静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 会期中いつでも誰でも「国芳とあそぼう!」

会期中いつでも誰でも「国芳とあそぼう!」

2011/07/23

「没後150年 歌川国芳展」開幕から2週間。
当館多目的室で実施している「みんなで巨大鯨を描こう!」が始まり、早いものでもう1ヶ月が過ぎました。


DSC_0063.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、皆さんにマスキングテープを貼り付けてもらっています。

完成に近づく鯨をみて、スタッフが感激したのは・・・ココ!!


DSCN4895.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

鯨の背中部分は、もともと模様がついているマスキングテープを用意したのですが、
来館者の皆さんの観察眼はさらに鋭い!
他の色のテープを使って、鯨の背中や尾にある"斑点"を見事に表現してくれました。

 

さらに鯨の目は細部まで丁寧に貼り付けてくださいました。

 

DSCN4894.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

皆さんのお陰で、スタッフの予想を超えるほど完成度の高い巨大鯨が仕上がっています。
ちなみに「宮本武蔵の鯨退治」は後期(8月2日~8月21日)に展示されます。
ぜひ、本物の色合いを確かめに来てくださいね。

 

そして、巨大鯨の隣には「武者絵トレカを作ろう!」のコーナーがあります。
武者絵クイズに答えて全部のトレカを集めると、スペシャルトレカがもらえます!
前後期でトレカの種類が変わりますので、ぜひ足を運んでくださいね!


DSC_0128.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ちょっとだけ注目していただきたいのは、トレカの裏面。


DSCN4903.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

美術館スタッフがデザインしたのですが、国芳の作品をモチーフにしました。
国芳の作品をじっくり観察すると、このような細部までこだわった、オシャレなフレームがよく登場します。

 

作品を隅々までご覧いただくと、国芳の多彩さがより一層伝わるのではないかと思います。


(c.o)