静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > ワークショップ「ちぎって、はって、セガンティーニ!」大人編

ワークショップ「ちぎって、はって、セガンティーニ!」大人編

2011/10/20



セガンティーニWS.jpg
10月9日・16日と2日間にわたり、セガンティーニ展関連イベント
ワークショップ「ちぎって、はって、セガンティーニ!」大人編を開催しました。

9月10日に開催した子ども編の様子はこちらをご覧ください。

大人編は1日5時間、しかも2日間なので計10時間!
長丁場のワークショップにもかかわらず、たくさんのお申し込みをいただきました。
ありがとうございます。

今回は子ども編同様、マスキングテープを"ちぎって、はって、"作品をつくりますが、
2日間かけてじっくり、ちぎり絵のようにして、セガンティーニの作品を細部まで再現します。

まずは今回も、展示室にて作品を鑑賞し、学芸員による解説を聞いたり、
補色や色彩分割技法について学びました。

 

DSCN6146_b.jpg






その後、セガンティーニの作品「牛を飲む茶色い雌牛」と「アルプスの真昼」から、
今回制作する作品を選びます。


DSC_0003_b.jpg


作品が決まったところで、セガンティーニが用いた色を、
ワークシートをとおして探ります。


DSCN6183_b.jpg



DSCN6204_b.jpg


さて、いよいよ台紙にマスキングテープを貼っていきます。

1日目は太いテープを使い、画面全体を埋めていきます。
作品のコピーを横に置いて、筆の向きを意識しながら...


DSCN6200_b.jpg



DSCN6201_b.jpg


テープで絵を描くなんて、皆さん初めての経験ですので、
最初のひと貼りはとても緊張されたようです。

ある程度貼りだすと、皆さん、夢中でテープを貼っていきます。


DSCN6205_b.jpg


あっという間に1日目が終了。

制作時間は正味4時間にもかかわらず、みなさんここまで進みました!


1009_.jpg


なかには、貼り方をいろいろ工夫して、独自の描き方を生み出す方も...!
題材とした作品は2つですが、ひとつひとつの作品に個性が出て、面白いですね。



2日目は、細いタイプのテープを使って、細かい表現を描いていきます。

まず、みなさんの作品の途中経過を鑑賞し、今日の進め方を確認してからスタートです。


DSCN6262_b.jpg



DSCN6345_b.jpg


セガンティーニの「櫛で描いたような」と表現される描き方に近づけるため、
細いテープをさらにテープを細く切って、1本1本丁寧に貼っていきます。



拡大.jpg


また、セガンティーニの用いた色彩分割
(・・・パレット上で絵具を混ぜ合わせずに、純色をそのまま糸状の細い線として
キャンバスに並べ、人間の網膜上で、色彩混合が起こる)
技法を再現するため、補色の組み合わせを意識して貼っていきます。

近くで見ても美しいですが、遠くから見ると...画面がより鮮やかに!
色彩分割技法を、制作を通してみなさんに体験していただきました。

こちらが、完成した皆さんの作品です。



1016_.jpg

殆どの方が、普段絵を描く機会がない、とおっしゃっていました。
しかし、それが信じられないほど完成度の高い、素晴らしい作品ばかり!!

帰り際に、大勢の参加者の方々が、「もう一枚つくりたい!」と、
台紙を持って帰ってくださいました。
参加者の皆さん、完成したらぜひ見せてくださいね!!


マスキングテープは、ちぎり絵のように紙に糊をつける必要もありませんし、
一度貼ってもはがすことができるので、初心者の方でも安心してチャレンジできます。

最近は、さまざまな文具や画材が次々と開発されています。
身近な素材を、意外な使い方で描いてみると、新しい発見があるかもしれませんね。

(m.y)