三万人達成&親子で楽しむギャラリートーク

2011/12/17

 

 

3man.JPGのサムネール画像

 

先日12月8日には観覧者が三万人を達成しました。

三万人目のお客様は、三島市からお越しの佐野さんら4名様。

当館館長より、レオナルド展の図録やグッズなど、記念品がプレゼントされました!

4人は華道グループの仲間ということで、食事会の後ご来館下さったとのこと。

ありがとうございました!

 

さて。ここからは関連イベントのご報告です。

「親子で楽しむギャラリートーク」を11月20日(日)、12月11日(日)の二回行いました。

小学生とその保護者の方を対象としたこちらのイベントですが、

9時~10時の間、開館前の特別な時間に鑑賞できるということもあり、お申込みも沢山ありました。

 

 

leo-oyako.JPGのサムネール画像

 

当日はまずエントランスホールに集合。

簡単にマナーや展覧会の概要をお話しました。

 

 

 

leo-oyako (1).JPGのサムネール画像

 

そして展示室に入り、みんなで一緒に4点ほど作品を鑑賞しました。

「ルーブル美術館の《モナ・リザ》に一番にている作品はどれだろう?」

「レオナルドの作品とみんなの目の前にある作品、どこが似ている?」

「《裸のモナ・リザ》と同じポーズ、できる?」

と問いかけていくと、最初は緊張しておとなしかった子どもたちが

どんどん気付いたことを教えてくれました。

普段、美術館では大きな声を出して話すのに躊躇してしまいますが、

参加者だけの特別な時間ということで、肩肘はらずに作品と向き合っていた姿が印象的でした。

 

みんなで鑑賞したあとは、このような紙を配って自由鑑賞の時間に...。

 

leo-oyako (2).jpg 

本展は「女性美」に焦点を当てた展覧会。女性が描かれている作品がほとんどなので、

「とっておきの美女を探そう投票用紙」と題し、

自分が好きな女性、一番綺麗だと思う女性が描かれている作品を見つけてもらいました。

もちろんお父さん、お母さんにも投票してもらいました。

 

ちなみに、投票結果はこちら...!

11月20日(日) 1位 ≪アイルワースのモナ・リザ≫

            2位 レオナルド周辺の画家≪レダと白鳥≫

            3位 サライ≪聖母子と聖アンナ≫

 

12月11日(日) 1位 レオナルドと弟子(カルロ・ペドレッティ説)≪岩窟の聖母≫

            2位 サライ≪聖母子と聖アンナ≫

           3位 レオナルドとジャンピエトリーノ(カルロ・ペドレッティ説)≪マグダラのマリア(ルクレティア?)≫

 


静岡展のみ展示されるサライ≪聖母子と聖アンナ≫が両日ランクインしてます。

ちなみに20日の2位となった≪レダと白鳥≫はほとんどがお父さんたちの投票です。

しなやかなレダの裸体に見とれてしまった方が多かったようです。

この他にも皆、それぞれのお気に入りの女性を見つけてくれました。

 

 

 

leo-oyako (5).JPG

 

最後に選んだ作品のどこが良かったかを1人1人聞き、

「鑑賞マスター認定証」をお渡しして終了しました。

 

 

leo-oyako (4).JPG 


レオナルド展も残すところ、あと7日となりました!

みなさまどうぞお見逃しなく!

 

(a.i)

「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展 講演会のご報告

2011/12/01

本日から12月。今年もあと一ヶ月となりました。

本展も11月3日に開幕し、会期も残すところ、あと半分。

早いですねぇ。

 

「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」展、連日多くのお客様にお越し頂いております!

年の瀬の忙しさで「行き忘れた!」とならぬよう、みなさま、お早目のご来館をお待ちしております。

会期終了間際は混み合うことが予想されますが、今なら比較的ゆっくりとご鑑賞いただけます♪

本日は展覧会に合わせて行われた講演会2本のご報告です。

 

 

 

vezzo.JPG

 

一つ目は11月3日(木・祝)、開幕初日に行われた「レオナルドと美の世界」。

本展監修者のアレッサンドロ・ヴェッツォージ先生に、イタリアからお越しいただきました!

 

ヴェッツォージ先生は、レオナルドが生まれたフィレンツェ近郊のヴィンチ村にある、

「レオナルド・ダ・ヴィンチ理想博物館」の館長をされており、レオナルド研究の第一人者でもあります。

ご講演では出品作品の見どころを解説して頂きました。

出品作74点のうち、9割が日本初公開。専門家でも目にする機会が少ない貴重な作品が多数出品されています。

レオナルドの影響がみられる弟子の作品や、「モナ・リザ」を巡る謎など、

最新の研究成果を踏まえながらも、丁寧にわかりやすくご説明いただきました。

 

ご講演のなかで「レオナルドは晩年、東洋を旅したいという夢を持っていたようです。

今回、このように作品が海を渡り、この静岡の地にやってきたことで、作品を通じ、彼の夢は実現したわけです。」

とのお話がありました。

 

開幕まで準備に追われバタバタしておりましたが、このお言葉を聞いてじーんと胸に響くものがありました。

レオナルドが追い求めた美の理想、第一会場の静岡市美術館で多くのお客様にご覧頂ける機会になれば、

と気を引き締める初日となりました。

 

 

 

 

kiji.JPG二つ目は、11月12日(土)に行われた「レオナルド・ダ・ヴィンチの<謎>について」。

講師は日本側監修者でBunkamuraザ・ミュージアム プロデューサーの木島俊介先生。

 

出品作品に限らず、レオナルドの作品やルネサンス芸術において大きな影響を与えた

ネオプラトニズムについてもご説明頂きました。

哲学はなかなか難しいですが、木島先生のわかりやすいご説明で、中世のキリスト教世界から移行し、

名だたる芸術家たちが生まれたルネサンスという時代の根幹がわかり、とても興味深かい内容でした。


今回の2本の講演会、レオナルドの人気を証明するかのように、本当に沢山のご応募がありました。

抽選にもれてしまった方、申し訳ありません!

ヴェッツォージ先生、木島先生、お二人のご論考が本展の展覧会図録に所収されておりますので、是非ご覧下さい!

 

 

(a.i)