今話題の「家康の洋時計」も掲載! 家康と慶喜―徳川家と静岡展図録

2012/05/27

 

洋時計~1.JPG

重要文化財「洋時計」(1581年マドリッド製刻銘)
久能山東照宮博物館所蔵

 

多くのメディアで取り上げられたので、ご存じの方も多いかと思いますが、
先日、久能山東照宮(静岡市駿河区)が所蔵する
国指定重要文化財「洋時計」の
大英博物館の専門家による分解調査が行われました。

 

鑑定の結果、真鍮(しんちゅう)製の本体や内部の機械部品など、
当時のままで原型をとどめている例はおそらく世界に一つとの見解が発表され、
極めて価値が高い時計であることが明らかになりました。
歴史的価値が評価されたことで、今後の国宝指定にも期待が寄せられています。

 

静岡市美術館では2010年12から2011年1月にかけて実施した、
「家康と慶喜―徳川家と静岡展」にてこの「洋時計」の展示を行いました。

 

もちろん展覧会の図録には「洋時計」の写真、解説も載っています。
とりわけ注目すべきは、昭和24年に行われた解体調査の写真も掲載されている点です。
これはかなり貴重ですよ!

 

図録はその他にも徳川記念財団、久能山東照宮博物館の至宝を中心に、
家康、慶喜にゆかりのある約200件の展示作品が紹介され、充実の内容です。

 

店頭_1~1.JPG

 

「家康と慶喜―徳川家と静岡展」の図録は、当館ミュージアムショップにて販売しています。
遠方の方には図録の通信販売も行っています。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

図録の販売は数に限りがございます。
興味のある方、どうぞお早めにお求めください!!
 

(t.m)

すこしだけ組んでみました。[日詰明男 フィボナッチタワーをつくろう!]

2012/05/24

こんにちは。学芸課のAです。

今日から「日詰明男 フィボナッチタワーをつくろう!」二週目の作業が始まりました。

今週の主な作業は、先週カットした竹に、杭をとおす穴を開けることです。杭も引き続きつくります。

作業の場所も、美術館のトラックヤード(車庫)に移りました。

 

そういえば、トラックヤードは、関係者以外は知らない、美術館の秘密の場所です。

場所は葵タワーの1階。

展覧会準備のために運ばれてきた作品の搬入作業場(奥のエレベーターで3階の美術館フロアまで運び入れます)、または、展示室設営業者さんや、関連イベントの講師用駐車場などなど、実はわりと活躍するスペースです。

大きさは、10t車まで入ることができます。

 

・・・そんなスペースが、いまは・・・・・

 

DSC_0051.JPG

床一面、竹で覆われています!

・・・4~5mの竹50本を、約140本にカットしましたからね。かなりの存在感です。

歩くスペースを見つけるのも厳しいため、足場用に、竹の上にコンパネを敷いてます。(画面左)

さて、作業風景です!

DSC_0040.JPG

まずは採寸。

決まった竹を順序立てて組み上げていくため、開ける穴の位置を間違えると、大変なことになります。

慎重に。慎重に。

日詰さん気合い入ってます。

DSC_0042.JPG

そのあと、先に細いドリルで下穴を開けます。

両脇の女性スタッフ、何をしてるか分かりますか?

じつは2人で、各方向から垂直を見ているのです!

日詰さんが手にしているドリルにも、水平器が付いています。

垂直チェック.JPG

竹を置く台座と、空いた穴それぞれに竹ヒゴを通し、横から見て二本が重なっているか、

ここでもチェック。

DSC_0065 ドリル.JPG

下穴が全て開いたら(表裏4ヵ所ずつ)、杭を通すために、太いドリルで改めて穴を開けます。

DSC_0063 採寸.JPG

これを繰り返します。今日は30本ほど開けました。

 

穴を開け終わり、ひと段落だ、と思ったその時。日詰さんからある言葉が。

「ちょっと組んでみましょうか。テストを兼ねて。」

 

や、やってみましょう!(ちょっとびっくりしつつ、ワクワクしました)

日詰さん、手慣れた様子で組んでいきます。

DSC_0066.JPG

並べて・・・

DSC_0068.JPG

杭を差し込みます。

DSC_0073.JPG

組み合わさるとこんな感じ。

DSC_0083 組み.JPG

ちょっとかたちが・・・見えてきました!

DSC_0087.JPG

竹の角度によって、杭が入りにくいところもありました。みんなで調整!

 

そして・・・

 

 

DSC_0097.JPG

組み上がり!五角形になりました!!

