「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展 ギャラリートークを開催しました

2012/01/21

寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
静岡市美術館では「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展を開催しています。
「静岡が育んだコレクター」「静岡が生んだ作家」「静岡にやってきた作家」をキーワードに、
静岡ゆかりの作品を約330点で紹介します。

 

 

さて、1月15日(日)、21日(土)にギャラリートークを実施しました。
展示室の様子と共にご紹介いたします。

 

DSC_0003.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示室に入ると、足元に東海道五十三次ひとめ図の完成予想図が。
東海道の中心にある静岡...ここでは屏風や絵巻に描かれた"静岡"を紹介しています。

 

 

DSC_008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志田喜代江氏が集めた作品を前に、夢二の作風や、志田コレクションの特徴についてお話しました。
皆さん、1点1点見比べるようにじっくりと鑑賞されていたのが印象的でした。

 

 

DSC_0013.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

装幀やポチ袋などの生活デザインも夢二作品の魅力。


  

DSC_0016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前期特別出品:中川雄太郎と静岡の創作版画
版画家として、郷土史家として、教育者としての雄太郎の姿をご覧いただきました。

 

 

 

次回のギャラリートークは、後期に実施します。
2月19日(日)、3月17日(土)、いずれも10:30~、17:00~の1日2回です。
参加無料(要観覧券)、申込不要です。お気軽にご参加ください。

 

前期・後期で作品の一部が入れ替わりますので、
今回ご参加いただいた方も、またお楽しみいただけると思います。

 

ご来館、お待ちしております!

 


 

 

 

■「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展 関連イベントのお知らせ■

 

講演会「志田コレクションの魅力とその特徴」

 

新しい視点で竹久夢二研究を続けている谷口朋子氏に、
女性ならではの視点で集められた「志田コレクション」の魅力をお話いただきます。

 

日  時 : 2月4日(土) 14:00~15:30(開場 13:30)
講  師 : 谷口朋子氏(竹久夢二研究家)
会  場 : 当館多目的室
参 加 料 : 無料
申込締切 : 1月25日(水)必着

 

 

(c.o)

 

 

「匠の技-蒔絵」を開催しました。

2012/01/18

3週連続で静岡の匠の技を紹介する
「静岡の匠」展関連イベント「匠の技」の第2弾は、
静岡県蒔絵工業協同組合の皆さんによる実演とワークショップです。
(第1弾 漆の実演、ワークショップの様子はこちら。)

静岡県蒔絵工業協同組合の皆さんは、
1月4日に完成お披露目をした漆芸作品
《東海道五十三次ひとめ図》の制作に携わられた方々です。

ひとめ図の木地に施された真っ黒な漆の上に、
流麗な線で描かれた波や帆船、富士山や安倍川。
この黄金に輝く部分を、静岡県蒔絵工業協同組合の皆さんが
さまざまな蒔絵の技法を駆使して描きました。


ぜひ、近くでご覧になってください。


m1.jpg

中には、漁をしている人の姿も...!

実演では"置き目"といって、下絵の輪郭線を転写した上に、
筒の先に絹の紗がはってある"粉筒"(ふんづつ)という道具を使って
実際に粉蒔きをしていただきました。


m2.jpg

 
粉筒を使いこなせるようになるまでには、何年もかかるそう。


m3-4.jpg

  
ぼかし蒔きという技法で、花びらを1枚1枚丁寧に描いていく職人さん。
あまりにも繊細な作業なので、見ている私まで、つい息を止めてしまいました。


m5-6.jpg

  
当日は、貴重な道具や、粉蒔きで使用する本金粉や銀粉、プラチナ粉、
また、 "螺鈿"(らでん)とよばれる(貝の真珠層を模様の形に切って飾る)技法で用いる
夜光貝やアワビなどの貝もお持ちいただきました。どれも美しい!


写真の金粉は"平目粉(ひらめふん)"といって、
金粉をたたいて、平べったくした粉です。


このように、蒔絵で使用される粉には、
材料や粒子の細かさによってさまざまな種類があり、
職人さんたちはこれを使い分けて描いているんですね。奥が深い!!




