「夏休み!しずびキッズアトリエ」本日よりスタート!!

2011/07/26

本日より、「夏休み!しずびキッズアトリエ 国芳とあそぼう」がスタートしました。

夏休み、しずびのワークショップ室が子ども達のアトリエに大変身!
美術館ならではのおもしろい"ものづくり"を体験することができるのです。


なんと、このワークショップ、
今日から3週間、毎日!しかも1日3回!! 実施します!!!
(休館日である月曜日を除きます)


初日、ぐずついた天気であったにもかかわらず、たくさんの方にご参加いただきました!
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


 

0726_1.jpg


 

今日は、初日の様子と併せて、しずびキッズアトリエの内容をご紹介します。


 

現在開催中の「没後150年 歌川国芳展」の出品作品の中から、
国芳のダイナミックで迫力満点の作品を数点ピックアップし、
それぞれの作品の魅力をより実感していただけるような、
当館オリジナル工作キットを作成しました!


キットは大きく分けて3種類あります。


1.飛び出す浮世絵カードをつくろう!
  国芳の迫力満点の大判三枚続の作品をもとに、飛び出すカードをつくろう!
  ※さらに4種類の中からお選びいただけます。


 


大相撲.jpg

 

平家.jpg

 

 


2.影絵のしかけカードをつくろう!
  国芳の影絵作品をもとに、ふすまを開くと動物や人が、

  閉じるとその影が浮かびあがるしかけカードをつくろう!

 


 

 

影絵2.jpg

 

 


3.猫語呂(ゴロ)合わせカードをつくろう!
  猫好きの国芳が描いた「其まヽ地口猫飼好五十三疋」に登場する猫たちを切り貼りして、

   猫語呂(ゴロ)合わせカードをつくろう!
  ※さらに2種類の中からお選びいただけます。

 

大磯1.jpg

 

 

 

大磯2.jpg

 

 


...と言う訳で、キットは全7種類ご用意しております。
ぜひぜひ、全種類挑戦してみてくださいね。


 

お時間は


①10:30~11:30
②13:00~14:00
③14:30~15:30


となります。


毎朝10時より、全ての回のチケットを同時に当館インフォメーションにて販売開始いたします。


各回先着20名となっておりますので、ご注意ください。



このキットを作るに当たり、久しぶりに工作をしましたが...
「工作ってこんなに楽しかったんだ!!」と、改めて実感しました。


お子さんは夏休みの宿題に、
プラモデル好きのお父さんにも。
ちょっと変わったグリーティングカードを作りたい学生さんも。


キッズアトリエ...という名前ではありますが、

小学生以上であればどなたでも参加可能ですので、
大人もぜひご参加ください。


 

0726_4.jpg


 

0726_2.jpg


 

0726_3.jpg

 


皆さんどうぞお誘いあわせの上、「しずびキッズアトリエ」にお越しください!
ワークショップ室でお待ちしております!


 


(m.y)


講演会「後姿の感情-歌川国芳の自画像とその系譜」

2011/07/26

 

前期展示は、早いもので今週いっぱいで終了
残すところ今日を含めて6日です。

 

7月24日日曜日の午後、岡戸敏幸先生をお招きして講演会を開催しました。

 

そもそも、岡戸先生が"後姿"に興味をもったのも、1996年に開催された「生誕200年歌川国芳展」を担当され、国芳の後姿の自画像に出会った頃からだとのこと。

 

そして今回、没後150年を記念した国芳展でのご講演です

 

 

 

国芳展 講演会 後姿.JPG

 

 

現在知られる限り、なぜか後姿でしか自画像を残していない国芳
"後姿"の意味・・・
絵の中の人物になって絵の中に入り込むような後姿・・・

 

講演会 ようす.JPG

 

「浮世よしづ久志」(前期展示)を語ると、聴衆はぐっと岡戸先生のお話の世界へ、
国芳の絵の世界へ引き込まれてゆきます

 

国芳 講演会 猫よしよし.JPG    bubun.jpg 

「浮世よしづ久志」(部分/前期展示) 

 

 

いやはや
国芳は猫を抱いて"よしよし"しているんですねえ

 

岡戸先生は本当に楽しそうに国芳の作品を語ります
国芳の絵の力は、江戸の人たちだけでなく、時代を超えて私たちに絵の魅力を教えてくれますね
視ることの新たな発見がたくさん!

 

国芳の絵を見るのがますます面白くなるお話でした

 

(e.y)

会期中いつでも誰でも「国芳とあそぼう!」

2011/07/23

「没後150年 歌川国芳展」開幕から2週間。
当館多目的室で実施している「みんなで巨大鯨を描こう!」が始まり、早いものでもう1ヶ月が過ぎました。


DSC_0063.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、皆さんにマスキングテープを貼り付けてもらっています。

完成に近づく鯨をみて、スタッフが感激したのは・・・ココ!!


