'誠'の力

2011/01/29

家康と慶喜展、昨日入館者数が三万人を超えました。
毎日沢山のお客様のご来館本当にありがとうございます。

最後の二週間限定でただ今展示中の、徳川将軍家に伝来した茶道具の名品中の名品、
「肩衝茶入 銘初花」はやはりお客様たちの注目の的です!

恥ずかしながら展覧会担当者は正直なところ茶道の心得がなく、、、
ではありますが、やっぱりこの作品は何かが違う。

ふくよかで、堂々としていて、、、
喩えが適切かどうか甚だ不安ですが、ある種、彫刻のように'存在感'がある
まわりの空間を支配する力のある
造形的にもすぐれた姿をしているような気がしています。

「義元左文字」同様、信長、秀吉、家康といった天下をとる者、狙う者が求めたと
いうことが、わかるような気がします。

ところで、既にブログにもあがっていますが、お正月3日の書初め大会は、小中学生編を実施しました。

2日の日のお手本は展示されている「和楽且湛」でしたが、3日の小中学生編では、慶喜の書に挑戦しました。

 

小学生用に私達が用意したお手本は、展示はされていませんが、慶喜七歳の書「楽山」
中学生用は絹本の大幅「誠」です。

書き初め大会を監修して下さる松本先生に、書き初めのお話をしてもらって
慶喜七歳の書「楽山」、「楽しい山」「山を楽しむ」??って何だ?という話をして、いよいよ展示室へ

 

楽山の意味はなんだろう?.JPGのサムネール画像「誠」の前で作品と向かい合う子供たち


 

展示室にて.JPGすご~い、大きい~、慶喜上手い!
慶喜はどんな気持ちで、どんなふうに、この大きな絹に「誠」を書いたんだろう、、、、
堂々とした、勢いある筆遣い、印を捺す位置も、これ以外にない!というほど、計算しつくされた、緊張感あふれる、まさに渾身の書!

この「誠」は、慶喜が将軍になってまもなく、徳信院に贈るために書いたもの
「誠」をもって実践する、という、慶喜の志が感じられます

皆の表情はだんだん真剣に!
多目的室にもどって、書き初めに挑戦!

 

書き方練習.JPG中学生のお手本だった「誠」ですが、慶喜の本当の「誠」を目の当たりにして、小学生の中からも、
「大きな半紙に、僕も、私も誠に挑戦したいです!」という、こどもたちが続出!

 

誠に挑戦.JPG

 

完成!.JPGできた作品は多目的室に!

「初花」も慶喜筆「誠」も、優れた作品は、時代を超えて、世代を超えて、私達の心を捉える、'誠'の力がある。
そしてそれが生まれるべくして生まれた訳がある。

作品の力、美術の力って、本当に凄い、と心から思います。
展覧会やワークショップを実施する喜びと幸いはまさにここにある、と、そんなことを考える今日この頃。

家康と慶喜展も、あと2日かと思うと、ちょっとさみしい気分です
30日も夜7時まで開館しています
皆様、お見逃しなきよう!
(E.Y.)