静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 竹久夢二の新発見の肉筆美人画を特別公開中!!

竹久夢二の新発見の肉筆美人画を特別公開中!!

2012/02/08

静岡市美術館で開催中の「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展では、
新発見された夢二の肉筆美人画《茶屋の娘》を特別公開しています。
2月4日には、報道向けの説明会を行いました。
新聞やテレビの報道をご覧になった方も多いかと思います。

 

新発見屏風.jpg

 

《茶屋の娘》と命名されたこの作品の発見経緯を、簡単にご紹介いたします。
昨年の秋頃、展覧会の中心となる志田コレクションを調査研究する中で、
「静岡市内に重要な夢二の肉筆画がある」という内容の記述を、
夢二研究の第一人者、長田幹雄(ながたみきお)氏の志田喜代江氏宛ての書簡より発見しました。

これを調査したところ、市内の旧家より、二曲一隻の屏風に貼り付けられた、美しい夢二式美人が見つかりました。
志田氏自身も、かつてこの肉筆美人画を追い求め、この旧家を訪ねてきたそうです。
展覧会への特別出品を依頼し、本展で文字通り"初公開"の運びとなりました。

 

 

 

暖簾をくぐって現れたかわいらしい娘。
やや腰をかがめ、体を傾けた姿勢は夢二式美人ならではの姿です。
この作品は、夢二が肉筆画を描きはじめた頃の作品と推定され、夢二式美人を確立した、
夢二の貴重な肉筆画の優品であると言えます。

 

夢二研究家の谷口朋子氏によると、夢二の作品は当時から贋作が多く、
地方の旧家から発見されることはあっても、夢二の真筆と断定されるのは珍しいとの事。
研究者の間でも知られていなかった、そして過去、どの書籍にも掲載されることのなかった
夢二の肉筆画が発見されることは稀で、この作品が公開されることは、非常に貴重な機会です。

 

皆さまこの機会にぜひ、ご覧くださいませ。

 

 

 

展覧会 「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」 
前期:1月7日(土)~2月12日(日) 【特別出品】中川雄太郎と静岡の創作版画
後期:2月18日(土)~3月25日(日) 【特別出品】平野富山と"彩色木彫"の美
※作品保護の為、前期後期で一部作品の入れ替えを行います。
展示替え期間中は、本展はご覧いただけません。ご了承ください。

 

(c.o)