DSCN4895.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

鯨の背中部分は、もともと模様がついているマスキングテープを用意したのですが、
来館者の皆さんの観察眼はさらに鋭い!
他の色のテープを使って、鯨の背中や尾にある"斑点"を見事に表現してくれました。

 

さらに鯨の目は細部まで丁寧に貼り付けてくださいました。

 

DSCN4894.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

皆さんのお陰で、スタッフの予想を超えるほど完成度の高い巨大鯨が仕上がっています。
ちなみに「宮本武蔵の鯨退治」は後期(8月2日~8月21日)に展示されます。
ぜひ、本物の色合いを確かめに来てくださいね。

 

そして、巨大鯨の隣には「武者絵トレカを作ろう!」のコーナーがあります。
武者絵クイズに答えて全部のトレカを集めると、スペシャルトレカがもらえます!
前後期でトレカの種類が変わりますので、ぜひ足を運んでくださいね!


DSC_0128.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ちょっとだけ注目していただきたいのは、トレカの裏面。


DSCN4903.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

美術館スタッフがデザインしたのですが、国芳の作品をモチーフにしました。
国芳の作品をじっくり観察すると、このような細部までこだわった、オシャレなフレームがよく登場します。

 

作品を隅々までご覧いただくと、国芳の多彩さがより一層伝わるのではないかと思います。


(c.o)

 

静岡市美術館のVIがOne Showのシルバープライスを受賞!!

2011/07/18

静岡市美術館のV I (ヴィジュアル・アイデンティティ)が、
国際的なデザイン賞である「ワンショウ( One Show)」のシルバープライズ(銀賞)を受賞しました!


●VI (ヴィジュアル・アイデンティティ)とは
企業のコミュニケーションの効率や効果を高めることを目的に、
シンボルマークやロゴタイプなど視覚的デザインを総合的に作成することを言います。

 

●ワンショウ(One Show)とは
「カンヌ国際広告賞」「クリオ賞」と並ぶ世界3大広告賞の1つで、
1975年にアメリカ・ニューヨークで設立された非営利団体「ワンクラブ(The One Club)」が主催しています。
受賞トロフィーはクリエーティビティのシンボルともいえる「ペンシル(鉛筆)」の形をしています。

 

●デザインは、アートディレクターの柿木原政広氏が担当
静岡市美術館のロゴマークやロゴタイプ、館内の案内サインなどのデザインは、
アートディレクターでデザイナーの柿木原政広氏によるものです。

 

●静岡市美術館のロゴマークにこめられた想い
ロゴマークは、静岡、そして日本を象徴する富士山をモチーフにしています。
重ねられた2つの円には、人の輪の広がりや、地域と世界を結ぶイメージが表わされています。
また、視点と奥行きの変化による" 視ることの楽しさ" にも気付かせてくれます。

 

トイレのマークなど館内の案内サインは、柿木原氏のデザインをもとに、
モザイクタイルを使って市民が作った手作りです。
市民に開かれ、末永く愛される美術館になるようにとの願いを込めて
開館直前に実施したワークショップで、親子80人の手により制作されました。

 

静岡市美術館は、このように、"地域に開かれ、人と人、地域と世界の活発な交流のなかから、
新しいしずおか文化の創造と発信"を目指しています。
審査では、このような美術館のコンセプトに、シンプルながら一目で印象に残り、
遊び心のあるカタチを与えた点が高く評価されました。

 

美術館には、昨年5月の開館以来、エントランスホールなど「交流ゾーン」も含めると、
本年6月末で既に35万人の方が訪れています。
"街のなかの広場"のような美術館を目指して――― 今回の受賞をきっかけに、
ますます多くの方に愛される美術館となるようスタッフ一同努めたいと思います。

 

R0025443.JPG

5月9日にニューヨークで行われた授賞式の様子

 

P1000769.JPG

7月12日の静岡市長定例記者会見で 田辺市長(左)と柿木原氏(右)

 

Silver_Pencil.jpg

 

関連サイト:The One Club  http://www.oneclub.org/
受賞作品紹介 http://www.oneclub.org/#olb=/_ajax/archive/?action=arc_work%26value=12842
ネット環境によって、閲覧できない場合がございます。

 

(C.O)

 

国芳展 ギャラリートークを開催しました。

2011/07/10

お暑うございます
国芳展、はじまりました!


初日、朝晩とギャラリートークをしたのですが、あまりに国芳の作品が面白く、あれも紹介したい、これも見てもらいたい、と思ってしゃべっていたら、一時間以上もしゃべってしまいました。

お付き合いいただいたお客様、ありがとうございました。

 

 


国芳展 ギャラリートーク.JPG

 

 

 

しゃべりすぎ?といいますか、ギャラリートークが長引いた原因は、そもそも展示作品が約210点、というボリュームたっぷりの展覧会であるから、なのです。

しかも、今摺ったかのような、美しい色彩の作品ばかりが並んでいます。
質、量とも見所満載!