ワークショップでは、なんと!
実際に"粉筒"を使って粉蒔きをさせていただきました!
本格的な蒔絵の技法を体験できる、とても貴重な内容となりました。

 


m7.jpg


まず、職人さんが2パターンの富士山の図柄を考え、
それを型紙にしてくださったものを使い、
ローラーを使って、模様の部分に薄くカシュー漆を塗っていきます。
ローラーを転がすので"ころがし"と呼ぶそうです。


m8.jpg

 
その上に、さまざまな色の粉を蒔いていきます。
富士山や富士山にかかる霞は、綿を使って描きます。


m9-10.jpg

  
皆さん、蒔絵を体験するのはもちろん初めてです。
5人の匠が熱心に指導してくださいます。


m11.jpg

 
富士山の上には、粒子の粗い粉を、粉筒を使って蒔きます。
富士山に雪が積もりました!

  


m12-13.jpg


桜の花や、枝などをカシュー漆で描いて、また粉蒔きをして・・・

  


m14-15.jpg

完成した作品がこちら!
どの作品も本当に美しく仕上がりました!

 


さて、「匠の技」最終回は
1月21日(土)14:00から彫金の実演を開催します。
予約は不要ですので、当日直接会場、当館エントランスホールにお越しください。


そして、多目的室にて開催中の「静岡の匠」展は、
今月22日(日)が最終日となります!

展示室にて開催中の「竹久夢二と静岡ゆかりの美術」展と併せて
ぜひご覧ください。

(m.y)


「匠の技-漆」を開催しました。

2012/01/18

静岡市美術館では、多目的室にて1月7日より開催中の「静岡の匠」展にあわせ、
3週連続で、静岡の匠の技を紹介するイベントを開催中です!

第1週目である8・9日は、静岡漆器工業協同組合の皆さんによる
漆の実演とワークショップを行いました。

静岡漆器工業協同組合の皆さんは、1月4日に完成お披露目をした漆芸作品
《東海道五十三次ひとめ図》の制作に携わられた方々です。

当日は、この《東海道五十三次ひとめ図》に用いられた技法の解説も含め、
駿河漆器独自の"変塗(かわりぬり)"の魅力を存分にご紹介いただきました。

まずは実演の様子からご紹介します。


"変塗"とは、江戸時代、刀の鞘塗(さやぬり)から派生したもので、
漆に顔料で色をつけた色漆(いろうるし)、金属箔(きんぞくはく)、卵殻(らんかく)などを入れ、
模様をつくる"塗り"の技法のことです。
静岡特有の変塗が何種類も考案されており、中には特許を得た技法もあるんですよ。

 
u1.jpg


こちらの写真は、"駿河炭"という研磨用の炭を使って
"研ぎ出し"とよばれる作業をしているところです。
駿河炭は油桐を焼いて作った炭で、全国的にも有名なんですよ。



u2.jpg

 

当日は、職人さんが普段使っている道具も持ってきていただきました。
漆を塗る作業には、女性の髪の毛で作られた刷毛を使います。
最高級の刷毛は、70㎝以上ある海女の髪を切り、50年以上置いたものなのだそうです!


先代から受け継いだ刷毛を、参加者の皆さんも実際に触らせていただきました。


u3.jpg


 
実演の合間には、《東海道五十三次ひとめ図》の前で
それぞれの職人さんが担当されたパーツの変塗のお話もしていただきました。
(ひとめ図は国割のパーツごとに、それぞれ異なる31種の変塗で表現しています!)