みんなで記念撮影。

DSC_0107.JPG

休憩がてら座ってみました!(笑)

いま写真では6人が座っていますが、竹はびくともしません。

杭だけで繋がるというシンプルな構造ながら、とても堅牢なんです。

なんだかこのままベンチになってしまいそうな和やかな雰囲気に。

DSC_0115.JPG

日詰さんの即席数学講座も始まりました。

「黄金比の造形物は、いやってほど非周期的なかたちをしています。でもそれが面白いんです。」

作家と一緒に作業し、作品の魅力を知る。これぞワークショップの醍醐味ですね!

 

今週いっぱい、こうした作業が続きます。

作業は、ボランティアスタッフの方のおがけで、とても順調です。

引き続きレポートしてゆきます。どうぞお楽しみに!

 

(R.A)

 

「七夕の美術」展 前売チケット発売開始しました!

2012/05/23

当館からの最新のお知らせを掲示している掲示板。

 

あれ、何か変わっている??

 

DSC_0039.JPG

そう、いよいよ今週から「七夕の美術」展の前売りチケット発売です!!!!

 

 

DSC_0041.JPG

一般の方は当日800円が600円!
70歳以上の方と大学生・高校生は400円!

これはもう買うしかないでしょう!!!!
美術館のほか、市内主要書店、チケットぴあ、ローソンチケット等でも販売しています!

 


DSC_0040.JPG

 

そして今回のポスター、チラシ。

 

黒バックの中の黄色い文字は七夕の星空をイメージしています。
スタッフの中でも好評ですが、ご来館の皆様からも大変好評をいただいています。
ちなみにチラシでは、黄色の部分は蛍光色を使っていて、

さらに夜空に星がきらめいているように見えますよ♪

 

「笹の葉さらさら」「短冊」「織姫と彦星」など、七夕という言葉を聞いて連想するものはたくさんありますが、
もともとは古代中国の「乞巧奠」という魔除けの風習に端を発しています。展覧会では、日本の近世・近代美術を中心とした様々な七夕をめぐる表現をご紹介します。

 

展覧会会期中は、関連事業を多数実施するほか、
JR静岡駅前に位置する静岡音楽館AOI、静岡科学館る・く・るでも

「七夕」をキーワードに、コンサートや夏の夜空の観望会など様々なイベントを実施します!

今年の七夕は是非静岡で過ごしてみませんか?

(K.O)

タワー制作はじまりました! [日詰明男 フィボナッチタワーをつくろう!]

2012/05/20

こんにちは。学芸課のAです。

みなさま、この週末はどこかお出かけになりましたか?天候に恵まれた、気持ちの良い日でしたね。

美術館では、この週末に新しいイベント「日詰明男 フィボナッチタワーをつくろう!」がスタートしました。

これは、6/23(土)から8/19(日)まで開催する夏の展覧会「七夕の美術-日本近世・近代の美術工芸にみる」展の関連事業として、川根本町在住の造形作家、日詰明男(ひづめあきお)さんをお呼びし、実施するものです。

日詰明男さんHP

http://www.starcage.org/japaneseindex.html

 

内容は、28名の一般のボランティアの方とともに、竹を使って、約8mのタワーを、葵タワー1階の国道側ロビーに8日間で作る、というもの。

・・・いまちょっとサラッと言いましたが。

くりかえしますね。8mの竹のタワーです。

気になりませんか・・・?

さっそくご報告です!

 

P1010839.JPG

この方が日詰さん。

植物の葉の付き方や、惑星の運行など、自然界に存在する不思議な比率「黄金比」をテーマに、造形作品や音楽を制作されています。

イベント初日となる19日(土)は、午前中、事前説明会が行われました。

日詰さんから参加者のみなさまに、今回のイベントのことや、日詰さんが研究している「黄金比」のこと、ご自身の作品のことなどなど・・・約2時間に及ぶ、熱の入ったレクチャーでした。

午後は、作業現場となる「石上木材竹材店」さんに移動。

素材である長い竹の切り出しと、タワーを組み立てる際に、竹と竹をつなぐための「杭」の制作にかかりました。

P1010872.JPG

まずは、竹林から切り出したままの、竹の根元を切って、かたちを整えます。

 

P1010879.JPG

太さごとに仕分け。

 

P1010875.JPG

みんなで頑張ります!

P1010886.JPG

この竹の量。そしてこの長さ!

これをタワーの部材用に、一本一本カットしていきます。

P1010900.JPG

全部で約140本に切り分け。

ミリ単位で長さを調整するため、慎重に採寸。(黒のキャップの男性が日詰さん)

P1010902.JPG

切るときは思い切ってカット!

みなさん、みるみるうちにノコギリの使い方が上手くなっていました。

P1010891.JPG

竹の杭もみんなで作りました。

P1010903.JPG

制作予定数は300本!ガンガンつくります!

