静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 母の日ワークショップを開催しました。

母の日ワークショップを開催しました。

2012/05/17

 

母の日WSバナー_.jpg


5月13日の母の日に
プレゼントワークショップvol.3
「母の日だ!2世代で贈るプレゼントづくり」を開催しました。

昨年度よりスタートした"プレゼントワークショップシリーズ"。

記念日に合わせて、家族や大切な人へ贈る、
プレゼントをつくるワークショップです。
プレゼントを「つくって、贈る」ことの大切さや、
そこから生まれるコミュニケーションを見つめ直します。

vol.1は父の日に(当日の様子はこちら
vol.2は敬老の日に(当日の様子はこちら
そして3回目である今回は、母の日に実施しました。


今回は子どもからお母さんへ、お母さんからおばあちゃんへ、
2世代でプレゼントをつくって贈り、
いつもお世話になっているお母さんへ、感謝の気持ちを伝えます。


プレゼントは"オーブン陶土"という、自宅のオーブンで焼くことのできる
陶芸用粘土3色(ベージュ・赤・黒)を使用して
土の風鈴...土鈴(どれい)をつくりました。

P1020510_.jpeg


母の日のシンボルと言えば"カーネーション"ですが、
今日は参加者ひとりひとりが、カーネーションに代わるお母さんのシンボルを考え、
それをモチーフに風鈴をつくります。


まずは、お母さんワークシートにチャレンジ。

お母さんお名前は? 年齢は? 好きな食べ物は?

お母さんのことをどのくらい知っているか、
かんたんな問題に答えてもらいました。

お母さんたちも一緒にチャレンジ。

00404.jpg


次に、もう少し深く、お母さんについて考えてもらいます。
お母さんのどこが好き? お母さんとのいちばんの思い出は?

ph2_.jpg


この内容をヒントに、カーネーションに代わる、
自分のお母さんだけのシンボルを考えます。

音楽が好きなお母さんは、音符のかたち。
お料理が得意なお母さんは、エプロンやお鍋のかたち。
ディズニーランドの思い出をもとに、ミッキーマウスの顔のかたち。
などなど。


成形後は、"どべ"という、同じ粘土を水で溶いて泥のようにしたものを、表面に塗ります。

ベースとは色違いの"どべ"を塗り、

ph3_.jpg


その表面を竹串でひっかく"掻き落とし"という技法を用いて絵を描きます。

 
ph5_.jpg


そうすると...ベースの色の線が引けます。

ph6_.jpg

ph7_.jpg


風鈴の"リンリン"と鳴る玉の部分も、思い思いの形に仕上げます。

ph4_.jpg


作品完成後、お母さんに手紙を書きます。

ph8_.jpg


午後4時。おばあちゃんの到着です。

作品の上にかけていた目隠しを一斉にはずして...

ph9_.jpg


子どもからお母さんへ。お母さんからおばあちゃんへ。
2世代で同時に手作り風鈴をプレゼント。


ph10_.jpg


どんな想いでつくったのか、お母さんとの今までの思い出とともに、お母さんに伝えます。

お母さんからおばあちゃんへプレゼントを渡すとき、
子どもたちは熱心にその話を聞いていました。

お母さんとおばあちゃんにも、ふたりだけの大切な思い出があるんだね。

その後も、お手紙を渡したり、お母さんワークシートの答え合わせをしてもらったり、
しばらく会場は、みんなの笑い声で溢れていました。

風鈴は、3日~1週間程度乾燥させた後、
オーブン等で焼くと素焼きのような風合いになります。
ひもを通して風鈴のかたちにすると、"カラン、コロン"と素朴な音がします。


P1020526_.jpeg


風鈴のかたちによって、ひとつひとつ音がちがうんですよ。

みんなの風鈴はどんな音がするのかな?
お母さんの風鈴と聞き比べてみてくださいね!



最後に、現在申込み受付中のプレゼントワークショップのお知らせです。
来月は2回も開催します!

vol.4 6月10日(日) 父の日だ!2世代でつくるプレゼントづくり」
(※父の日当日ではありませんのでご注意ください。)

Vol.5 6月17日(日) 「親子の日だ!ブルース・オズボーン 親子写真展 ~未来の私たちへの贈り物~」

どちらも申込締切日は5月31日(木)です。
皆さんからのたくさんのご応募、お待ちしております!

(m.y)