 


u4.jpg


こちらの表面を丹念に研ぎ出していくと...



u5.jpg

 

とても美しい模様が浮かび上がってきます!
この光り輝く部分には、夜光貝やアワビの貝が施されています。

皆さん、熟練した職人の技に、食い入るように見入っておられました。




さて、ワークショップでは、
"卵殻ばり"という変塗の技法を用いて絵を描きました。

卵殻ばりは、読んで字の如く卵の殻を貼る技法です。

 


u6.jpg


まず、ひとめ図の中から卵殻ばりが施されたパーツをみんなで探し、
職人さんから卵殻ばりの歴史について教えていただきました。

卵殻ばりは、漆で表現することのできない白い色を画面に作り出すために発案され、
また、その白い涼しげな色合いから夏に使用する物によく用いられた、など
貴重なお話をたくさん伺うことができました!

その後、ワークショップ室へ戻り、制作に入ります。
 



u7.jpg


予め漆塗りが施された板に、カシュー漆
(カシューナッツの殻から絞られた油が原料の漆)で絵を描き、
そこに小さく砕いた卵殻を、つまようじの先に水をつけ、
ひとかけらずつ丁寧に貼っていきます。


u8.jpg 


u9.jpg


年の初めということもあり、
今年の干支である辰や、富士山を描いた参加者が多かったです。

 

ワークショップ終了後、作品は講師を務められた職人さんが
工房に持ち帰りました。


この後、作品の上に2回、3回、と漆を塗り重ね、
駿河炭で卵殻ばりの図柄が浮き出るまで、丹念に研ぎ出します。

 



u10.jpg


作品の横にある紙には、
あわびの貝を貼ってほしい場所が記されています。

研ぎ出しの作業が終わった後、職人さんがひとつひとつ手作業で
貝を切り、貼ってくださるそうです!

仕上がった作品は、2週間後に美術館に届けられます。
私たちも今から完成した姿を見るのが待ち遠しいです!

さて、実演やワークショップで講師を務めていただいた職人さんたちの作品展
「静岡の匠」展を、当館多目的室にて今月22日(日)まで開催中です。

まだご覧になっていない方はどうぞお見逃しなく!

(m.y)


「しずびチビッこプログラム第4回」開催しました!

2012/01/15

 

ご報告が遅くなりましたが、12月3日(土)の午前・午後2回、「しずびチビッこプログラム第4回」を開催しましたので、その様子をご報告したいと思います。

 

 

  チビッ~1.JPG 

 

チビッこプログラムは、2歳以上の未就学児を対象とした、アート体験プログラムです。
小さな子どもでも安全に楽しめるプログラムを展覧会ごとに用意し、初めての美術館体験・アート体験を応援。また、保護者のみなさまにはゆっくりと展覧会鑑賞をお楽しみ頂くという、親子ともに楽しんでめる内容となっています。

 

当館のイベントの中でも、特に人気の高いイベントです。
興味のある方は、ぜひご応募して下さいね。
(次回のご案内は、こちらをご確認下さい

 

今までのチビッこプログラムは、開催中の展覧会に合わせた内容で開催してきましたが、今回はクリスマスが近いこともあり、「オーブン陶土」という粘土を使って、クリスマスツリーに飾るオーナメントを制作しました♪

 

粘土でオーナメント??

 

と思われる方もいるかもしれません。
百聞は一見に如かず。
さっそく、小さなアーティスト達のアトリエをご覧頂きましょう!

 

まずは簡単に、道具の使い方やどのようなものを作るのかを、当館の職員が説明します。

 

説明のようす.JPG

 

 

クッキー型を使うなど、簡単に可愛い形ができてしまうから、この時点で大騒ぎ!
「お星さまだ!」
「しましまになったよ!」
「早くやりたい!」

 

粘土はベージュ・黒・ピンクの3色。
好きな色を選んでもらい、制作開始です。

 

粘土・道具いろいろ.JPG 

 

 

色々な道具を使って、みんな思い思いに形をつくります。


制作のようす⑤.JPG 制作のようす①.JPG

制作のようす②.JPG   制作のようす④.JPG

 

 制作のようす⑥.JPG   道具いろいろ②.JPG

 

大人では発想できない、芸術的な作品も生まれて、感心させられます。

 

こんなに可愛らしい作品が完成しました!


