静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 今日はロートレック、明日はドニの誕生日!

今日はロートレック、明日はドニの誕生日!

2012/11/24

ストラスブール美術館展も残すところ20日を切りました。

まだご覧になられていない方、お早目に静岡市美術館にお越しください!

ということで、本日は画家たちの誕生日を祝いながら、展覧会の見どころをご紹介するという好評企画(?)の第2弾。

 

今週末はなんと2人の画家が誕生日を迎えます。

 

まずは本日11月24日生まれ、生きていれば御年148歳、

 

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック さんです。

長い名字から推察できるかもしれませんが、彼は貴族の息子として1864年に南仏のアルビという町に生まれました。

1882年に画家を志してパリに出た彼は、キャバレーの踊り子や女優など華やかな都市生活を彩る女性たちの姿を描き、また数多くのポスターを制作したことでも知られています。

今回の展覧会では、マルセル・ランデールという女優を描いた作品をご紹介しています。

ロートレック.jpg

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《マルセル・ランデール嬢の胸像》1895年 8色リトグラフ・紙 ストラスブール美術館

 

このマルセル・ランデールは「赤毛のマルセル」とも呼ばれ、当時のパリでは1、2を争う女優の一人でした。ロートレックは彼女のことを気にいっていて、なんと24回も(!)マルセルが出演する同じ演目を見に行っていたとか。この作品以外にも、彼はマルセルを描いた作品をたくさん残しています。

 

そして明日25日は、モーリス・ドニの誕生日。

1870年生まれ、生きていれば142歳です。

ゴーギャンの影響を受け、平面的な彩色、画面構成を特徴とした「ナビ(預言者の意)派」の一人であったドニは、家族や友人などの身近な人々のいる風景を多く描きました。またキリスト教美術の復興にも力を注ぎ、教会のステンドグラスなども制作しています。

今回の出品作の《室内の光》には、そうしたドニの2つの特徴がよくあらわれています。

 

ドニ.jpg

モーリス・ドニ 《室内の光》 1914年頃 油彩・カンヴァス ストラスブール美術館

 

この作品では、彼の妻と娘たちが描かれ、一見幸せな家族の肖像画なのですが、娘たちの取るポーズは、祈りや神への感謝を表すための奉納を表しており、神への愛という意味も持たせています。いわばドニなりの「愛の象徴」として描かれている作品なのです。

また、ドニは調和と均衡を大切にし、この作品の中でも右の果物盆を持つ娘と、背景の壁画の人物のポーズを同じにするなどして安定的な構図を作り出しています。

ちなみに私生活でも良き夫、良き父だったそうで、娘が文学に興味を持ったときはお互いにアイデアの交換などもしていたようです。

ドニの幸福感があふれ出ているような作品で、見ているこちらも幸せな気分になってきませんか?

 

と、いうことで、

ロートレックさん、ドニさん、お誕生日おめでとうございます!

 

(K.O)