静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 今後のイベントについて

今後のイベントについて

2010/06/22

こんにちは。広報担当のAです。

今後の美術館の予定について、お知らせします。どのイベントも要チェックです!

 

まずは7月10日(土)、開館記念展〈Ⅰ〉「ポーラ美術館コレクション展‐印象派とエコール・ド・パリ」展プレイベント

 

レクチャー「光学調査で印象派絵画を読み解く」

 

ポーラ美術館から学芸員の方を招き、X線画像、赤外線画像を用いる光学的な調査手法を通して、ルノワールを始めとする印象派やセザンヌ、ゴッホなどの絵画技法を解き明かし、画家の制作意図と描画のプロセスを読み解きます。

 

日時:7月10日(土) 13:30~15:00 (開場は13:00) 

会場:多目的室

講師:内呂博之(財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館学芸員)

入場料:無料(当日そのまま会場へ)

定員:120人

 

 

 

続いて、7月23日(金)19:00~21:00より、

高木正勝ドキュメンタリーフィルム 「或る音楽」 上映会&トーク

 

film_1.jpg

film_5.jpg 

世界各地を旅し撮影した素材をもとに、コンピュータを絵筆として映像作品を描くアーティスト・高木正勝。2009年のNEWSWEEK誌の特集「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた高木さんが、2008年秋より挑んだ音楽プロジェクト「Tai Rei Tei Rio(タイ・レイ・タイ・リオ)」を追ったドキュメンタリーフィルムの上映会です。

23日(金)はご本人が来館!

映画上映ののちトークイベントを行います(要予約)。

また、24日(土)、25日(日)は、「或る音楽」と近年の作品「Homicevalo」「NIHITI」を合わせて上映します(予約不要)。

 

 

日時:7月23日(金) 19:00~21:00  「或る音楽」上映+高木正勝トークイベント(要予約)

    7月24日(土) 16:00~17:30   「或る音楽」上映+「Homicevalo」「NIHITI」上映(予約不要)

    7月25日(日) 16:00~17:30   「或る音楽」上映+「Homicevalo」「NIHITI」上映(予約不要)  

会場:多目的室 

入場料:500円(全日程同額)

定員:100人 

23日申込方法:お電話またはHP申込フォーム(7月1日開通予定)にて。

       7月1日(木)10時より受付開始。先着順。

 

 

 

そして8月8日(日)は「ピーター・バラカンの音を見る。アートを聴く。」

第1回目「音楽が生まれるとき-スタッフ・ベンダ・ビリリとともに」

 

peter_barakan.jpgテレビやラジオでブロードキャスターとして活躍中のピーター・バラカン氏を案内役にお迎えし、美術と音楽の根底にある、人が「アートする」という行為はどのようなものか?という、この素朴な問いを、あらためて考えてみようと思います。

3回シリーズのうちの第1回目は、アフリカ・コンゴで、身体に障害を抱えながら路上生活を送るストリートミュージシャン集団「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を取り上げます。

その二重三重の逆境から奏でられる音楽は、奇跡といってもいい、高揚感、情熱に満ちあふれています。

スタッフ・ベンダ・ビリリを通して、ピーター・バラカン氏がアフリカ音楽の力強さの背景を語ります。

 

bilili_1小.jpg                                                      スタッフ・ベンダ・ビリリ

                              (全員が乗ってるコレ、バイクじゃないですよ。車イスです。)

 

日時:8月8日(日) 14:00~15:30 

会場:多目的室

入場料:無料

定員:100人

お申込み:お電話またはHP申込フォーム(7月1日開通予定)にて。

      7月1日(木)10時より受付開始。申込多数の場合抽選。

 

 

 

・・・・たくさん書いてしまいました。

いま紹介したもの以外にも、今後様々な催し物を行います。

詳しくは後日HPに記載しますので、ぜひご期待下さい!

 

(R.A)