9/19「敬老の日だ!家紋でつながるプレゼントづくり」を開催しました。

2011/09/23

今年度よりスタートした「プレゼントワークショップシリーズ」の第二弾。
記念日に合わせて、家族や大切な人へのプレゼントをつくるワークショップです。

第一回目は父の日にお父さんの面をつくりました。その時の様子はこちら


今回は「家紋」をテーマに、子どもたちが
大好きなおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントをつくりました。


敬老チラシ.jpg


 

家族のつながりを示す日本独自のマークである「家紋」は、
1,000年以上の歴史があるんですよ。
しかも、その数はなんと約2万!

時代と共にデザインは少しずつ変化し、洗練されたデザインのみが、
今もなお家紋として使われ続けています。

最近は、自分の家の家紋、ご存知ない方も多いと思います。

子どもたちに、この素晴らしい日本の文化を知ってほしい。
そして、代々家に伝わる家紋を通して、家族の絆を深めてほしい。
そんな思いから、今回は家紋の入ったプレゼントを制作することにしました。



この日の持ち物は「自分の家の家紋がわかるもの」です。

みんな忘れずに持ってきてくれました!

 


 

DSC_0035_.jpg

 

まずは家紋を描いてみます。

みんなのおうちの家紋には、何が描かれているかな?


 

制作に入る前に、ちょとだけ家紋のお勉強。


同じ模様の家紋でも、丸で囲まれていたり、二つ並んでいたり、重なっていたり...
たくさんのパターンがあって、ひとつひとつ名前が違います。

丸で囲まれていたら「丸に」。

二つ並んでいたら「抱き」、二つ重なったいたら「違い」。


〇×クイズで、みんなにも自分の家の家紋の名前を覚えてもらいました!

DSC_0049_.jpg

 

家紋の名前がわかったところで、いよいよ制作に入ります!


今日は「オーブン陶土」という粘土を使って、家紋の入ったコースターをつくります。



 

DSCN6049_.jpg

 


まずは「たたら」(粘土を板状にしたものです)をつくって、丸く型抜きします。

 

DSC_0075_.jpg

 

DSC_0079_.jpg


 

DSC_0088_.jpg

 

次に、違う色の粘土でうすーい「たたら」をつくって、
次はそれを家紋のかたちに切り抜いていきます。


DSC_0090_.jpg


 
細かい作業に、みんな真剣!


土台の上に切り抜いた粘土をのせ、のし棒でころころして、 


 

DSC_0101_.jpg


 

家紋の細かい模様を丁寧に描いていきます。

 

DSC_0124_.jpg

 


DSC_0115_.jpg

 


裏には、大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへのメッセージを入れて...完成!



DSC_0146.JPG

 

似顔絵とお手紙も書きました。

 

DSC_0147_.jpg



 完成したコースターはきれいにラッピングして、
似顔絵を添えて一列に並べます。



DSC_0153_.jpg


 16時、参加者のおじちゃんおばあちゃんが美術館へ到着!

お孫さんが作った作品を、家紋と似顔絵を手掛かりに探していただきました!


 

日頃の感謝の気持ちと共に、子どもたちはプレゼントを渡しました。

おじいちゃん、おばあちゃん、喜んでくれてうれしかったね!

 

DSC_0162_.jpg

 


DSC_0155_.jpg

 

(m.y)

静岡市美術館 秋のイベント情報!

2011/09/21

秋と言えば...読書の秋、スポーツの秋、そして、芸術の秋!
静岡市美術館では、沢山のイベントを企画しています。
今回は当館のイベントを、まとめてご紹介いたします!
皆さま、この秋は、ぜひ静岡市美術館へお越しください。

 

まずは、好評開催中の「アルプスの画家 セガンティーニ ―光と山―」展、関連イベントのご案内です。


ワークショップ「ちぎって、はって、セガンティーニ!」【大人編】
セガンティーニの用いた色彩分割技法について学び、カラフルなマスキングテープを使って、
セガンティーニの絵を再現します。
先日実施した同ワークショップ【子ども編】
大人編では2日間かけて、じっくりと制作。大作に挑戦します!


