閉幕まであと8日!

2010/11/21

開館記念展〈Ⅰ〉「ポーラ美術館コレクション展-印象派とエコール・ド・パリ」

いよいよ閉幕まであと8日となりました!

 

10月2日にグランドオープンをむかえてから、

あっという間にここまできてしまいました。

会期が終わりに近づくと、担当としてはちょっぴり悲しくなりますが...。

 

連日多くのお客様にお越し頂いておりますが、

実は昨日、三万人目のお客様をお迎えしました!

 

 

 

30000.JPG記念すべき三万人目のお客様は掛川市からお越しの桜井さん親子。

本展を楽しみに来て下さっていたようです。

当館館長と清水銀行の漆畑善文取締役より記念品の贈呈行いました。

美術館に行くのが好きだという桜井さんご家族。

これからも静岡市美術館に遊びにきてくださいね。ありがとうございました♪

 

 

guide.JPG 

印象派、エコール・ド・パリ...。モネ、ルノワール...。

言葉は聞いたことあるけど、よくわからない...。

と躊躇していたお客様も心配なさらず来てみてください!

今回は「展覧会ガイド」という小冊子を会場内でお配りしています。

 

 

 

guide2.JPG

 

 

 

guide3.JPGこの展覧会ガイド、最初は小・中学生向けに作ったものなのですが、

大人の方にもわかりやすいと好評です。

作品の魅力、展覧会の概要をぎゅぎゅっとまとめてありますので、

是非こちらをご覧になりながら会場を回ってみてくださいね。 

 

 

ポーラ美術館コレクション展はのこり8日間です!

明日22日(月)も臨時開館しております。

是非お越しください!

 

 

(a.i)

 

ポーラ展 イベント報告

2010/11/20

本日11月20日をもって、ポーラ美術館コレクション展の

会期中関連イベントがすべて終了しました!

 

今日は前回のブログでもお伝えした

「親子で楽しむギャラリートーク」の2回目でした。

 今日も60名ほどの親子の方にご参加いただきました。

(鑑賞マスター認定証は今日も人気でした♪)

 

遅くなってしまいましたが、その他のイベントの様子も少しですがご報告を。

 

 

 

koenkai.JPG

 

11月6日(土)には「清水銀行プレゼンツ 特別講演会 コレクター鈴木常司とポーラ美術館」

が行われました。

 

ポーラ美術館の荒屋鋪館長にご講演いただいたのですが、

こちらの講演会、事前申込殺到の人気のイベントでした!

(抽選に外れてしまった方、申し訳ありません...。)

 

静岡会場の特別出品作品であるレオナール・フジタの《誕生日》。

実はこの作品、ポーラ美術館のコレクションを築いた2代目オーナー鈴木常司さんが

最初に購入した、記念すべき作品なのです。

しかもその購入場所が、静岡市内の田中屋デパート(現伊勢丹、葵タワーからもすぐです)。

静岡市ともとってもゆかり深い作品なのです。

 

この藤田の作品からはじまったポーラ美術館の作品群に共通するものや、

鈴木常司さんのコレクターとしての人生をわかりやすく丁寧にご講演いただきました。

こちらの講演会の内容は11月21日の静岡新聞朝刊に掲載予定です。

 

 

 

talk.JPG

 

10月9日、11月13日には「美術館で夕暮れトーク&カフェ」 が行われました。

こちらはいわゆるギャラリートークなのですが、

ご参加の方に美術館のカフェで使用できる割引券をお配りしました。

 

実は印象派の画家たちにとっても「カフェ」というのは重要なキーワード。

画家たちは連日カフェに集まって、お互いの芸術観を語りあっていたそうです。

そんな話をしながら展示室をまわったのですが、

2回とも好評で、予想以上の方にご参加いただきました!

 

 

 

talk2.JPG

↑こんなに沢山の方が! 

 

静岡市美術館の最初の展覧会ということで不安もあったのですが、

どのイベントも沢山の方にお集まりいただき、本当にうれしかったです。

ありがとうございました!

 

(番外編)

実はその他にも...。

"イベント"ではないのですが、展覧会会期中には色々な教育普及活動をしていました。

 

その代表的なものが「ミュージアム教室」。

開館前の朝の時間にご来館頂いた学校さん向けの

自由鑑賞を含めて一時間ほどのギャラリートークです。

 

開館時間中にお越し頂いた学校向けには、

簡単な美術館でのルールや展覧会を楽しむポイントを最初にお話しています。

どの生徒さんも作品とじっくり向き合っていたのが印象的でした。

 

この学校むけの解説は、幼・保・小・中学校だけでなく、

高校の部活動や大学生も利用していただいてます。

大学生むけにはもう少し踏み込んだ内容もお話したりしました。

毎回、多くの子どもたちに出会え、作品に対する色々な感想が聞けて

私自身とても楽しかったです♪

 

 

 

m-1.JPG

↑大学生むけのレクチャー 

 

この教育普及活動は、今後の展覧会も継続していきますので、

もしご興味ある先生方いらっしゃいましたら、ぜひ美術館までお問い合わせください!

