静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 静岡市美術館のVIがOne Showのシルバープライスを受賞!!

静岡市美術館のVIがOne Showのシルバープライスを受賞!!

2011/07/18

静岡市美術館のV I (ヴィジュアル・アイデンティティ)が、
国際的なデザイン賞である「ワンショウ( One Show)」のシルバープライズ(銀賞)を受賞しました!


●VI (ヴィジュアル・アイデンティティ)とは
企業のコミュニケーションの効率や効果を高めることを目的に、
シンボルマークやロゴタイプなど視覚的デザインを総合的に作成することを言います。

 

●ワンショウ(One Show)とは
「カンヌ国際広告賞」「クリオ賞」と並ぶ世界3大広告賞の1つで、
1975年にアメリカ・ニューヨークで設立された非営利団体「ワンクラブ(The One Club)」が主催しています。
受賞トロフィーはクリエーティビティのシンボルともいえる「ペンシル(鉛筆)」の形をしています。

 

●デザインは、アートディレクターの柿木原政広氏が担当
静岡市美術館のロゴマークやロゴタイプ、館内の案内サインなどのデザインは、
アートディレクターでデザイナーの柿木原政広氏によるものです。

 

●静岡市美術館のロゴマークにこめられた想い
ロゴマークは、静岡、そして日本を象徴する富士山をモチーフにしています。
重ねられた2つの円には、人の輪の広がりや、地域と世界を結ぶイメージが表わされています。
また、視点と奥行きの変化による" 視ることの楽しさ" にも気付かせてくれます。

 

トイレのマークなど館内の案内サインは、柿木原氏のデザインをもとに、
モザイクタイルを使って市民が作った手作りです。
市民に開かれ、末永く愛される美術館になるようにとの願いを込めて
開館直前に実施したワークショップで、親子80人の手により制作されました。

 

静岡市美術館は、このように、"地域に開かれ、人と人、地域と世界の活発な交流のなかから、
新しいしずおか文化の創造と発信"を目指しています。
審査では、このような美術館のコンセプトに、シンプルながら一目で印象に残り、
遊び心のあるカタチを与えた点が高く評価されました。

 

美術館には、昨年5月の開館以来、エントランスホールなど「交流ゾーン」も含めると、
本年6月末で既に35万人の方が訪れています。
"街のなかの広場"のような美術館を目指して――― 今回の受賞をきっかけに、
ますます多くの方に愛される美術館となるようスタッフ一同努めたいと思います。

 

R0025443.JPG

5月9日にニューヨークで行われた授賞式の様子

 

P1000769.JPG

7月12日の静岡市長定例記者会見で 田辺市長(左)と柿木原氏(右)

 

Silver_Pencil.jpg

 

関連サイト:The One Club  http://www.oneclub.org/
受賞作品紹介 http://www.oneclub.org/#olb=/_ajax/archive/?action=arc_work%26value=12842
ネット環境によって、閲覧できない場合がございます。

 

(C.O)