3/20「春分の日だ!春もようのパンをつくろう」を開催しました。

2012/04/07

 

パンづくりWS.jpg


3月20日春分の日に、ドミニック・ジュラン静岡駅前店の協力のもと、
暦とあそぶワークショップvol.1
「春分の日だ!春もようのパンをつくろう」を開催しました。


今回作るのは、食べられるパンではなく、飾ることを目的とした"飾りパン"です。

フランスやドイツには伝統的な飾りパンの文化がありますが、
日本では飾りパン自体、あまり知られていません。

今回の講師、ドンクのグランシェフ・江﨑さんは、
日本における飾りパンの第一人者です。



  江﨑さん.jpg


今回は、江﨑さんから直接飾りパンづくりを教えていただける貴重な機会。
また、江﨑さんのほか、5名のパン職人さんが丁寧に作り方を指導してくださいました。


まず、当日は"春分の日"ということで、
みなさんに"春"について考えていただきました。


pa1.jpg


春といえば? 春に食べるものは? 春に咲く花は?
「入学式! 桜! いちご! つくし!」
思い浮かんだものを、みんなでワークシートに書きこんでいきます。


次に、開催中の展覧会「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展(3/25終了)をみんなで鑑賞。
今日は、夢二の作品の中から春のもようを見つけ、それを飾りパンのテーマにします。



pa2.jpg
 

椿に桜、ふきのとう、いちご、よもぎの葉...
作品をよーく見てみると、春をイメージさせるモチーフがいっぱい。


ワークショップ室へ戻り、展示室で見つけた春のもようと、
ワークシートに書きだしたみなさんの春のイメージを合わせ、
飾りパンのイメージを絵にします。


下書きが完成したら、早速飾りパンづくりに入ります。


まずは伝統的な飾りパンのモチーフ、チューリップ作りに挑戦です。


pa5.jpg
 


あらかじめご用意いただいた土台と、カラフルな色の生地。



 pa3.jpg
 
 

江﨑先生の作り方をよーく見て...


pa6.jpg


みんなもさっそくチューリップ作りに挑戦です。



約1時間で、みなさん素敵なチューリッププレートが完成。

次に、チューリップ作りで学んだ飾りパンの技術を活かし、
本番の"春もよう"の飾りパンづくりに入ります。



pa7.jpg


 

そして...完成した飾りパンがこちら!

みなさん、はじめてとは思えないほど素晴らしい作品が出来上がりました。



pa10.jpg



最後に...江﨑さんからみなさんにバラの飾りパンのプレゼントが!
参加者の皆さんのために、丸3日かけて作ってくださったそうです。


pa9.jpg



 ワークショップ終了後、みなさんの飾りパンは
地下1階のドミニック・ジュラン静岡駅前店へ運び、焼き上げた後、
再びワークショップ室へ移動し、ニスを塗ります。


ニス塗り.jpg

 

ニスを塗って完成した作品がこちら。




pa11.jpg


 
完成作品.jpg
 

作品拡大.jpg
 


作品には夢二作品の中から見つけた春や、
皆さんの春のイメージのモチーフがいっぱい。

皆さん、ぜひお家に飾ってくださいね!


暦とあそぶワークショップは今年度も継続して実施していきます。
次回をどうぞお楽しみに!





さて、昨年度は計114回のワークショップを実施し、
なんと1,193名の方にご参加いただきました!

今年度もさまざまなワークショップを開催していきますので、
皆さんHPをこまめにチェックしてくださいね。


只今参加者募集中のワークショップはこちらです。

「母の日だ!2世代で贈るプレゼントづくり」

母の日WS_HPバナー用.jpg 


(m.y)