、11/10に開催した「ストラスブール美術館展」の

「しずびチビッこプログラム」の模様をお伝えします。
 
お待ちいただいた皆さま、ご報告が遅くなり本当に申し訳ございません...!
今年も終わる、ということで、これまでのプログラムの模様もよろしければご覧ください。


H23年度5回分はこちら→

「ハンス・コパー展」

「歌川国芳展」

「セガンティーニ展」 

「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」

「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」 

H24年度2回分はこちら→ 

「森村泰昌モリエンナーレ」

「七夕の美術」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、それでは当日の模様をお送りします。
まずは、「フィンランドのくらしとデザイン展」しずびチビッこプログラムから!

プログラム恒例、ニョロクッションをつなげてあそんだ後に...


f1.JPG

  
f2.JPG 
 

 

展覧会出品作品を鑑賞して、子ども達と一緒に、フィンランドという国を体感します。
まずは一面雪景色の作品から。静岡では見られない景色に、子ども達も引き込まれます。
 
f3.JPG

 


白一面の景色から一転、鮮やかなマリメッコのパターンです。
インパクトのある花柄は子ども達にも人気!
 


f4.JPG 

 
ポケットたくさんの洋服、何を入れようかな~
 
f5.JPG

 

紙をハサミで切ってできた形を生かした連続パターン。"石ころ"がモチーフになっています。
 
f6.JPG

 

 さて、今回は、フィンランドのテキスタイルをヒントに、エコバックのデザインに挑戦!


まずは...
名刺大サイズのラベルシートをハサミで自由に切り抜きます。真剣に見守る子どもたち。
 

f7.JPG 

 

 

自由に切った形を、折りたたんだラベルシートに貼り、
重ね切りして広げると、、、
 
f8.JPG

この様に、連続したパターンが出来上がります!
 
 
それを、エコバックに貼りつけて(これが、ラベルシートを使った理由!)、
ファブリックメディウム(布用定着剤)をまぜたアクリル絵の具で塗り、ラベルシートをはがすと・・・
 
f9.JPG

くっきり、鮮やかに、形が写し取られます!
 
工程がわかったところで、さっそく子どもたちも挑戦!
はさみが使える子どもたちは自分で、小さい子どもたちはスタッフがお手伝い。

f10.JPG
 

  

f11.JPG

 
f27.JPG  

 

そして、エコバックに貼りつけます。

f12.JPG
 
 
 
 
エコバックの裏面には、切り抜いた方のかたちも、思い思いに貼りつけます。


f13.JPG

 

 

f14.JPG

 

 

f15.JPG  
「これは新幹線だよ!」...なるほど!
 
貼り終わったところで...
 


刷毛を持って、いよいよ色を塗っていきます!
表裏に彩色するので中にはビニールを挟んであります。
 
f16.JPG

 

f17.JPG 
 
 
かわいいハート型が効いていますね!


f18.JPG 
 

裏面になると、どんどんダイナミックな筆さばき、色づかいになっていく
子どもたち...
 
f19.JPG

 

 

f20.JPG 
 
 
そして、出来上がった作品がこちら!


f21.JPG

 

 

f22.JPG

 

 

f23.JPG

 

 

f24.JPG 
 
 
 
 

最後は並んで、記念写真をとりました!


f25.JPG 

 

展覧会を鑑賞していたお父さん、お母さんにも「すごいね~!」と喜んでいただきました。


f26.JPG 

 

他の誰とも違う、自分だけのバックが完成。ぜひ、普段の生活の中で使ってくださいね!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

つづいて、「ストラスブール美術館展」しずびチビッこプログラムをご紹介します!

 

 

ニョロクッションをつなげてあそんで...


s1.JPG 

 

s2.JPG

 

 

まずは、出品作品を鑑賞します。


s3.JPG

 

 

さて、今回は、20世紀シュルレアリスムの作家が実験的にとりくんだ「デカルコマニー」「フロッタージュ」という技法を子どもたちも体験します。
名前だけ聞くと、???の子どもたちですが、、、

 

 

まずは「デカルコマニー」から。
皆さんも一度はやったことがあるのでは?

 

 

紙を半分に折り、そこに、絵の具をチューブから直接出します。
そして、広げると...

 

s4.JPG

ほら、このとおり!
赤カブみたいなもようができあがりました!「すごーい!!」の歓声があがります。

 

 

 

子どもたちもさっそく挑戦!


s5.JPG

 

 

二つ折りにして、しっかり押さえて、、、


s6.JPG

 

 

まるで、赤毛のアンみたいな、おんなのこの顔が!!

s7.JPG

 

 

何度やっても飽きないのがこの「デカルコマニー」。
たくさんの作品ができあがりました。


s8.JPG

 

 

 

s9.JPG

 

 

s10.JPG

 

 

s11.JPG

 

 

s12.JPG

 

 

s13.JPG

  

 


続いて、「フロッタージュ」を体験します。


s14.JPG

 

「フロッタージュ」は正しくはこすりとる技法ですが、今回はいろいろなものの素材を写し取って、そのかたちを楽しみます。

 

子どもたちもさっそく挑戦!

 

用意したものは、段ボール、プチプチ、ねじりロープ、いろいろな形のスポンジ、
おはじき・・・

s15.JPG

 

 

s16.JPG

 

 

s17.JPG

 

出来上がったのがこちら!

 

s17-1.JPGのサムネール画像のサムネール画像 

 

 

s17-2.JPG

 

 

s17-3.JPG

 

 

そして...仕上げに、この「デカルコマニー」と「フロッタージュ」の技法をつかって...
ベニヤ板に絵を描きます!「わぁ~!!」と歓声。


s18.JPG

 

 

まずは、絵の具をたーっぷりとのせて・・・
絵の具のサイズも特大に!


s19.JPG

 

s20.JPG

 

 

s22.JPG

 

 

その上に紙をのせて、しっかりと押えます。そーっとはがして、
いろんな道具でかたちを写し取ります!

s21.JPG 

 

 

s23.JPG

 

 

s24.JPG 

 

 

s25.JPG 

 

 

最後に記念写真をぱちり!

s26.JPG

 

りっぱな作品が出来上がりました。どれも力作。
子どもたちのエネルギーが、そのまま表れていますね。

「しずびチビッこプログラム」は来年以降も、展覧会ごとに開催していきます。
ご参加、お待ちしております!


(s.m)