今日はロートレック、明日はドニの誕生日!

2012/11/24

ストラスブール美術館展も残すところ20日を切りました。

まだご覧になられていない方、お早目に静岡市美術館にお越しください!

ということで、本日は画家たちの誕生日を祝いながら、展覧会の見どころをご紹介するという好評企画(?)の第2弾。

 

今週末はなんと2人の画家が誕生日を迎えます。

 

まずは本日11月24日生まれ、生きていれば御年148歳、

 

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック さんです。

長い名字から推察できるかもしれませんが、彼は貴族の息子として1864年に南仏のアルビという町に生まれました。

1882年に画家を志してパリに出た彼は、キャバレーの踊り子や女優など華やかな都市生活を彩る女性たちの姿を描き、また数多くのポスターを制作したことでも知られています。

今回の展覧会では、マルセル・ランデールという女優を描いた作品をご紹介しています。

ロートレック.jpg

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《マルセル・ランデール嬢の胸像》1895年 8色リトグラフ・紙 ストラスブール美術館

 

このマルセル・ランデールは「赤毛のマルセル」とも呼ばれ、当時のパリでは1、2を争う女優の一人でした。ロートレックは彼女のことを気にいっていて、なんと24回も(!)マルセルが出演する同じ演目を見に行っていたとか。この作品以外にも、彼はマルセルを描いた作品をたくさん残しています。

 

そして明日25日は、モーリス・ドニの誕生日。

1870年生まれ、生きていれば142歳です。

ゴーギャンの影響を受け、平面的な彩色、画面構成を特徴とした「ナビ(預言者の意)派」の一人であったドニは、家族や友人などの身近な人々のいる風景を多く描きました。またキリスト教美術の復興にも力を注ぎ、教会のステンドグラスなども制作しています。

今回の出品作の《室内の光》には、そうしたドニの2つの特徴がよくあらわれています。

 

ドニ.jpg

モーリス・ドニ 《室内の光》 1914年頃 油彩・カンヴァス ストラスブール美術館

 

この作品では、彼の妻と娘たちが描かれ、一見幸せな家族の肖像画なのですが、娘たちの取るポーズは、祈りや神への感謝を表すための奉納を表しており、神への愛という意味も持たせています。いわばドニなりの「愛の象徴」として描かれている作品なのです。

また、ドニは調和と均衡を大切にし、この作品の中でも右の果物盆を持つ娘と、背景の壁画の人物のポーズを同じにするなどして安定的な構図を作り出しています。

ちなみに私生活でも良き夫、良き父だったそうで、娘が文学に興味を持ったときはお互いにアイデアの交換などもしていたようです。

ドニの幸福感があふれ出ているような作品で、見ているこちらも幸せな気分になってきませんか?

 

と、いうことで、

ロートレックさん、ドニさん、お誕生日おめでとうございます!

 

(K.O)

 

 

「Shizubi Project 2 ひそやかな眼差し 小林且典」11月25日まで開催中です!

2012/11/18

展示室では「ストラスブール美術館展-モダンアートへの招待」が好評開催中ですが、

エントランス・多目的室では、「Shizubi Project 2 ひそやかな眼差し 小林且典」が同時開催されています。

 

こちらの展示、タイトル通り"ひそやかに"、実は8月28日から始まっておりました。

そして、会期も残すところあと一週間ほど...。

遅くなりましたが、関連イベントのご報告も兼ねてご紹介したいと思います。

 

「Shizubi Project」とは、当館のどなたでも無料でお入り頂けるエントランスホール、多目的室の

開放的な空間を活かして、現代のさまざまな美術の姿をご紹介するプロジェクト。

第1回目は昨年度、彫刻家の袴田京太朗さんをご紹介しました(→http://shizubi.jp/event/20110712-1023.php)。


第2回の今年は、彫刻家・写真家の小林且典さんを取り上げています。

「彫刻家・写真家」とあるように、小林さんは、彫刻作品制作して、その作品を自ら写真に撮る、

というスタイルをとっていらっしゃいます。

手前に映っている作品はブロンズで出来ていますが、

向こう側の壁には、そのブロンズを映した写真作品がかけられています。

 

kobayashi1.JPGのサムネール画像

 