P1010909.JPG

そんななか、石上さんちをブタくんが訪問。

P1010915.JPG

・・・かわいかったです。

仕事を忘れてたわむれるみんな。ブタくんは食欲旺盛でした。

P1010918.JPG

あんなに長かった竹が、作業終了時刻にはこんなかたちに。

(これはほんの一部。20日の午前中に全て切り終えました)

 

19日、20日と、非常に多くのスタッフの方にご参加いただいたおかげで、とてもスムーズに

作業を行うことができました。

これからは、作業現場を美術館に移動し、切り出した竹に穴を開けていく作業となります。

進捗、随時レポートしていきます!

 

最後に。

このタワー、どんな姿になると思いますか?

予告の意味も込めて、ちょっとだけ紹介です。

tower  plan.JPG

 

6/3(日)に完成予定です!

みなさま、こうご期待。

 

(R.A)

母の日ワークショップを開催しました。

2012/05/17

 

母の日WSバナー_.jpg


5月13日の母の日に
プレゼントワークショップvol.3
「母の日だ!2世代で贈るプレゼントづくり」を開催しました。

昨年度よりスタートした"プレゼントワークショップシリーズ"。

記念日に合わせて、家族や大切な人へ贈る、
プレゼントをつくるワークショップです。
プレゼントを「つくって、贈る」ことの大切さや、
そこから生まれるコミュニケーションを見つめ直します。

vol.1は父の日に(当日の様子はこちら
vol.2は敬老の日に(当日の様子はこちら
そして3回目である今回は、母の日に実施しました。


今回は子どもからお母さんへ、お母さんからおばあちゃんへ、
2世代でプレゼントをつくって贈り、
いつもお世話になっているお母さんへ、感謝の気持ちを伝えます。


プレゼントは"オーブン陶土"という、自宅のオーブンで焼くことのできる
陶芸用粘土3色(ベージュ・赤・黒)を使用して
土の風鈴...土鈴(どれい)をつくりました。

P1020510_.jpeg


母の日のシンボルと言えば"カーネーション"ですが、
今日は参加者ひとりひとりが、カーネーションに代わるお母さんのシンボルを考え、
それをモチーフに風鈴をつくります。


まずは、お母さんワークシートにチャレンジ。

お母さんお名前は? 年齢は? 好きな食べ物は?

お母さんのことをどのくらい知っているか、
かんたんな問題に答えてもらいました。

お母さんたちも一緒にチャレンジ。

00404.jpg


次に、もう少し深く、お母さんについて考えてもらいます。
お母さんのどこが好き? お母さんとのいちばんの思い出は?

ph2_.jpg


この内容をヒントに、カーネーションに代わる、
自分のお母さんだけのシンボルを考えます。

音楽が好きなお母さんは、音符のかたち。
お料理が得意なお母さんは、エプロンやお鍋のかたち。
ディズニーランドの思い出をもとに、ミッキーマウスの顔のかたち。
などなど。


成形後は、"どべ"という、同じ粘土を水で溶いて泥のようにしたものを、表面に塗ります。

ベースとは色違いの"どべ"を塗り、

ph3_.jpg


その表面を竹串でひっかく"掻き落とし"という技法を用いて絵を描きます。

 
ph5_.jpg


そうすると...ベースの色の線が引けます。

ph6_.jpg

ph7_.jpg


風鈴の"リンリン"と鳴る玉の部分も、思い思いの形に仕上げます。

ph4_.jpg


作品完成後、お母さんに手紙を書きます。

ph8_.jpg


午後4時。おばあちゃんの到着です。

作品の上にかけていた目隠しを一斉にはずして...

ph9_.jpg


子どもからお母さんへ。お母さんからおばあちゃんへ。
2世代で同時に手作り風鈴をプレゼント。


ph10_.jpg


どんな想いでつくったのか、お母さんとの今までの思い出とともに、お母さんに伝えます。

お母さんからおばあちゃんへプレゼントを渡すとき、
子どもたちは熱心にその話を聞いていました。

お母さんとおばあちゃんにも、ふたりだけの大切な思い出があるんだね。

その後も、お手紙を渡したり、お母さんワークシートの答え合わせをしてもらったり、
しばらく会場は、みんなの笑い声で溢れていました。

風鈴は、3日~1週間程度乾燥させた後、
オーブン等で焼くと素焼きのような風合いになります。
ひもを通して風鈴のかたちにすると、"カラン、コロン"と素朴な音がします。


P1020526_.jpeg


風鈴のかたちによって、ひとつひとつ音がちがうんですよ。

みんなの風鈴はどんな音がするのかな?
お母さんの風鈴と聞き比べてみてくださいね!



最後に、現在申込み受付中のプレゼントワークショップのお知らせです。
来月は2回も開催します!

vol.4 6月10日(日) 父の日だ!2世代でつくるプレゼントづくり」
(※父の日当日ではありませんのでご注意ください。)

Vol.5 6月17日(日) 「親子の日だ!ブルース・オズボーン 親子写真展 ~未来の私たちへの贈り物~」

どちらも申込締切日は5月31日(木)です。
皆さんからのたくさんのご応募、お待ちしております!