前期・後期で、総入れ替えしますので、展示総数はなんと421点!そのうち、初公開73点 、
新発見17点です!

関連事業も満載
今日は、アダチ伝統木版画技術保存財団の方々による、浮世絵摺りの実演、子ども摺り体験がありますよ!
暑い夏、涼しい静岡市美術館で、国芳の魅力をお楽しみください!

 

(e.y)

"しずび"に"チビッこ"集まる!

2011/07/09

「没後150年 歌川国芳展」、本日無事、オープンいたしました!

初日より、たくさんのお客様にご来館頂いており、大盛況です!!

展覧会については、また、展覧会担当よりたっぷりとご紹介させて頂きますね!!!

 


さて!去る「ハンス・コパー展」の最終日6月26日(日)、"しずび"にたくさんの"チビッこ"たちが集まりました。

題して『しずびチビッこプログラム』。

これは、2歳~未就学児を対象とした90分間のアートプログラムです。併せて、保護者の皆さまには、展覧会を鑑賞して頂くというものです。

当日は午前・午後と2回実施。合計22人の子ども達が参加してくれました。

会場は当館ワークショップ室。
すっかりチビッこ仕様で、何だか楽しい雰囲気^^!
『ニョロ』さんが子ども達をお出迎えします!

 


DSC_0009.JPGのサムネール画像 

 

お父さん、お母さんと離れるのがちょっぴり寂しい子ども達も、『ニョロ』さんのお陰ですっかり笑顔。

ファスナーでつながる『ニョロ』さんをみんなで完成させて、気持ちもほぐれたところで、いよいよアートプログラムに入ります。

 


DSC_0020.JPGのサムネール画像 


プログラムは開催中のコパー展に関連した「粘土遊び」を行います。
まずは、かるーい紙粘土をつかって、カタチ遊び!
いろんな型でくり抜いて、いろんな道具を使って、メダルやブローチ、動物をつくります。

 

 

DSC_0062.JPGのサムネール画像 


好きな水彩絵の具を選んで、粘土に練り込んで・・・

 


DSC_0109.JPGのサムネール画像 


色が変わった-!!と大はしゃぎ。

 

 

 

とっても真剣な表情^^

 

DSC_0104.JPGのサムネール画像 

 

元気いっぱい^^


DSC_0061.JPGのサムネール画像 

 


紙粘土あそびはいったん終了。次はいよいよ展覧会に踏み込んだ内容に入ります。
「合接」の手法で数々の陶芸作品を制作したコパー。それを感じてもらうためのパズル遊びです。

あっという間にパズルを完成させた子ども達に聞きます。
「何にみえるかな?」
「おちゃわん!」
「こうすいのびん!」

 


DSC_0137.JPG 

 

実は、担当はどうなるかな~とドキドキしていたのですが、一見すると何なのか分かりづらいコパーの作品を、"陶芸作品"で、何かを入れる"容器"であることがわかるんですね。
小さい子ども達も、ちゃんと鑑賞ができる!と実感できたうれしい瞬間でした。

 

合わせてルーシー・リーのボタンカードを見せ、すきな形をひとつ、えらぶあそびも行いました。
「ぎょうざみたいなかたち!」なんて意見もありましたよ♪

そして、いよいよメインのお父さん、お母さんへのプレゼントづくり。
オーブン粘土をつかって、ブローチやボタンなどをつくります。
 
 
先ほどの型抜きや道具をつかって、いろいろな形が出来上がりました。

 

DSC_0118.JPG 

 

最後まで、楽しく、集中して充実した90分を過ごした子ども達。
『ニョロ』さんともすっかり仲良し。みんなの人気者になりました。

 


DSC_0125.JPG 


この「しずびチビッこプログラム」は、今後も、展覧会毎に1日、実施する予定です。
次回は「没後150年 歌川国芳展」会期中、7/17日(日)に実施します!

 

(s.m)

山本耕史さんの音声ガイドが聞けます!

2011/07/06

 

いよいよ夏本番になってきましたね。
静岡は一時的に全国一の暑さを記録しました...。
今年は節電の夏になりますが、皆さま無理して体調を崩されないよう十分ご注意ください。

 

さて、当館では7月9日より「没後150年 歌川国芳展」を開催します。
日本の夏らしい、大規模な浮世絵の展覧会です。

 

みなさん、展覧会をご覧になる際に受付付近で「音声ガイド」の貸出しを行っている事があるのはご存知でしょうか?
展覧会をより深く知るために音声で作品解説を行うもので、耳で聞く事で内容が頭に入りやすく、解説文のように作品と文章をいちいち見比べる必要もないため、展覧会鑑賞に非常に役立つ便利なアイテムです。

 

 

山本さん WEB用.JPG

実はなんと、今回の「没後150年 歌川国芳展」の音声ガイドは、俳優の山本耕史さんがナビゲーターを担当して下さっています!!