また今回の展示では、最新作だけでなく、小林さんのこれまでの作品も展示しています。

イタリア留学時に出会ったろう型鋳造法をもとに制作されたブロンズ作品のほか、

フィンランドの芸術家村フィスカルスでの滞在を機に始めた、木のシリーズ。

写真作品もゼラチンシルバープリント、カラープリントのほか、

プラチナプリントという、字のごとく「プラチナ」を使った焼き付け方法で印画された作品まで、

ダイジェストではありますが、ご紹介しています。

 

永い時間を生き抜いてきたような佇まいをみせるブロンズ彫刻と、

その彫刻を撮影しながらも、どこか人の気配を匂わせる写真作品。

ふらりと美術館に訪れた方々が、小林さんの作品世界に惹きこまれるかのように

じっくりと鑑賞している姿が、会期中よく見られました。

この想定外の作品との出会いが、まさに「Shizubi Project」の醍醐味です。

 

kobayashi2.JPG

 

そして!

今回の展示にあわせて、『小林且典作品集 ひそやかな眼差し』が

当館監修のもと、みすず書房さんから刊行されました!

 

kobayashi3.JPG

 

西洋美術史家の岡田温司さんによる素敵なテキスト、

平野太呂さんによるアトリエ撮りおろし写真、当館学芸員の解説2本のほか、

インスタレーションビュー、英訳が付録でついてきます。

内容も盛りだくさんですが、小林さんの作品に通じるような、

カタログというより美しい本に仕上がりました。

 

こちらの作品集は一般書店でも販売してますが、、当館でお買い求め頂くと

小林さんのサイン入りになります!(数量限定、ご購入の詳細はこちら→http://www.shizubi.jp/cafe/mailorder.php

 

kobayashi4.JPG

 

この作品集の刊行を記念して、去る9月29日(土)に

小林さん、岡田温司さん、当館学芸課長の以倉による対談イベントが行われました。

台風17号直撃のなか、お越し頂いた方々、ありがとうございました!

 

kobayashi5.JPG

 

また、9月30日、11月10日は小林さんによるアーティストトークを行いました。

当日は小林さん愛用のカメラ(しかも手作りのレンズ!)を見せて頂いたり、

ブロンズの制作方法など、作品を前にお話して頂きました。

参加して下さった方からも質問が出るなど、終始和やかな雰囲気でした。

 


長々と書いてしまいましたが、

「Shizubi Project 2 ひそやかな眼差し 小林且典」は11月25日まで開催中です!

 どうぞお見逃しなく!

 


(a.i)

プレゼントワークショップvol.7「新年だ!うるし塗りの竹スプーンをつくろう」を開催します!

2012/11/16

気が付けば街並みはクリスマス飾りで彩られ、寒さも深まってきた今日この頃。
美術館館内は暖かく、ほっと落ち着きます。

ただ今開催中の展覧会「ストラスブール美術館展」をはじめ、様々なイベントの開催を予定しております。
今日はその中でも、おすすめワークショップを、開催に先駆けてちょっとご紹介させていただきます。

 

皆さんご存知のとおり、静岡には竹細工や漆工芸などの伝統工芸が今も伝わります。
その伝統工芸を取り入れ、また地域の竹林整備も兼ねた「うるし塗りの竹カトラリー」制作の授業に取り組まれている

特別支援学校の先生との出会いから、このワークショップが生まれました。

 

そう、今回は当館恒例のプレゼントワークショップ第7弾として、うるし塗りの竹スプーンをつくります。
新年の準備に、手作りのスプーンを2本つくって、自分と大切な人への贈り物にしよう、というものです。

 

日時:12月15日(土)、1月6日(日) 両日とも13:00~16:30 【全2回】
参加費:1,000円(材料費含む)
対象:小学生4年生以上 20名
技術指導/協力:静岡県立静岡北特別支援学校南の丘分校 教諭・生徒

 


 

take17.jpg

 

制作は一枚の竹板を削りだすところから始まります。
また、安全面がしっかりと配慮された、本物のうるしを使う本格的な内容です。

それでは、ワークショップ2日間の工程をご紹介していきます。

 

●1日目●

スプーン型を写し取った竹板をクランプで固定した後、専用の彫刻刀とノミを持って丸く円を描く様に削っていきます。
 

take1.JPG

 

take2.JPG

 

粗方けずれたら、微調整をかけます。

 

take4.JPG

 

 

やすりをかけたら、スプーンのくぼみの完成です!