日時:10月9日(日)、16日(日) 10:00~16:00
参加料:2,000円
対象:高校生以上 20名 (※両日とも参加可能な方)
申込:HP申込フォームまたは往復はがきにて。【9月27日(火)必着】

 

セガンティーニWSチラシ大.jpg
講演会「セガンティーニの『良き母』と『悪しき母』」
2011年3月にセガンティーニの研究書を翻訳出版された、慶應義塾大学名誉教授の末吉雄二氏を講師に迎えます。
作品における母性について、同時代の美術と比較しながら、セガンティーニの魅力を紹介します。


日時:10月10日(月・祝) 14:00~15:30 (開場は13:30)
参加料:無料
申込:HP申込フォームまたは往復はがきにて。【9月27日(火)必着】



当館学芸員によるギャラリートーク
日時:9月25日(日) 、10月2日(日) 、16日(日) いずれも14:00~
参加料:無料 ※要観覧券
申込:不要。当日インフォメーション前にお集まり下さい。

 



また、エントランスホールでは、
Shizubi Project1人と煙と消えるかたち 袴田京太朗」を開催中しています。
会期最終日には、袴田京太朗氏と美術批評家の沢山遼氏をお招きしてトークイベントを開催します。


トークイベント「人と煙と消えるかたち」を語る
日時:10月23日(日) 15:00~17:00 (開場14:30)
対談者:袴田京太朗(彫刻家)
      沢山遼(美術評論家)
      以倉新(静岡市美術館学芸課長)
 参加料:無料
 対象:どなたでも70名
 申込:事前申込不要、当日先着順。


さらに、10月には「Shizubi Project1人と煙と消えるかたち 袴田京太朗」カタログを刊行予定!
「彫刻とは何か」を問い続けてきた作家の全貌を紹介します。

 

袴田京太朗 トーク.jpg

 


その他にも、シンポジウムを開催します!!

 

日独国際シンポジウム
「都市とアートと美術館"ブレーメン的・シズオカ的"」

「日本とドイツ」「静岡とブレーメン」のアートや美術館の状況、街のなかでのアートプロジェクトの可能性をふまえ、
アートの国際交流のあり方、次世代へ向けたメッセージなど多様な話題を提供します。

日時:10月15日(土) 13:30~16:00 (開場13:00)
パネリスト:
 Peter Rautmann(美術史家、ブレーメン州立芸術大学インスティテュート'SYN' 所長、ブレーメン州立芸術大学前学長)
 Yuji Takeoka(アーティスト、ブレーメン州立芸術大教授)
 長橋秀樹(アーティスト、常葉学園短期大学准教授)
 堀切正人(静岡県立美術館上席学芸員)
 以倉新(静岡市美術館学芸課長)
コーディネータ:蜂谷充志(常葉学園大学准教授)
参加料:無料
対象:どなたでも70名
申込:事前申込不要。当日先着順。

 

詳細は各イベント情報をご覧ください。
皆さまのご来館を、お待ちしております!

 

(c.o)

レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想 前売情報

2011/09/16

セガンティーニ展の真っ最中ですが、早くもその次の展覧会、

静岡市美術館開館記念展の第2弾、

「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」(11/3~12/25)のチラシが刷り上がってきました!

 

 

leo-soto.JPG

 

刷り上がりほやほやです。

中を開くと...

 

 

leo-naka.JPG

 

金色でゴージャスな雰囲気です♪

これから全国へ発送していきますが、もしどこかでご覧になりましたら、是非お手に取ってみてください!

HPの方も徐々に情報アップしていきますので、もうしばらくお待ちください)

 

そして、明日、17日から前売り券が販売開始になります!

 

一般 1,400円→1,200円
大高生・70歳以上 900円→700円
※中学生以下無料
※*障害者手帳等をご持参の方および必要な介助者は無料

 

販売期間:9月17日(土)から11月2日(水)

販売場所:静岡市美術館、チケットぴあ[Pコード:764-819]、ローソンチケット[Lコード:45246]、
谷島屋呉服町本店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの日本初公開の《衣紋の習作》をはじめ、

弟子との共作、レオナルド派の作品など、約80点が出品されます。

この機会にぜひお得な前売り券をご利用ください!

 

(a.i)

 

セガンティーニクイズ!

2011/09/13


9月11日(日)に、ギャラリートークを開催しました。
30名近くのご参加があり、担当学芸員も相当力が入った模様です。

 

ギャラリートークはあと3回(9月25日、10月2日、10月16日)ありますので、
ご参加いただけなかった方、是非次回以降のご参加をお待ちしています!

 

さて昨日、入り口の写真を掲載しましたが、

 

「展示室の内部もみたい!」という声にお応えして、今日は少しだけ内部を。。。。


ここは第1章の部分。

 

写真1~1.JPG

 

 

写真2~1.JPG

 

 


写真3~1.JPG

 

セガンティーニが美術学校を卒業した直後の作品をはじめ、ミラノ~ブリアンツァ地方で生活していた頃の作品を展示しています。


ここで、クイズ!


セガンティーニの絵にはたくさんの羊が登場しますが、
さてさて、この羊はどの作品に描かれているでしょう?

