静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 家康と慶喜-徳川家と静岡展

家康と慶喜-徳川家と静岡展

2010/12/18

あわただしい年の瀬です

 

そんな中、

 

静岡市美術館では開館記念展〈Ⅱ〉として

 

家康と慶喜-徳川家と静岡 展が開幕しました

 

ちょうど一週間になります。

 

 

エントランス①.JPG 

 

この展覧会は、家康と慶喜という、江戸幕府の初代将軍と十五代将軍をとりあげた、静岡市美術館でなければ、企画しえない展覧会です!

 

巡回展ではありませんから、静岡市美術館でしかみられません。

 

実際、企画書をもって全国津々浦々、作品拝借のお願いにまわると、「近世初頭と幕末明治を同じ空間にならべるなんて、一体どういう展覧会になるんですかあ~」と、はっきり言われないまでも、顔に書いてあるご担当者様ばかりでした。

 

さてさて、どんな展覧会になっているか!これから随時お知らせしますが、今日は概略をご紹介します。

 

 

インフォメーション.JPG 

 

この展覧会は、家康については、駿府大御所時代に、慶喜については、静岡時代の30年に力を入れた展覧会です

 

なんといっても「徳川家と静岡」展ですから。

 

まず、第一章家康では、「金陀美具足」「義元左文字」など歴史ファン必見の武具の名品や、大御所時代の所用品である「洋時計」「目器」、様々に表現された家康の肖像画など、国指定の重要文化財も多数展示されます。

 

第二章慶喜では、将軍になった時の決意を書いた大幅「誠」が久々に展示されます。書を嗜む皆様、ぜひぜひご覧ください。

 

また、静岡時代を中心に慶喜撮影写真を集めました。初公開作品も多数!

 

慶喜が自ら描いた油彩画9点も一堂に展示されています。これまた、初の試みですし、初公開作品2点を含んでいます。

 

他に、静岡ならではの試みとしては、第二章第三節に「家達と静岡誕生」というコーナーを設けたことです。

 

ここに、新聞テレビその他で報道され、ご存知の方も多いかと思いますが、この度の展覧会企画中に発見された「駿河藩印」が特別出品されています!

 

そして、今日、皆様にぜひお知らせしたいのは、教科書でもおなじみの

 

「徳川家康三方ヶ原戦役画像」

 

が特別に展示されているということです!

 

明日19日まで、期間限定の展示です

 

お見逃しなきよう

 

(E.Y.)