 

 

take5.JPG 

 


次は糸のこを使って、スプーン型に削り出します。ギコギコギコ...


take6.JPG 

 

削り出せました!


take7.JPG 

 

1日目の工程はここまで!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワークショップ本番では、参加者の皆さんのスプーンをいったんお預かりし、学校にてベルトサンダーを使った削り作業を行います。


take8.JPG 

 

take9.JPG

 

作業に習熟した生徒さんが、参加者の皆さんのスプーンを1本1本大切に削りだします。


take10.JPG

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●2日目●

紙やすりでやすりがけを行ったあと、本物のうるしを使った塗り作業に入ります。

 

これがうるしです。NOA漆という、かぶれにくいうるしを使用します。


take12.JPG

 

直接うるしに触れることのないよう、二重に手袋を装着。
通常、うるしは直接肌に触れることがなければかぶれませんが、空気中の成分による刺激を避けるため、この装置を用いて万全の対策をとります。
 

take13.JPG

 

筆を使って、丁寧に塗っていきます。


take14.JPG 


take15.JPG

 

すくう部分を二度塗りして...
完成です!竹の素朴な質感と、うるしの光沢がとても美しく、上品な仕上がりです。


take16.JPG

 

ワークショップでは、スプーンを包むための「折形」も体験していただきます。


申込締切は今月末、11月30日(金)まで。
小学校4年生以上の方であれば、どなたでも参加できます。

特別支援学校の先生、生徒さんが丁寧に教えてくれますよ。

お申込みはこちらから↓

http://shizubi.jp/event/vol7.php

 

皆さんのご参加をお待ちしております。 (s.m)

明日11/11はシニャックの誕生日です

2012/11/10

ストラスブール美術館展では、約60作家の作品をご紹介しています。

 

当然ながら、展覧会会期中に誕生日を迎える画家もたくさんいる訳なのですが・・・

 

なんと明日は、今回のポスター・チラシのメイン画像になっている、ポール・シニャックの誕生日!

生きていれば、御年149歳です(1863年うまれ)。

 

今回の展覧会の中でも担当者一押しのシニャック。

スーラとともに当時としては最先端の光学研究をもとに、筆触分割の技法を用いて制作を行った、新印象主義の代表作家の一人です。

signac.jpg

↑ポール・シニャック《アンティーブ、夕暮れ》1914年 ストラスブール美術館

 

今回の出品作品からもわかるように、シニャックは現実の風景の再現よりも、

色彩がもたらす絵画的な効果を優先させました。

実際、彼は目の前の風景を見て描くのではなく、代わりにアトリエで、事前に書き留めた

一日の様々な時間を描いた水彩画やエスキースなどをもとに風景画を制作したそうです。

港に降り注ぐ夕暮れの光がきらめく様子を、様々な色を使って表しています。

南フランスの港町の美しい一瞬へのシニャックの感動があらわれているようです。

 

ちなみに、シニャックの作品には海を描いた作品が多いのですが、

これは彼がマリンスポーツ好きだったことも関係しているようです。

購入したヨットはなんと30隻以上!

そしてそのヨットで1907年には、イスタンブールにも出かけています!!

ヨットのネーミングもおしゃれで、「オランピア」(画家マネの代表作から)、「ワルキューレ」

(作曲家ワグナーの作品から)、「シンドバット」などなど。

1892年にブルターニュから南仏に引っ越した時も、ヨットで移動したんだとか。

まさに「海の男」なのかもしれませんね。

 

長くなりましたが、

シニャックさん、お誕生日おめでとうございます!!

 

(K.O)

 

 

 

 

 

11/18コンサート チケット好評発売中!!!

2012/11/09

ストラスブール美術館展、オープンから2週間たちました★

オープン以来たくさんの方にご来場いただいております。

 

そして、まもなく関連事業の第一弾

コンサート「美術と音楽の幸せな出会い」 

11月18日(日)に開催されます。

 

ご出演いただくのは、

シカゴ交響楽団など世界各地の有名オーケストラとの共演もある、

ストラスブール近郊在住のピアニスト、パトリシア・パニーさん。

patricia.jpg

 

現在はスイス国立ベルン芸術大学教授も務められています。

 

静岡でのコンサートは2005年、2009年、2011年に続いて4回目で、

ファンの多いピアニストです!

 

今回は、開催中のストラスブール美術館展に合わせ、

途中展覧会出品作品の画像を背景に投影しながらの演奏もあります。

「美術と音楽の幸せな出会い」をこの機会にぜひお楽しみください!

 

チケットは当館受付にて発売中。

残りわずかとなっておりますので、お早目にお買い求めください。

 

【曲目などイベントの詳細はこちら

 

(K.O)