作品①.JPG   作品③.JPG  作品②.JPGのサムネール画像   
 

作品④.JPG  作品⑤.JPG  作品⑥.JPG

この「オーブン陶土」は、自宅にあるオーブンで焼成することで、陶器のような強度になります
おうちでお父さん、お母さんに最後の仕上げをしてもらって完成です。

 

おうちに持って帰る前にツリーの台紙に飾り付けて...。

 

 

飾り付け①.JPG 

 

じょうずにできました!

 

 

 

飾り付け完成!.JPG

 

ひと仕事終わったあとは、終わりのあそび。

 

終わりのあそび①.JPG  おわりのあそび②.JPG  

 


絵本を読んだり、どっちの手におもちゃが入っているかを当てたり...。
1時間30分という長時間にも関わらず、みんな最後まで集中して参加してくれました。


しずびチビッこプログラム第5回は、2月11(土・祝)に開催します。(詳細はこちらをクリックして下さい
申込締切は1月24日(火)です。興味のある方は、ぜひ応募して下さいね。


(k.s)

《東海道五十三次ひとめ図》お披露目です!

2012/01/04

新年あけましておめでとうございます。
静岡市美術館が開館して、2回目のお正月です。


本日、新しい年の幕開けにふさわしい、素晴らしい作品が静岡市美術館に仲間入りしました。

静岡市美術館開館1周年を記念し、静岡市の伝統工芸技術秀士らが、
2年にわたり共同制作した漆芸作品《東海道五十三次ひとめ図》です。


ひとめ図.jpg 



この《東海道五十三次ひとめ図》は、
今から410年前に徳川家康が定めた東海道五十三次を一画面に描いた、
東海道を一目で見渡すことができる作品です。

静岡市美術館のロゴマークや案内サインをデザインした、
アートディレクターの柿木原政広氏が図案を描き、

指物師の方が木地を切り抜き、

静岡漆器工業協同組合の皆さんが下地を作り、
駿河漆器独特の"変塗(かわりぬり)"を披露し、

静岡県蒔絵工業協同組合の皆さんが蒔絵を施す、

というように皆で知恵を絞り、力をあわせ、出来上がりました。


静岡の伝統工芸"漆芸"を今に伝えるこの作品の完成を祝して、
本日、除幕式が行われました。

年明け早々にもかかわらず、たくさんの方にご出席いただきました!

 

DSC_0032_.jpg


除幕の瞬間です!

除幕.jpg 


会場からは一斉に「おぉー!」という歓声が!



DSC_0077_.jpg


《東海道五十三次ひとめ図》は縦2m、横3.2mもある、
巨大な "地図のような絵"です。

遠くから見ても、その美しさに圧倒されますが、
ぜひ近寄って細部までご覧ください。
たくさんの発見があるはずです。

除幕の後、何分も、なかには何十分も作品の前で見入る人の姿が。

 

DSC_0095_h_.jpg

最後に、制作者の皆さんと記念撮影!
皆さん、2年間本当にありがとうございました。




《東海道五十三次ひとめ図》の横には、
この作品の制作過程や、技法を紹介するパンフレットを設置しております。
作品と併せて、ぜひこちらも覧ください。

 


ハンドアウト.jpg


さて、もうひとつ、本日よりスタートした「静岡の匠」展をご紹介します。

「静岡の匠」展は、《東海道五十三次ひとめ図》の制作に携わった方々などの作品展です。
当館多目的室で本日より開催、観覧無料です。(会期:1月4日~22日)
 

匠.jpg


なお、本展に関連したイベントも多数ご用意しております!
静岡の匠の技を間近でご覧いただくことのできる「匠の技-実演」を開催します。


今週末8(日)、9(月・祝)は漆の実演、14(土)は蒔絵、21(土)は彫金です。
詳細はこちらをご覧ください。


予約不要、どなたでもご参加いただけますので、お気軽にお越しください。



では、本年も静岡市美術館をよろしくお願いいたします!


(m.y)