静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > タワー制作はじまりました! [日詰明男 フィボナッチタワーをつくろう!]

タワー制作はじまりました! [日詰明男 フィボナッチタワーをつくろう!]

2012/05/20

こんにちは。学芸課のAです。

みなさま、この週末はどこかお出かけになりましたか?天候に恵まれた、気持ちの良い日でしたね。

美術館では、この週末に新しいイベント「日詰明男 フィボナッチタワーをつくろう!」がスタートしました。

これは、6/23(土)から8/19(日)まで開催する夏の展覧会「七夕の美術-日本近世・近代の美術工芸にみる」展の関連事業として、川根本町在住の造形作家、日詰明男(ひづめあきお)さんをお呼びし、実施するものです。

日詰明男さんHP

http://www.starcage.org/japaneseindex.html

 

内容は、28名の一般のボランティアの方とともに、竹を使って、約8mのタワーを、葵タワー1階の国道側ロビーに8日間で作る、というもの。

・・・いまちょっとサラッと言いましたが。

くりかえしますね。8mの竹のタワーです。

気になりませんか・・・?

さっそくご報告です!

 

P1010839.JPG

この方が日詰さん。

植物の葉の付き方や、惑星の運行など、自然界に存在する不思議な比率「黄金比」をテーマに、造形作品や音楽を制作されています。

イベント初日となる19日(土)は、午前中、事前説明会が行われました。

日詰さんから参加者のみなさまに、今回のイベントのことや、日詰さんが研究している「黄金比」のこと、ご自身の作品のことなどなど・・・約2時間に及ぶ、熱の入ったレクチャーでした。

午後は、作業現場となる「石上木材竹材店」さんに移動。

素材である長い竹の切り出しと、タワーを組み立てる際に、竹と竹をつなぐための「杭」の制作にかかりました。

P1010872.JPG

まずは、竹林から切り出したままの、竹の根元を切って、かたちを整えます。

 

P1010879.JPG

太さごとに仕分け。

 

P1010875.JPG

みんなで頑張ります!

P1010886.JPG

この竹の量。そしてこの長さ!

これをタワーの部材用に、一本一本カットしていきます。

P1010900.JPG

全部で約140本に切り分け。

ミリ単位で長さを調整するため、慎重に採寸。(黒のキャップの男性が日詰さん)

P1010902.JPG

切るときは思い切ってカット!

みなさん、みるみるうちにノコギリの使い方が上手くなっていました。

P1010891.JPG

竹の杭もみんなで作りました。

P1010903.JPG

制作予定数は300本!ガンガンつくります!

P1010909.JPG

そんななか、石上さんちをブタくんが訪問。

P1010915.JPG

・・・かわいかったです。

仕事を忘れてたわむれるみんな。ブタくんは食欲旺盛でした。

P1010918.JPG

あんなに長かった竹が、作業終了時刻にはこんなかたちに。

(これはほんの一部。20日の午前中に全て切り終えました)

 

19日、20日と、非常に多くのスタッフの方にご参加いただいたおかげで、とてもスムーズに

作業を行うことができました。

これからは、作業現場を美術館に移動し、切り出した竹に穴を開けていく作業となります。

進捗、随時レポートしていきます!

 

最後に。

このタワー、どんな姿になると思いますか?

予告の意味も込めて、ちょっとだけ紹介です。

tower  plan.JPG

 

6/3(日)に完成予定です!

みなさま、こうご期待。

 

(R.A)