静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > "しずび"に"チビッこ"集まる!

"しずび"に"チビッこ"集まる!

2011/07/09

「没後150年 歌川国芳展」、本日無事、オープンいたしました!

初日より、たくさんのお客様にご来館頂いており、大盛況です!!

展覧会については、また、展覧会担当よりたっぷりとご紹介させて頂きますね!!!

 


さて!去る「ハンス・コパー展」の最終日6月26日(日)、"しずび"にたくさんの"チビッこ"たちが集まりました。

題して『しずびチビッこプログラム』。

これは、2歳~未就学児を対象とした90分間のアートプログラムです。併せて、保護者の皆さまには、展覧会を鑑賞して頂くというものです。

当日は午前・午後と2回実施。合計22人の子ども達が参加してくれました。

会場は当館ワークショップ室。
すっかりチビッこ仕様で、何だか楽しい雰囲気^^!
『ニョロ』さんが子ども達をお出迎えします!

 


DSC_0009.JPGのサムネール画像 

 

お父さん、お母さんと離れるのがちょっぴり寂しい子ども達も、『ニョロ』さんのお陰ですっかり笑顔。

ファスナーでつながる『ニョロ』さんをみんなで完成させて、気持ちもほぐれたところで、いよいよアートプログラムに入ります。

 


DSC_0020.JPGのサムネール画像 


プログラムは開催中のコパー展に関連した「粘土遊び」を行います。
まずは、かるーい紙粘土をつかって、カタチ遊び!
いろんな型でくり抜いて、いろんな道具を使って、メダルやブローチ、動物をつくります。

 

 

DSC_0062.JPGのサムネール画像 


好きな水彩絵の具を選んで、粘土に練り込んで・・・

 


DSC_0109.JPGのサムネール画像 


色が変わった-!!と大はしゃぎ。

 

 

 

とっても真剣な表情^^

 

DSC_0104.JPGのサムネール画像 

 

元気いっぱい^^


DSC_0061.JPGのサムネール画像 

 


紙粘土あそびはいったん終了。次はいよいよ展覧会に踏み込んだ内容に入ります。
「合接」の手法で数々の陶芸作品を制作したコパー。それを感じてもらうためのパズル遊びです。

あっという間にパズルを完成させた子ども達に聞きます。
「何にみえるかな?」
「おちゃわん!」
「こうすいのびん!」

 


DSC_0137.JPG 

 

実は、担当はどうなるかな~とドキドキしていたのですが、一見すると何なのか分かりづらいコパーの作品を、"陶芸作品"で、何かを入れる"容器"であることがわかるんですね。
小さい子ども達も、ちゃんと鑑賞ができる!と実感できたうれしい瞬間でした。

 

合わせてルーシー・リーのボタンカードを見せ、すきな形をひとつ、えらぶあそびも行いました。
「ぎょうざみたいなかたち!」なんて意見もありましたよ♪

そして、いよいよメインのお父さん、お母さんへのプレゼントづくり。
オーブン粘土をつかって、ブローチやボタンなどをつくります。
 
 
先ほどの型抜きや道具をつかって、いろいろな形が出来上がりました。

 

DSC_0118.JPG 

 

最後まで、楽しく、集中して充実した90分を過ごした子ども達。
『ニョロ』さんともすっかり仲良し。みんなの人気者になりました。

 


DSC_0125.JPG 


この「しずびチビッこプログラム」は、今後も、展覧会毎に1日、実施する予定です。
次回は「没後150年 歌川国芳展」会期中、7/17日(日)に実施します!

 

(s.m)