静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 「まねぶこころ」とは? [森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史]

「まねぶこころ」とは? [森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史]

2012/05/05

「森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史」のカタログは、みなさまご覧になりましたか?

 

DSCN7703.JPG

 

森村さんが高校生の時に描いたデッサンを表紙に使った、印象的な表紙です。

まるで教科書のようにしっかりしたハードカバーでしつらえてあります。

キラリとひかる箔押しの文字。

そして黄色いシールに書かれた「まねて、まなんで、今の私がここにいる。」という、森村さんの言葉。

もう表紙からグッとくるポイント満載です!

デザインは「UMA/design farm」の原田祐馬さんです。http://umamu.jp/

 

あ、先に図録のことを説明してしまいましたが。

ここで紹介したいのは森村さんが寄せた巻頭テキスト「まねぶこころ」についてです。

4ページに及ぶテキストのなかで、森村さんは、「まねぶ」という言葉について、そして、美術を志す若い人へのメッセージを語っておられます。

それはどういうメッセージか?

じつは、いま「CINRA.NET」さんhttp://www.cinra.net/のなかに、森村展特設ページがありまして。

そこで森村さんご本人のインタビューとして、詳しく掲載されてるのです!!

http://www.cinra.net/tu/morimura-shizuoka/

ぜひご一読を!森村さんが本展に込めた思いが分かります。

ページを開いた瞬間に、ちょっとした仕掛けもあるので、見てみてくださいね。

 

あと図録も好評販売中です!

遠方の方、通信販売も行っております。

美術館のミュージアムショップまでお問い合わせください。

静岡市美術館ミュージアムショップ&カフェ 054-260-5531

 

(R.A)