 

しかも、山本さんが国芳の弟子であった「芳宗」に扮し、江戸っ子特有のべらんめぇ口調で作品を解説してくれるスペシャルトラックもあります。

 

さらに、作品だけでなく弟子の立場から見た国芳についてや、江戸の風俗についてなど、作品解説だけでなく内容も充実した面白いガイドになっていますので、ファンの方もそうでない方にもお楽しみ頂ける内容になっていると思います。
ご来館の際にはぜひ、合わせてご利用してみて下さい。

 

 


※音声ガイドは有料(500円)です。展覧会チケットをお求めの上、展示室前にてレンタルをお願いします。

 

(k.s)

静岡市美術館 夏のイベント情報!!

2011/07/01

6月15日にスタートした、没後150年 歌川国芳展関連イベント「みんなで巨大鯨を描こう!」
カラフルなマスキングテープを貼り付けて、みんなで巨大鯨を完成させようというものです。

 

写真は7月1日の様子...ご来館いただいた皆さんのおかげで、ここまで進みました!

 

0910(小).JPG

 

 

IMG_0914(小).JPG

 

 いつでも・誰でも国芳とあそぼう!
当館の多目的室で実施しています。ぜひ、ご参加ください。

 

 

そして!国芳展の会期中には、その他にも様々なイベントを開催します。

 

「浮世絵摺りの実演と子ども摺り体験!」

日時:7月10日(日) 

【午前の部】11:00~12:00 どなたでも(参加料無料、申込不要)

【午後の部】14:00~16:00 小学生以上30名(参加料200円、要申込。見学自由)

 

ワークショップ「国芳とあそぼう!」① 「浮世絵で飛び出すカードを作ろう」

日時:7月16日(土) 

【子ども編】10:00~12:00 中学生以下20名

【大 人 編】13:00~16:00 高校生以上20名

参加料:各回とも500円(材料費含む)

 

ワークショップ「国芳とあそぼう!」② 「江戸の影絵あそびとうちわつくり」

日時:7月18日(月・祝) 

【午前の部】10:00~12:00

【午後の部】13:30~15:3

各回とも中学生以下20名

参加料:各回とも500円(材料費含む)

 

まだ若干定員に余裕がございますので、皆さまぜひお申込みください。
問合せ・申込みは、お電話で静岡市美術館までどうぞ♪(先着順)
詳細は、各イベント情報をご覧ください。

 

 

さらに!「歌川国芳」日曜美術館で再放送が決定しました。
・7月10日(日)朝9時~
・7月17日(日)夜8時~
の2回です。
歌川国芳の作品がたくさん紹介されるのはもちろん、国芳の生き方や魅力がたっぷり詰まっております。
前回見逃してしまった...という方、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

 

(c.o)

 

ミュージアム カフェ トークのお知らせ

2011/07/01

暑い日が続きます...みなさま体調はいかがでしょうか?
静岡市美術館では、「ハンス・コパー展‐20世紀陶芸の革新」が無事に終了し、
7月9日から始まる「没後150年 歌川国芳展」にむけて作業を行っています。

 

さて、静岡市美術館の多目的室を会場に開催する「ミュージアム カフェ トーク」のお知らせです。
JR静岡駅に隣接する静岡音楽館AOI、静岡科学館る・く・る、静岡市美術館の3館が、
音楽・科学・美術の境界を超え、総合的な文化空間を創造する「ミュージアム カフェ トーク」
各館のスタッフがコーディネーターとしてゲストスピーカーと市民をつなぎます。

 

【第1回】「メディアアート:技術を生かして芸術を作り出す」
ゲスト:的場ひろし(静岡文化芸術大学 教授)
日時:7月3日(日)15:00~16:30
定員:30名

 

【第2回】「国芳の魅力に迫る!」
ゲスト:岩切友里子(浮世絵研究家、没後150年歌川国芳展監修者)
日時:7月31日(日)15:00~16:30
定員:70名

 

【第3回】「新しい音楽の創造とエレクトロニクス」
ゲスト:野平一郎(作曲家、ピアニスト、静岡音楽館AOI芸術監督)
日時:8月28日(日)15:00~16:30
定員:30名

 

各回とも、直接会場へどうぞ(14:30から受付・先着順)
参加費無料です(ドリンクはミュージアムカフェで購入できます)
詳しくは、チラシをご覧ください。

 

ミュージアムカフェトーク.pdf

 

(c.o)