(m.y)

森村泰昌映像作品、シズオカ×カンヌウィーク2012で特別上映!!

2012/05/13

「森村泰昌モリエンナーレまねぶ美術史」展、開幕から1カ月が経ちました。あっという間です...。

 

さて、「静岡市」と「カンヌ市」が、姉妹都市だということ、皆さんご存知ですか?
カンヌといえば、カンヌ映画祭という言葉が浮かぶ方も多いと思います。
このカンヌ映画祭の時期にあわせて、5月25日(金)~27日(日)に
「シズオカ×カンヌウィーク2012 〜野外と映画とフランスの3日間〜」が静岡市で開催されます!
会場は映画館やミニシアターだけでなく、海辺や街角など野外でも上映されるとの事。面白そうです。


シズオカ×カンヌウィークに、静岡市美術館もお邪魔させていただくことになりました。
「世界予告編映画祭」にて、森村泰昌映像作品を特別上映いたします!!
入場無料ですので、この機会にぜひご覧ください。
※静岡市美術館で開催している「ドキュメンタリー上映会」の映像とは別の作品です。

 

日時:5月25日(金)19:10頃~、5月26日(土)、27日(日)15:20頃~
会場:青葉シンボルロード メインテント (静岡市美術館から徒歩5分ほどです)
詳細は、シズオカ×カンヌウィーク2012公式ホームページ(http://www.cannes-shizuoka.jp/)をご覧ください。

 

 

 

そして昨日は、「森村泰昌モリエンナーレまねぶ美術史」展とシズオカ×カンヌウィークの
広報活動(チラシ配りなど)のため、アウトソーシングスタジアム日本平に行ってきました。

 

 

0512 アウスタ外観.jpg 

IMG_1890.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0512  アウスタ バックスタンド入り口 003.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段の下までたくさんのお客さんが並び、開場を今か今かと待っています。

 

IMG_0844.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開場前、警備員さんの指導を受ける(ふりをしている?)、清水エスパルス・マスコットキャラクターのパルちゃん。

 

写真_1~1.PNG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムの大型ビジョンでは森村展のCM映像も放映!

 


皆さん、5月25日(金)~26日(日)はシズオカ×カンヌウィークへ!
そして映画を楽しんだ後は、静岡市美術館へ!
展覧会「森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史」は6月10日(日)までの開催です。
ご来館を、お待ちしております。

(c.o)

 

「まねぶこころ」とは? [森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史]

2012/05/05

「森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史」のカタログは、みなさまご覧になりましたか?

 

DSCN7703.JPG

 

森村さんが高校生の時に描いたデッサンを表紙に使った、印象的な表紙です。

まるで教科書のようにしっかりしたハードカバーでしつらえてあります。

キラリとひかる箔押しの文字。

そして黄色いシールに書かれた「まねて、まなんで、今の私がここにいる。」という、森村さんの言葉。

もう表紙からグッとくるポイント満載です!

デザインは「UMA/design farm」の原田祐馬さんです。http://umamu.jp/

 

あ、先に図録のことを説明してしまいましたが。

ここで紹介したいのは森村さんが寄せた巻頭テキスト「まねぶこころ」についてです。

4ページに及ぶテキストのなかで、森村さんは、「まねぶ」という言葉について、そして、美術を志す若い人へのメッセージを語っておられます。

それはどういうメッセージか?

じつは、いま「CINRA.NET」さんhttp://www.cinra.net/のなかに、森村展特設ページがありまして。

そこで森村さんご本人のインタビューとして、詳しく掲載されてるのです!!

http://www.cinra.net/tu/morimura-shizuoka/

ぜひご一読を!森村さんが本展に込めた思いが分かります。

ページを開いた瞬間に、ちょっとした仕掛けもあるので、見てみてくださいね。

 

あと図録も好評販売中です!

遠方の方、通信販売も行っております。

美術館のミュージアムショップまでお問い合わせください。

静岡市美術館ミュージアムショップ&カフェ 054-260-5531

 

(R.A)

 

HPに森村さん動画をアップしました! [森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史]

2012/05/04

みなさま、ゴールデンウィークは楽しんでらっしゃいますか?

現在開催中の「森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史」展について、お知らせです。

当館ホームページのトップ、「EVENT」のページで、森村さんの写真がアップされてるのはお気づきですか?

じつはコレ、森村さんご本人が、この展覧会を紹介している動画なのです!!

ページはこちらから→http://www.shizubi.jp/exhibition/120407_05.php

 

昨夜の雨も上がり、明日も静岡はいい天気のようです。

森村さんの紹介を見て、少しでも気になった方、美術館でお待ちしております!

 

(R.A)