 

 

(a.i)

 

 

ピーター・バラカンの「音を見る。アートを聴く。」 第2回目「脳が感動するとき」

2010/11/18

14日、静岡市美術館多目的室にて、
連続トークイベント ピーター・バラカンの「音を見る。アートを聴く。」
の第2回目「脳が感動するとき」を開催しました。

本イベントは、ブロードキャスターとして活躍中のピーター・バラカンさんを案内役に迎え、
毎回さまざまなジャンルを交叉させながら、人が「アートする」という行為について考える、
連続トークイベントです。

ちなみに、第1回目は8月8日に開催しました。
最初に、そのときのお話を少し...。


第1回目のテーマは「音楽が生まれるとき」。
コンゴ出身のミュージシャン「スタッフ・ベンダ・ビリリ」の資料映像を交えながら、
全ての音楽のルーツとも言うべき、アフリカ音楽の力強さやその魅力を
ピーターさんにご紹介いただきました。

 

0808-1.jpg

 

スタッフベンダビリリは、小児麻痺で下半身不随となったミュージシャンにより
結成されたバンドです。
しかも、本物のストリートミュージシャン...つまり、路上で生活しているんです。
楽器(※)や、自分たちの乗っている車いすは手作り。
※メンバー・ロジェの使う「サトゥンゲ」と言う一弦楽器。
拾った空き缶とギターの弦で作られいるんです!


しかし、そんな逆境にもめげることなく、前向きに、ひた向きに、
ただ音楽の力の信じて演奏しつづけてきた彼ら。
彼らの生き様はドキュメンタリー映画となり、
今年のカンヌ映画祭に出品、監督週間のオープニングでも大絶賛されました。

只今、静岡サールナートにて上映中です。(~26日まで)

 

力強い、心を躍らせるリズムや音に、
いつの間にかピーターさんも参加者の皆さんも、
身体でリズムを刻んでいました。...もちろん、私も!


 

さてさて、そんな第1回目に続き、
静岡県藤枝市出身の脳研究者・池谷裕二(いけがや ゆうじ)さんをゲストにお招きし、
「脳が感動するとき」をテーマに第2回目を開催しました。

 

1114_1.jpg 

 

私たちは日々、音楽を聴いたり、絵や映画を観たり、
美しい景色を前にして感動します。
衣食住のように直接、生命の維持に繋がるわけ訳ではないにも関わらず、
有史以来ずっと続けられてきたこの行為。
きっと私たち人間が生き延びるために、必要な行為なのでは。。。

 

そんな思いから、アートと脳科学、その双方の関わりについて、
ピーターさんと池谷さんにお話いただきました。

 

全く分野の違うお二人の対談でしたが、
ピーターさんの音楽に対するこだわりと、池谷さんの分析的な見方や考え方が重なり、
会場からは終始「ほぉ~!」「えぇ~!」と、驚きの声が挙がっていました。

 

ピーターさんには、「人間の好ましい思う音の要素を全て集めた曲」と、
逆に「不快に思う音の要素を全て集めた曲」や、
ピアノのアタック音をとった音(大半の方は、ピアノの音には聴こえないのです!)など、
興味深い資料をご紹介いただきました。


池谷さんには、 人が好ましいと思うフォルム
...大抵それがデフォルメされているというお話や、
ネズミの長方形性...長方形の積み木を選ぶとえさを与えるように教えると、
その長方形より、もっと細長い長方形を好むようになる!
などなど。

他にも面白い資料をたくさんご紹介いただきました。


1114_2.jpg 


興味深かった話題は
・西洋音階だと12音しかないのに、いまだに誰も聴いたことのないメロディが生まれ続けている。

・(アートはなぜ存在するの?)人間にとって身体を動かすことは快感だけれど、
もともとは何か別の理由があったのではないか。そこから快感のみを抽出したものが、
音楽であり、スポーツであり、芸術である。

・どんな文化でも、宗教と芸術を生み出している。それには必ず何か理由があるはず。
人は極限の環境でも、クリエイティブな活動をしたがる。

 

また、音痴の約7割が遺伝であり、且つ、音痴の人は空間認識能力が低いという話。
音も脳の中で立体処理しているのだそう!

 

お二人のお話の後には、会場の方からの質問タイム。
こちらも大変盛り上がりました!

その後はサイン会。
当日、当館ミュージアムショップには、お二人の著書コーナーが登場しました。
(現在もショップにて、お二人の著書をお買い求めいただけます!)


1114_3.jpg 

ピーター・バラカンの「音を見る。アートを聴く。」
第3回目は、詳細が決まり次第、当館HPなどで告知いたします。


次回もどうぞお楽しみに!

 

(m.y)

コンサートのお知らせ

2010/11/07

「ポーラ美術館コレクション展-印象派とエコール・ド・パリ」

にあわせて、市内の色々な施設が協力してくださっています。

 

 

 

AOI.jpg

 

11月11日19時からは、静岡音楽館AOIにて

「印象派の音楽とその発展~うたとピアノによるフランス音楽の60年~」

というコンサートが開催されます♪

 

ソプラノ歌手の浜田理恵さんとAOIの芸術監督でいらっしゃる野平一郎さんが出演されます。

印象派からエコール・ド・パリの画家たちが活躍した時代を

音楽でたのしむことができます。

 

AOIは静岡市美術館の目の前ですので、

コンサートの前に当館で作品を鑑賞すれば

よりフランスの雰囲気に浸れるのではないでしょうか♪

 

詳しい情報は→http://www.aoi.shizuoka-city.or.jp/1a_series.html

 

当館の窓口でもチケットを販売していますのでお気軽にどうぞ!

 

 

(a.i)