 

 


写真4~1.JPG

 

少し簡単すぎるでしょうか? 答えは来週のこのブログで!

(ちなみに、この羊クイズ、あと2回ほど予定しています。乞うご期待!)

 

(k.o)


 

「ちぎって、はって、セガンティーニ ! 」子ども編

2011/09/11

「アルプスの画家 セガンティーニ―光と山―」がスタートして1週間が経ちました。
本展もさまざまな関連イベントをご用意しております!

今日は昨日開催したワークショップのご報告です。

9月10日、「アルプスの画家 セガンティーニ―光と山―」関連ワークショップ 
『ちぎって、はって、セガンティーニ ! 』の子ども編を開催しました!

セガンティーニの用いた色彩分割技法について学んだ後、
カラフルなマスキングテープを使って、
セガンティーニの作品「水を飲む茶色い雌牛」の牛さんを描きました。

 

DSC_0008.JPG



先ずは、展示室でセガンティーニの作品を鑑賞。

「山や空、見ると何色で描かれているかな?」

「ピンク!きいろ!...いろんな色が使われてる!」



そうなんです。


とても細かい櫛のようなタッチが特徴的なセガンティーニの作品。
鮮やかな色で描かれた山や空の中には、補色が使われています。


今日は、この「色彩分割技法」や「補色」をキーワードに、みんなで作品を作りました。



 
DSC_0012_.jpg


制作の前に、色の不思議を体験。
補色残像や白黒写真がカラーに見える実験をしたり...



DSC_0008__.jpg


マスキングテープで虹色の輪っか(色相環)を作ったり...




DSC_0006.jpg


セガンティーニさんのパレットをつくったり再現したり...

マスキングテープはやや透過性があるので、
重ねて貼ると色が変わります。

「濃い色の上に薄い色を重ねるときれい!」
パレットワークシートで、いろいろ実験。

その後、3つの紙にマスキングテープを貼っていきます。



 
DSC_0025.JPG



16色あるマスキングテープを、みんなで3つのグループに分けます。
明るい色のグループと、中くらいと、濃い色のグループ。



DSC_0032.JPG 



3つに分けたら、紙に貼っていきます。


DSC_0033.JPG



さきほど作った「虹色の輪っか」を見ながら、
補色を意識して貼っていきます。

DSC_0057.JPG




3つの明るさの紙が完成!


この紙の裏側には切り取り線が印刷してあります。


DSC_0063.jpg



 

DSC_0054.JPG




DSC_0064.jpg


これをはさみで切りぬいて、パズルのように組み合わせていくと...
 


カラフルな牛さんが完成!
 

 



 

DSC_0065.JPG



額に入れて、サインを入れて...



みんな、とっても色鮮やかな牛さんが出来上がりました。



 

DSC_0083.JPG



DSC_0081.JPG 



 
 色彩分割を用いて作った牛さんは、近くで見たり、離れて見たりすると、
また印象が違って見えます。


 

みなさんもぜひ、セガンティーニの作品を、
近くで見たり、離れて見たりしてみてください。
セガンティーニの鮮やかな色彩の秘密が、おわかりいただけるはずです。



さてさて、来月10月9日・16日は
『ちぎって、はって、セガンティーニ ! 』大人編を開催します!!

大人編は2日間じっくり時間をかけて、大作を制作予定です。


こちらは申込受付中です。
9月27日締切ですので、ご興味ある方はぜひぜひ、お申し込みください!


詳細はこちらをご覧ください。



 

DSC_0012.jpg


 

(m.y.)



 


 

セガンティーニ展、はじまりました!

2011/09/10

朝・夕の風がすこしずつ秋らしくなってきました。

 

さて、セガンティーニ展、無事始まりました!

 

入り口だけこっそりお見せしますと・・・

 

 

seganthini0910-1.JPG

 

こんな感じです。

ここからどのようなセガンティーニワールドが始まるのか・・・

 

それは美術館に来てからのお楽しみ。。。

 

どのような作品が展示されているのかは、当館ホームページでも少しお見せしていますので、
是非是非こちら(http://www.shizubi.jp/exhibition/110903_02.php)をご覧ください。

 

さて、国芳展に続いて、セガンティーニ展も、館内サインをたくさんつけています。

 

 

 

segantini0910-2.JPG

 

代表作《アルプスの真昼》が一番多いのですが、この柱につけた《水を飲む茶色い雌牛》も素敵な作品です。

今年の秋は3連休が3回もあります!
どこに行こうかな、まだ迷われている方、この秋は是非シズビへ!

 

(k.o)