静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展 ギャラリートークを開催しました

「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展 ギャラリートークを開催しました

2012/01/21

寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
静岡市美術館では「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展を開催しています。
「静岡が育んだコレクター」「静岡が生んだ作家」「静岡にやってきた作家」をキーワードに、
静岡ゆかりの作品を約330点で紹介します。

 

 

さて、1月15日(日)、21日(土)にギャラリートークを実施しました。
展示室の様子と共にご紹介いたします。

 

DSC_0003.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示室に入ると、足元に東海道五十三次ひとめ図の完成予想図が。
東海道の中心にある静岡...ここでは屏風や絵巻に描かれた"静岡"を紹介しています。

 

 

DSC_008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志田喜代江氏が集めた作品を前に、夢二の作風や、志田コレクションの特徴についてお話しました。
皆さん、1点1点見比べるようにじっくりと鑑賞されていたのが印象的でした。

 

 

DSC_0013.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装幀やポチ袋などの生活デザインも夢二作品の魅力。


  

DSC_0016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前期特別出品:中川雄太郎と静岡の創作版画
版画家として、郷土史家として、教育者としての雄太郎の姿をご覧いただきました。

 

 

 

次回のギャラリートークは、後期に実施します。
2月19日(日)、3月17日(土)、いずれも10:30~、17:00~の1日2回です。
参加無料(要観覧券)、申込不要です。お気軽にご参加ください。

 

前期・後期で作品の一部が入れ替わりますので、
今回ご参加いただいた方も、またお楽しみいただけると思います。

 

ご来館、お待ちしております!

 


 

 

 

■「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展 関連イベントのお知らせ■

 

講演会「志田コレクションの魅力とその特徴」

 

新しい視点で竹久夢二研究を続けている谷口朋子氏に、
女性ならではの視点で集められた「志田コレクション」の魅力をお話いただきます。

 

日  時 : 2月4日(土) 14:00~15:30(開場 13:30)
講  師 : 谷口朋子氏(竹久夢二研究家)
会  場 : 当館多目的室
参 加 料 : 無料
申込締切 : 1月25日(水)必着

 

 

(c.o)